« 大芋煮会 | トップページ | 桐生明治館 »

2006年11月15日 (水)

一軒一灯運動

群馬県に引っ越してきて、まず、町のことを知るためには、
やっぱり、市役所だよね!
と、近辺の市役所をハシゴして、観光パンフレットから、
イベントのチラシ、あれやこれや集めまくりました。

その中の一つに、
「一軒一灯運動」
のチラシがありました。

各家庭で、玄関灯や門灯を一晩中点灯させ、
町全体を明るくして、犯罪を防ごう、というものです。
http://www.pref.gunma.jp/kenmin/tou/topics/ikken.html

あー、それでかぁ~、と納得。
引っ越してきて、ご近所さんを見ると、
皆さん、玄関灯など点けている。
私の実家は、いつも玄関灯は点けていなかった。
お客さんが来たら、点けるって感じ。
生夫の実家に至っては、過疎の村なので、
「玄関灯をつけて町全体を明るくしましょう」って言葉がありえない。
ということで、二人で、
「この辺の人は、みんな玄関の明かりを点けるんだね~。」
「じゃ、うちも点けるか~。」
と、切れていた電球を(最初から切れてるって、どうかと思うんだけど…)
取り替えて、電球を点けることにしたのでした。

ただ…
チラシには、「20W」の電球を…って書いてあるけど、
うちの電球、「7W」~。
てるてる坊主みたいにくるんとしていて、小さいかわいいのです。
頼りないけど、点けてないよりはいいよね。

そうそう、この一軒一灯運動参加の家って、シールまでできたんだって。
061115
新聞より。
うちももらわなくちゃ~。7Wだけどッ。

|

« 大芋煮会 | トップページ | 桐生明治館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168601/4194780

この記事へのトラックバック一覧です: 一軒一灯運動:

« 大芋煮会 | トップページ | 桐生明治館 »