« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月29日 (日)

いせさきアーティストフェスタin路地裏

第一回いせさきアーティストフェスタin路地裏っていうイベントが、
昭和の日に行われるって知ったのは、いつだったかな。
かなり前だったと思う。
何で知ったか、忘れてしまうくらい…。
手作りで作品を作っているアーティスト達が、
路地裏に作品を並べている…なんていいですよね。
「4月29日は絶対ココに行こう!」と決めていて、
行ってきました。路地裏に♪

まず、びっくりしたのが、路地裏の狭さ!
K0704291
路地裏って、こういう感じのことか~。
思えば、車で生活するようになって、
こういう狭いところには行かなくなった。
というより、車じゃ、行けません~。

狭い中をチンドン屋さんも行きます。
K0704292
トンボ玉、ガラス工芸、木製の家具、
染物、陶器、イラスト、鉄…などなど。
線香花火もあった!
私は、羊毛をチクチクして、針山を作る体験をしたかったんだけど、
やりたい人が多くて、断念しました…。残念だった。

路地裏に、人が溢れてゆっくりのんびりしてるって、
なんか、いい風景でしたよ~。
K070429
↑このアーティストフェスタに間に合うように、
相棒を作ったのです。ハチベエと申します。

路地裏のお店で、もんじゃ焼きを食べました。
K0704293
45年お店をやってるそうです。
もんじゃは、280円。
お好み焼きは400円とかで、
なんか高校生に戻った気分でした。
学校帰りに、安く食べさせてくれるお店って感じ。

伊勢崎は、車で通り過ぎたことしかなかったので、
今回歩いて、いろいろ見て回りました。
明治館や、レンガ造りの鐘楼などなど。
私が、「のど渇いた~、午後の紅茶が飲みたい~。」
と、駄々っ子になりつつも、楽しい街巡りでした!!!

今年初めての路地裏のイベント、
来年もまたやってほしいな。
いや、来年と言わず、秋にも!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月28日 (土)

名前の謎

今まで、全く縁のなかった群馬に引っ越してきて、
最初は、お店の名前もちんぷんかんぷんでした。
スーパーひとつとっても、
聞いたことない名前ばかり!
このお店は何屋さんだろう?って思ったりしたもんです。
おかげさまで、ようやくわかってきました。


でも、まだ、びっくりすることもあるわけで…。


群馬に引っ越してきて、すぐに年末がやってきました。
生夫は忘年会に出席する日々。
ある日、私が会場まで送っていくことになりました。

「なんてお店でやるのー?どの辺にある?」

「うーん、なんて読むのかなぁ。
「みきじん」とかいう、
本町通りの角にある大きいお店。」


「美喜仁」と書くので、
「みきじん、みきじん」と、それからは呼んでいました。


が、しかしッ!


前フリからわかると思うけど、
このお店、「みきじん」じゃなかったんです。


なんと、なんと、



「ビキニ」



と読むんだそーで!!!
しかも、お寿司とか出るお店だそーで!!!
そして、創業50年だそーで!!!


まさか、「ビキニ」とは思わず、
本当に、目玉が落っこちるかと思うほど、
目が丸くなってしまいました。


桐生人にその話をしたら、


「そうだよ。ビキニだよ。」


当たり前のように言われてしまいました~~~!!!

美喜仁=ビキニ

水着のビキニを想像する私がいけないのでしょうか。
でも、どーしても想像しちゃいます。
とにかく、びっくりしました。

そんな感じで、
まだまだびっくりすることはありそうです。
ビキニを越えるびっくりがあるか?!
楽しみだ~!!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月27日 (金)

日光へドライブ

先週の水曜日、またまたネェネちゃんと、
ネェネちゃんのお友達と3人で、ドライブに行ってきました。
目的地は日光。中禅寺湖周辺。

私は、前日からネェネちゃんの家に泊まらせてもらいました。
「こんばんは~、お邪魔します~!」
すると、ネェネちゃんのお父さんの声が聞こえてきました。

「明日、日光は雪だぞ!」

「えぇぇぇ~?そんな準備してきてない~。」

実際、二月中旬の寒さになるとかで、
朝起きたときも寒かった!
ので、ネェネちゃんの冬用のコートを借りる。
ボアが、ぼあぼあぼあ~ってついている、
こりゃー、真冬用だねって感じのコート。
寒くなければ、着なくてもいいし、一応車に積んで行こうと。

日光までは、車で50キロくらいなのかなぁ。
走っていくうちに、
どんどん…

どんどん…

どんどん、白くなるぅ~。
K070427
嘘でしょーーーー!!!こんなに寒いとは…。


ってことで、ネェネちゃんに借りた、
ボアがぼあぼあぼあ~のコートをしっかり着て、
華厳の滝を見る。
K070426
華厳の滝は、ちょっと霞んでいたけど、
上まで一応見えました。
落差97メートルもあるんだって。
ちょっと、怖い…。
エレベーターで、下まで下っていくんだけど、
530円もするんだねー(;´д`)


あと、竜頭の滝にも行ったけど、ここもすばらしかった。
K0704274
滝の横に、ずーっと遊歩道がついていて、
間近で見ることができます。
でも、寒い…。

中禅寺二荒山神社にも行ったけど、
やっぱり寒い…。

後々、「あの時は寒かったねぇ~。」って
絶対笑い話になるドライブでした。


日光一刀彫の、「三分間流」と看板の出ているお店で、
キーホルダーに、名前を彫ってもらいました。
K0704271
このお父さんは、テレビにもバンバン出ているようです。
ひっかき刀っていう変わった刃物で、
ゴリゴリ彫っていきます。
下書きナシです。すばらし~。
K0704272 K0704273

早速、カギにつけましたッ!わっはっは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

花見だんご食べたい

花見だんごを食べたいと思っていました。
あの、3色の。
あんは入ってなくて、普通の、一番安そうな。
花見のシーズンにあちらこちらで見たんだけど、
出会っていない。

そんな私、
「だんご無料配布」
のイベントのお知らせを見つけました。

無料で配布って言ったら、一番安そうな、
三色だんごではないか?!と思い行ってきました~。
といっても、先週の日曜日のことなので、一週間前です。

群馬大学工学部 しだれ桜を観る会

群馬大学工学部は、市民に開かれた大学を目指しているようで、
クラシックカーが集合するイベントとか、いろいろやっています。
今回は、正門入ってすぐのところにある池の周りのしだれ桜、
これを見ようというお祭りが開かれました。
広報にもお花見スポットとして載っていたので、
桐生市内では有名みたいです。

K070422
すごくたくさんの人たちが来ていました。
で、あのテントでだんごを配っているのです。

わーい、わーい、だんごくださーーーい!

と近づいていくと…。
K0704221
あれ?

なんか、茶色いだんごばっかりだよ。

あれ?あれ?あれ????

みたらしと、あんが乗っただんごの二種類だよ。

ということで、三色だんごはありませんでした…。
太っ腹じゃないですか?びっくりしました。
あんだんごまであるとは…。

と、ここまで、だんごのことしか書いてない私。

しだれ桜、きれいでしたよ。

ピンクが、ソメイヨシノよりちょっと濃くて。
花はそんなに大きくないけど、かわいい。
枝が風に揺れたりして、いい風景でした。
K0704222
みんなのんびりお花見。

しだれ桜の由来っていう紙ももらいました。
大学構内には、しだれ桜だけでなく、
八重桜、ソメイヨシノなどたくさんの桜が植えられています。
この池の周りのしだれ桜や、図書館の周りの100本ほどの桜は、
群馬大学工学部の前身の桐生高等工業学校を卒業した、
元・花王の社長さんが寄贈してくれたんだそうです。
桜の苗木は、京都の「桜守」といわれる、
植藤造園15代目佐野藤右衛門氏に依頼して植えられたそうです。

それが、昭和52年。
30年近く前の話なんですね。
来年も、再来年も、その次の年も…また楽しませてくれるでしょう。
まただんごを食べに、行きたいと思います。
K0704223

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

夏木マリを探して

佐波郡玉村町にある、玉村町文化センター
http://www.tamamura-bunka.or.jp/
ホールがあったり、会議室を使えたり、
図書館や歴史資料館もあります。
外には、コミュニティエフエムのスタジオもあったよ~。

3月に、ある会合に出席するため、訪れました。
会合が終わって、チラシマニアの桐子はチラシコーナーへ。
あれこれもらっていく中に、

「夏木マリを探して」

女優の夏木マリの顔のアップのチラシ。
トークショーが、この、玉村町文化センターで行われる。
事務所に行ってみると、まだチケット販売中!
お値段は、2000円!財布にそのくらいなら入ってる!

ってことで、その場で買いッ!
席表を見て、自分でどこの席を買うか決めさせてくれました。

4月13日(金)に、行ってきましたよ~。
うちから、50分くらいで行けるのかなぁ。
でも、二回目だから、ちょっと余裕を持って…。
駐車場がいっぱいになって、停めるところを探すのは嫌だから、
ちょっと余裕を持って…。
と思っていたら、開場の一時間前に着いてしまった~。
夏木マリより先に現場入りしたんじゃない?私。

大ホールで行われたトークショー。
観客は、やっぱり、圧倒的に女性が多い。
男性は、つーーーーっと見回して、数えられるくらい。

で、イラストを描いてみたんだけど、
どうしても、夏木マリにならないッ!!!

ホント、ごめんなさいですが、洋服など雰囲気を伝えたいので、
載せてしまいます。
K070417_1
細身の黒のパンツスーツで、髪はきゅっとまとめて、
高~いヒールでカツカツと…。
あまりのカッコよさに、
「きゃーーーー!」って歓声が上がりました。

今回は、ステージに、スクリーンも設置されていて、
夏木マリが13年取り組んでいる、
「印象派」という、演劇、音楽、ダンスと
いろんな要素の詰まった舞台の映像や、
声をあてた、映画「千と千尋の神隠し」湯婆婆の映像など、
そういうものも取り混ぜてのトークショーでした。
生で湯婆婆の声をあててくれたんですよ~。

いろんな話を聞けましたが、
「夏木マリ、最近元気だね、何で?」
と聞かれると、
「好奇心かな。」
と答えているそうです。
やってみたいこと、やりたいことに挑戦する。
最初、うまく出来ないことも、
「やっていれば、どうにかなるもんですね!」
さらっとおっしゃってたけど、
もちろん、その裏に相当な努力があると思うんですが。
でも、自分も「あー、ダメだなぁ。」「私には無理かなぁ。」
「夏木マリの絵、描けないよ~。」

そんなこと思ってしまうことあるけど、
それより、まずは、前を向いて進むのだ!
って元気をもらった感じがしました。

チラシにも書いてあったけど、
2006年度「カッコいい」女性ランキング1位

でも、実際の夏木マリは、もちろんカッコもよかったけど、
ドラマや映画のクールでカッコいい姿ってより、
明るくて、元気で、おちゃめで、
かわいい女性って感じでした。

5月13日だったか16日だったかに、
avexからCDが出るそうです。
ブルーハーツの「リンダリンダ」のカバー。
このプロモーションビデオは、
夏木マリが初めて監督したんだって。

好奇心、好奇心!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

貫前神社

我がブログにコメントをくれる、ネェネちゃんが、

「貫前(ぬきさき)神社に行くけど、どぉ~?」

と声を掛けてくれたので、先日、連れて行ってもらいました。
http://www.nukisaki.or.jp/
前々から、ネェネちゃんに、
「すごくキレイな神社」と聞いていたので、ワクワク。
貫前神社は、富岡市にあります。
富岡市って、地図で見ると結構遠い気がする。
ので、今まで一度も行ったことがありません。
今回は高速を使ったので、一時間くらいで到着。
そうなんだ!結構近いんだね。

富岡市内は、ちょうど桜が見頃で、
車で走っていると、あちらにもこちらにも。

そして、ネェネちゃんが、
「ここを右に曲がるんだよ。」
と言って、右に曲がると、桜坂!
K0704142
その先に、赤い鳥居があるんです!
なんてキレイな景色なんでしょう~。

神社の駐車場に車を停めて、神社に向かう。
神社って、大抵、すごーい段数の多い階段があって、
登って登って、到着、ってのが多いよね。
それが、ここの神社は、こんな感じなんです↓
K070414
下に本殿があります。
周りを大きな木に囲まれていて、とても神聖な感じ。
まず、正面でお参りしたあと、
ネェネちゃんが横の道に連れて行ってくれました。
そこで、またビックリ!
すばらしくきれいな色で彩色されている~。
K0704141
これは、拝殿の写真ですが、日光東照宮を思わせるような…。
社殿は、江戸時代初期のもので、国の重要文化財なんだって。
神社自体は、1400年の歴史があるそうで…。
周りには、樹齢1000年や1200年なんて木もあり、
ずっと昔から、人々が拝んできた場所って、
不思議なパワーがあるような気がしました。

富岡市に、私が行ったとしても、
富岡製糸工場を見学して、帰っているかもしれません。
帰っているかも、じゃなくて、その可能性大!
ネェネちゃんは、この神社によく来ているそうだけど、
教えてもらえてよかった~、と思ったよ~。
ネェネちゃん、ありがとう~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月11日 (水)

佐藤忠良展

「赤ちゃん帽」というとてもかわいい絵が、
チラシに大きく掲載されていて、
これは見に行きたい!と思っていた、

佐藤忠良展~彫刻とスケッチ~
http://www.bunkamura.or.jp/satou_tyuuryou1.htm

を見に行ってきました。
場所は邑楽郡の大泉町文化むら

初めて行くので、地図を見ながら…。
安全策で大きな道を通るので、混んでいる。
思ったより時間がかかったけど、ようやく到着しました。
文化むら、すごい。屋根がでっかいのー。
形にびっくりしました。

佐藤忠良は、現在94歳で、現役!
日本人としては初めて、フランスの国立ロダン美術館で
個展を開いたという、彫刻家。
今回は、彫刻8点、スケッチ80点が見られました。
私が行った時は、お客は私一人。
貸切状態で見られました~。
K070411
私が絵を描くのを見ていた生夫が、
カバンのことを、「やかんだ、やかんだ!」と言うもんですから…

サラサラって描いて、こんなうまいんだろうなぁ…
やっぱ、いつも描いてるんだろうなぁ…
こんな枝がもじゃもじゃしてる木なんて、
描く前に諦めちゃうなぁ…
などなど、思いつつ見ました。

かわいい「赤ちゃん帽」という絵は、
とっても柔らかいアイボリーの帽子なんだけど、
これは、色が塗ってあるんじゃなくて、
元々の紙の色がアイボリー。
色を塗り残して描かれている!
チラシをパッと見ただけじゃわからなかった。
やっぱり、原画を見るのはいいなと思いました。

入場料 一般500円。
4月15日(日)まで。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日)

とちのみのレアチーズケーキ

私達が群馬に引っ越してきて、

半年が経ちました~~~!!!

いやー、あっという間でしたね。
引っ越してきた日には迷った道も、
今ではかなりわかってきました。
それでも、桐生の道はくねくねしていて、よくわからん!

評判のお店にもボチボチ行っています。
生夫が、職場の人に聞いてきて、早速行ってみたり。
ガイドブックに載ってるんじゃない、
地元の人の情報って、なんかいいよね~。

で、今日の、とちのみのレアチーズケーキ
前に、友達の家で牡蠣パーティーをやった時に話題に出た。


「とんねるずの食わず嫌い王で、
  篠原涼子がお土産で持っていった。」


篠原涼子は桐生市出身なんだよね~。
ちなみに、現在公開中の篠原涼子主演「アンフェア the movie」
ここに出てくる警察病院は、太田市役所なんだって~。

…ま、それはいいとして、

話題のレアチーズケーキを買いに、行ってきました~。
K0704081
何回も、お店の前は通っていたけど、
そういう情報がなかったので、素通りしてました…。
お菓子の家みたいなかわいいケーキ屋さんが最近多いけど、
ここは、昔ながらのケーキ屋さんという感じです。
中でケーキを食べることも出来ます。
外の看板に、「お菓子サロン とちのみ」って書いてあったけど、
まさに、「サロン」って感じなんです。
イスとかテーブルとか、なんか懐かしい。
いつか、このサロンでもいただいてみたいと思います。
そうそう、お店の中に、「アンフェア the movie」
でっかーいポスターが貼ってありましたよ~。

さあ!お目当てのレアチーズケーキ。
思ったより小さい。背が低いというか…。そして、手作りっぽい!!!
値段は、147円でした。お値打ちぃ~。

↓これが、そのレアチーズケーキだッ!
K070408
レアチーズの部分に、なんか黒いプツプツしたものが混じっている。
これは何だろう???レーズン???と思っていたんだけど、
チョコレートでした。
食感が、これまた不思議。
レモン風味のしっかりこってりのレアチーズじゃなくて、
プルプルしたレアチーズケーキ。
生夫も、一口食べた瞬間、

「何だ?これは何で出来てる?」

と言ってました。
甘さ控えめで、くどくない。
一度食べると、なんか、やみつきになりそうな感じ。
二つくらいは一気にいけそうでした~。ペロリ。

今度は、

「昼下がりのサロンで、ケーキ。」

を、やらねば~!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年4月 7日 (土)

岩宿遺跡で花見

あっという間に一週間経ってしまいました。
義妹家族の引っ越しの手伝いにでかけたり、
バタバタしてました。
私がバタバタしているうちに、すっかり桜も満開。
車で走っていると、

「あ、ここも!こっちも!」

って感じで、桜がキレイです。

先週の日曜日、岩宿遺跡に行ってきました。
最近生夫の登場がなかったですが、
この日は一緒に出掛けました~。

まず、岩宿博物館に入る。
http://www.city.midori.gunma.jp/iwajuku/index.html
この遺跡が発見される前は、
縄文時代の人類が日本最初の住人だと考えられていました。
ところが、縄文時代の土より古い層から、石器が見つかります。
岩宿遺跡の発見は、
「日本にも旧石器時代があった!」という大発見だったのです。
詳しくは、HPを…。

二階の展示室に行くと…。
棒を持ったオバサンがすーっと近づいてきて、
超饒舌に説明をしてくれる。
私が、前に一人で来たときも、ふと気がつくと横にオバサンがいた。
多分、いつもこんな感じなのだろう。

生夫は、質問するのが大好きな人。
電器屋に行って、空気清浄機の説明をしている
多分アルバイトの、若い女の子に質問しまくり、困らせたりします。
「奥さん、なんか言ってください。」
って目で見られるので、電器屋さんに行くと、
私は生夫からスーッと離れることにしています。

そんな生夫は、あれこれ質問。
オバサンはどんどん答えて、だんだん調子が上がってきた!
渡良瀬川の流れが、
赤城山、榛名山、浅間山の噴火により、
だんだん変わって、今の流れになったとか、
時代によって、石器の形も違うとか…。

一番へエッて思ったのは、
岩宿遺跡を発見した「相澤忠洋」という人は、
専門に考古学をやっていた、大学の先生とかではなく、
納豆屋のオジサンだったんだって!
話してくれたオバサンは、納豆を買ったことがあるそうです。
独学で考古学の勉強をして、
自分の布団から綿を引っ張り出し、
その綿の上に集めた土器などをのせる。
自分はワラの中で寝ていたそうです。
そんな情熱が、この発見につながったんだ~。
ビックリしました。

博物館から出ると、すっかり気分は旧石器人。

桜の下でお弁当を食べていると、
玄米(我が家は玄米を食べています)の中に、
もみが残っていたようで、

「何か、ジャリッていった!!!」

「旧石器人たるもの、そのくらいでワーワー言っちゃダメだ!」


生夫が、道の隅を歩いていたので、

「そういうところを歩くと、犬のウンコを踏むよ!」

「旧石器人たるもの、ウンコの一つや二つ、どおってことない!」

あのー、私の車が臭くなるのは勘弁してほしいんですけど~(笑)

桜と、カタクリの花がきれいでした。
K070407 K0704071

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »