« あしかがフラワーパーク | トップページ | 群馬県立館林美術館 »

2006年12月23日 (土)

白鳥を見に行く

館林市と、邑楽郡邑楽町にまたがっている多々良沼というところに、
白鳥が飛来している、という新聞記事を見て、
「ここ、行きたい!」
と、これまた私の行きたい宣言で、行ってきました。

実家にいた頃、近くの池に、渡り鳥を見に行くのが好きでした。
でも、私の実家は温暖な気候の土地なので、
白鳥なんて来ません。
白鳥の飛来地が近くにあるなんて、感動なわけです。

多々良沼ってのは、とても大きい沼です。
白鳥の観察場となっているのが、「ガバ沼」って名前の付いているところ。
そこに行ってみると、鳥たちのことを考えて、
ある一定の距離からは中に入れないようになっていました。
白鳥も、思ったより数がいない。
もっと近くで見たいなあ、なんて思っていたら、
突然、カメラを持っていたおじさんが話しかけてくれました。
「10時と3時にエサを撒くから、その時にはこっちに来るよ。」
などなど、いろいろ教えてもらいました。フレンドリーに。
061223
ちょうど、二羽飛んだので撮った写真。
撮ってるときは、どこに何がいるのかさっぱりわからず、
適当にシャッターを押したけど、写っていてよかった~。

で、広い沼なので、私たちは移動することに…。
公園になっている方に行ってみると、ポツポツだけど、白鳥がいます。
歩いていると、また別のおじさんが、
「待っててもなかなか飛んでくれない。」
と、私たちに話しかけてくれました。
白鳥にも、種類があって、コハクチョウが一番多いけど、
珍しく、アメリカコハクチョウってのが二羽混じっていて、
くちばしの黒い部分で見分けるんだって。
そうこうしているうちに、望遠鏡を持ったおじさんも話しに加わり、
30万円もする、すばらしい望遠鏡で、鳥を観察させてもらいました。
白鳥のほかにも、いろんな鳥が来ていて、
みんなスイスイ泳いでいて、かわいかった~!!!
すごく遠くの木に、オオタカがとまっていて、それも見せてもらった。
こういうのは、観察に来ている人じゃないとわからないこと。
教えてもらえて、ラッキーだった。
白鳥が見られたのも嬉しかったけど、
またまたフレンドリーな皆さんとお話しできて、それも嬉しかった。

白鳥って、私が見たことあるのは、
動物園だったり、皇居のお堀だったりにいる「コブハクチョウ」。
白鳥は白鳥でも、全然違うことがわかりました。
0612231

1月28日には、第4回白鳥まつりってのが開催されるそう。
その頃には、数がもっと増えるんじゃないかなぁ。
たくさん集まっている白鳥、もう一度見に行ってみたいな。
でも、その頃って、寒いんだろうな…。

|

« あしかがフラワーパーク | トップページ | 群馬県立館林美術館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168601/4694238

この記事へのトラックバック一覧です: 白鳥を見に行く:

« あしかがフラワーパーク | トップページ | 群馬県立館林美術館 »