« ぐんま昆虫の森 | トップページ | ソースかつ丼 »

2007年2月28日 (水)

伊香保温泉、再び

先週末に、私の友人がはるばる群馬まで遊びに来てくれました。
いろんなところに遊びに行ってきました!
調査済みのところでは、伊香保温泉!
日帰りで行ってきました。伊香保に日帰りで行けるなんて、幸せだなぁ~。

お昼に、水沢うどんを食べて、水沢観音をお参りして、
そして、伊香保温泉へ…。
一度行っているから、スムーズでした!
私の運転で、しかもノーマルタイヤなので、
雪があったら引き返すしかない!と思っていましたが、
雪…全く積もっていませんでした。
道の隅にもありませんでした。ホント暖かいんですね。
ちょっとだけ白いものが舞ったりはしたけど…。
あれが、風花なのかな~。

今回食べた水沢うどんは、「大澤屋」さん。
K070228
カゴに盛られているのが雰囲気いい~♪
大きな舞茸の天ぷらが二つもついて、お腹一杯でした。
大澤屋さんは、すごく大きなお店なのに、
お客さんが玄関で待っている!広い駐車場も満車に近い。すごいね。

水沢観音もにぎやかでした。
K0702281
この建物は、六角堂といいます。
中が回転するようになっていて、そこにお地蔵様がいます。
私達は、それを3回回転させるのです…。
ってわかりにくい説明だよね~。
詳しくは、HP↓で!
http://www.mizusawakannon.or.jp/home.htm

さあ、そして、伊香保温泉です!
前に行ったときに、伊香保温泉の源泉湧出口には行きました。
そのすぐ横に、湧き出たばかりの温泉に入れる、
伊香保温泉露天風呂があるんですが、
前回は泊まりだったので、旅館のお風呂でいっか、というのと、
混浴だったらちょっとな~と思って入りませんでした。
帰ってから調べてみたら、男女別のお風呂で、
茶色のお湯で…源泉かけ流しで…。

ああ~、入ればよかったぁぁぁ~(´□`)

と、すごくすごく後悔したので、今回はしっかり入ってきました!
K0702283
こんな感じ。大人は400円。
脱衣所は、屋根はついているけど窓は無いので、
外気温の中で、服を脱ぐ。寒い~~~~~(≧д≦)

もうすでに、何人もの女性が入っていましたが、
ここの温泉、

若い子率が高い!!!
私が若いかは別にして…。

皆さん、体が細い!!!
私が細いかは別にして…。

お湯は、ぬるめのお湯熱めのお湯がある。
最初は、慣らしでぬるめのお湯に入ります。
茶色に濁ったお湯は、においをかいでみると鉄臭い

外が寒いので、頭はひんやり、体はぽかぽか。
本当に気持ちがよかったです。
ぬるめのお湯に慣れてきたので、熱めのお湯に移動すると…。
これまた気持ちいい~!
キャッキャと話す若い娘を横に、私達も、アレコレ話す。

と!突然きました。

じんわり~。

体の中が熱くなったのがわかりました。
私、温泉やお風呂が大好きで、今までいろんな所に行ったけど、
この「じんわり体験」は、初めてかも。
鉄分の関係なのかなぁ~?

この温泉は、石鹸もない、本当に浸かるだけの温泉だけど、
相当いいです。
これからは、伊香保に来たら、ココ、欠かせないな!
いや、欠かしちゃダメだな!!!

|

« ぐんま昆虫の森 | トップページ | ソースかつ丼 »

コメント

このコース、体験したいです!春になったら絶対行くぞー

投稿: LULU | 2007年3月 1日 (木) 22時22分

来る?来る?来ちゃう~~~???
春なら、雪の心配ないから、赤城山にも行けるよね~!

投稿: 桐子→LULUちゃん | 2007年3月 2日 (金) 15時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168601/5522819

この記事へのトラックバック一覧です: 伊香保温泉、再び:

» 温泉:伊香保の旅館をご紹介!吉田屋旅館 [温泉:伊香保温泉の旅館を紹介します]
◆吉田屋旅館は、こんな旅館です! 老舗の宿。家庭的な天然温泉100%の手作りの料... [続きを読む]

受信: 2007年3月14日 (水) 17時02分

« ぐんま昆虫の森 | トップページ | ソースかつ丼 »