« 近代こけしコンクール | トップページ | 伊香保温泉、再び »

2007年2月27日 (火)

ぐんま昆虫の森

桐生市の新里というところにある、
ぐんま昆虫の森に行ってきました。
http://www.giw.pref.gunma.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000000

ちょうど、みんなで園内を周るイベントみたいのがあり、
知り合いが誘ってくれました。
「行きたいと思ってたんですよ~!!!」
と、即、参加表明!

元々、この土地は新里地区の皆さんが、
薪を取ったり、炭を焼いたりする場所だったそうです。
が、時代の流れでそういった燃料は使わなくなりました。
その土地に作られた「昆虫の森」は、
50年前の里山の環境を目指しているそうです。
敷地は、とっても広い!
070227
今回は、左の方の一部だけ周りました。
園内に入ってみると、丈のある枯れ草がたくさん。
普通の公園なら、草刈しちゃうんだろうけど、ここは昆虫の森。
夏になれば、そういう草の中にバッタが暮らすわけです。
昆虫の森では、昆虫を持ち帰ってはダメですが、
捕まえて観察することはできます。
きっと、夏には子供達の元気な姿が見られるだろうな~。
今は静かな昆虫の森だけど、寒い中春を待ってる虫たちも。
0702271
この、プラプラぶら下がっている風船みたいの、
ガのさなぎだそうです。
風に揺れていました。

かやぶき屋根の民家もあります。
0702272
それから、大きな建物は、昆虫観察館です。
建築家の安藤忠雄の設計。
0702277
あんまりいい写真が撮れなかった…。
この中は、なんと西表島の自然が再現されています。
中に入ると、西表のチョウたちが何匹も舞っています!!!

温かい空気に、青々した葉っぱに、飛び交うチョウ…。
「楽園かッ!」
って感じでした。
しかも、西表のチョウは、キャベツ畑にいるのとは違う。
大きい!そして、色がきれい!見たことない!!!
0702276_1  0702274

0702275

こんなにチョウに囲まれたことが無いので、
ちょっと興奮気味な私でした。
観察館に入るところで、チョウの種類の書かれたカードがあるので、
それを持って入ると名前を確認できます。
…上の写真のチョウたちの名前も、確認したつもりだったけど、
どんな名前か忘れてしまいました。ダメジャン。

図書館もありました。
0702278
なんか、外国の映画に出てくる図書館みたい!
自然に関する本がいっぱいで、大人も子どもも楽しめると思う。

昆虫観察目的じゃなくて、散歩しにくるのも良さそう。
入園料は一般400円。大学・高校生は200円、中学生以下は無料!
年間パスポートもあるようです。
いやー、いい場所が近くにあるもんだ。
緑がいっぱいになったら、また行こうと思う。
その頃には、外にも虫たちがいっぱいかな~。

|

« 近代こけしコンクール | トップページ | 伊香保温泉、再び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168601/5512990

この記事へのトラックバック一覧です: ぐんま昆虫の森:

« 近代こけしコンクール | トップページ | 伊香保温泉、再び »