« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

今日は全国的にお天気が不安定だったようですが、
群馬も、曇りに雨に雷に…って感じでした。

群馬に引っ越してきて思うのは、雷が多い

朝、カラッと晴れていたと思ったら、急に辺りが暗くなって、
「ゴロゴロゴロ~」
っていい出し、びっくりして洗濯物を入れたことが何度か。
雷だけじゃなくて、雹まで降ってきたりして、
びっくりびっくりです。

群馬の人はみんな読める、「上毛かるた」にも、
雷のことが書かれた札がありました。

雷と空風義理人情
(らいとからっかぜぎりにんじょう)

冬から春にかけて北関東を吹きまくる空っ風と、
夏の雷とは群馬県の地形が生んだ上州名物である。
自然の名物のほかに群馬県の県民性が、
人情に厚く義理に固いのも特色である。

えぇ~?夏の雷は上州名物なの~?
ってことは、これからが本番?
雷は嫌いじゃないけど、
洗濯物を干したまま出掛けるときは、
気をつけなくっちゃね~。
K0705311

K070531_1 K0705312_1

怪しい雲があると、ついつい写真を撮りたくなる私。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月29日 (火)

赤城山には驚かされる

ぐりーんふらわー牧場のシャクヤクまつりを見た後に、
農産物直売所でサンドイッチを買って
(ここの直売所はサンドイッチ、おまんじゅう、パンなど売っている)
赤城山の上で食べようと、車で山頂に向かう。

下界の緑はすっかり濃くなってしまったけど、
赤城山の上の方はまだまだ若葉!
新緑は、本当にパワーを分けてもらえる。
K070529
バイクで走ったら気持ちいいだろうなぁ。
私達も、窓を全開で、歌を歌いながら走る!

途中まではそんな感じだったけど、
標高1400メートルを越えたら、途端に寒くなってきた。
赤城山の山頂にある湖、大沼(おの)に到着し、
湖畔にベンチがあったので、そこでサンドイッチを食べることにしました…。
が!車の外に出てびっくり!

寒い!風が強くて冷たい!!!

下界は暑かったので薄着で来てしまった私は、
車の中にあった、バスタオルを巻きつけて、サンドイッチを食べる。
とりあえず、山頂でサンドイッチの目標は達成。
K0705291
寒くてボートに乗る気になりませ~ん。さむー。

山頂は大沼(おの)の他にも見所があります。
覚満淵(かくまんぶち)
K0705293
今回は上から眺めただけでしたが、ここは湿原で、
ぐるっと一周できるんだって。
まだまだ緑が少ないけど、もう少ししたらきれいになるでしょう。
紅葉もステキらしいよ。

小沼(この)
K0705294
水の色が、ちょっとエメラルドグリーンぽくて、とてもきれいだった。
ボートも浮かんでないし、静かな自然の湖で、良かった。

そういえば、去年の秋に赤城山に初めてやってきた時、
山頂で吹雪に遭って、赤城山のすごさを知った。
2006年11月12日の記事
学習してませんね、私。
赤城山は標高が高いから、予想以上に寒いんだってこと、
心しておかないといけません。

それにしても、赤城山には毎回驚かされる!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

シャクヤクまつり

5月27日、「市民一斉清掃」ってのがあり、
近所の道の草取りとか、公園の清掃を皆さんとやりました。
これが、朝6時半からなんですよね~。
そんな時間に、外に出て動くなんてありえない…。
清掃が終わったら、二度寝したいところでしたが、
せっかく起きたんだし、日曜日だし、天気もいいし、
チラッと出掛けようか!ということになったのだーーー。

目指すは、かわいいポニーがいて、私の大好きな道の駅、

大胡ぐりーんふらわー牧場

26日、27日とシャクヤクまつりが開かれているという新聞記事を見て、
ここに行くことに決定!
まずは、ポニーを触りに行く。
ポニーはこの日も大人しくて、かわいかった。
それから、コバタンっていうオウムが面白かったよ~。
「オハヨー!オハヨー!!!」
ってすごく大きな声で叫んでいるんだけど、
ちょっと静かになって、ものを考えている顔をしたかと思ったら、


「コンニチワ」


オハヨーは、うるさいってくらい元気な声なのに、
コンニチワは、なんか申し訳なさそうなささやくような声で、
しかも、頭を下げながら言うの~~~!面白すぎる~。


さて、シャクヤクまつりですが、きれいでしたよ!
シャクヤクは花が豪華なので、たくさん咲いていると見ごたえがある。
K070527
風車とシャクヤク。なかなか合ってますね!
ツボミはじゃんけんのグーみたいに硬いのに、
あのボールみたいなのから、こんなフワフワな美しい花が開くんだもんね~。
神秘だわ~(大げさ?)。

それからですね、
「ウチョウラン」「ウチョウラン」「ウチョウラン」
と、↑こののぼり旗がパタパタしていた建物があったので、見に行くと、
山野草、それから、「ウチョウラン」という花が展示、販売されていました。
この、ウチョウランってのは、すごく小さな花。
白と紫なんですが、それぞれの花によって、
白の部分と紫の部分の分量が違う。花の形も、違う。
すごく小さい鉢に植えられているのに、高いものは2万円なんてのも!
安いのは1,000円~。それなら、欲しい!
でも、ランって育てるのが難しいだろうな~私には無理だよな~、
と思いつつも、販売の女性にお手入れについて聞くと、
そんなに難しくないし、花が終わる秋からはそのままにしておいて、
桜の時期に水をやり出せば、また来年花が咲く、ということ。

え?来年も花が咲くの?じゃあ、買う~!!!
K0705274
1,500円のこの子を連れて帰ってきました。
ちょうど、花瓶の花がしおれてきたので、
玄関の主役として頑張ってもらいます。

農産物直売所で、野菜も買ったしね。
ホント、ココ、好きだなぁ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

桐生天満宮骨董市

桐生市では、毎月第一土曜日「骨董市」が開かれています。
北関東一の骨董市なんだそうで。
友達に聞いたところによると、
THE ALFEEの坂崎さんが来ることがあるとか…。

私達が、群馬に引っ越すことが決まり、
家を探しに来たのが、9月の第一土曜日でした。
骨董市があるなんて知らずに来ました。

桐生市のメインストリート(?)、本町通りから、
その先にある桐生天満宮まで、
ズラズラズラズラ~~~~~!!!
とお店が並んでいました。
お店といっても、テントだったり、ただ品物が並べてあるだけだったりですが。
私達は、家を探すという重大な仕事があり、
遊んでいる時間は無かったので、車で通り過ぎただけでした。
でも、これから住むことになる土地のこと、全く知らなくて不安だった私に、

「なんか、桐生、面白そうっ!!!」

という気持ちを生まれさせてくれた骨董市。

秋にも一人で行きましたが、5月の第一土曜日に、
生夫と一緒に行ってきました。生夫は、初骨董市です。
K0705243

骨董っていうと、皿、壺、着物、古い道具…をイメージしていたけど、
はっきりいって、何でもあり。
K0705241
光輝く招き猫の横に、ベティちゃんとか…。

K0705242
着物は、お店によっては、1000円なんてのもあって、
かなりお値打ち。
着物姿で買いに来ているお姉さん方もいました。
さすが、その人たちは、常連さんみたいでしたけどね。
お店の人と仲が良さそうでした。

私は、ナゼだか、きれいな小さいビンが気になって。
いろんなお店にあったけど、小さな薬のビンとか、
ちょっと色のついたビンなど、ビンに惹かれる…。
K070524
↑このビンなんて、すごくかわいくて、
欲しい~と思ったけど、お値段が4000円
うーん、4000円で買って、私はこれをどうするんだ?
と考えちゃったら、買えませんでした。
ていうか、多分こういうこと、考えちゃダメなんだよね、骨董市は。
まだまだ骨董市初心者でございます。

で、何を買ったかというと、コレ。
K0705244
ネズミの形の、爪楊枝立て。200円。
優しくてかわいい顔と、値段で決めましたが、
爪楊枝があんまりちゃんと立たないんだよね~(-_-;)
すぐに、爪楊枝が飛び出しちゃうというか…。
まあ、骨董市初心者なので、この辺からスタートですわ。

この骨董市、いつも、朝6時半くらいからやってるらしい。
で、いいものは早く売れちゃうから、
「朝一番で来なくちゃダメだ~」ってお店のオジサンが言ってました。
うちも近いわけだし、1回朝一番で頑張ってみるか!
と、生夫と話しています。
財布にいくら入れていけばいいかなぁ~なーんて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

生ゆうまちゃんに会った!

高崎市にある、観音山ファミリーパーク
ここは、県立の公園なんだけど、
管理はNPO法人がやっていて、
市民の人たちが、積極的に公園作りに参加しているんだそうです。

知り合いが、この公園作りに関わっていて、
「今度イベントがあるので、司会をやってくれないかなぁ。」
と、頼まれたので、行ってきやした~。

5月19日、20日と行われた、「県民参加フェスタ」ってイベント。
私は、20日だけ参加しました。
天気はとても良かったんだけど、風が強い。さすが群馬。
本当なら、熱気球が飛ぶ予定だったんだけど、
風が強かったので、気球の姿は現れませんでした。
飛ばなくてもいいから、形だけでも見たかったんだけど。
熱気球は、気候に左右されるんだそうです。残念。

ステージは、フォークソングあり、和太鼓あり、
歌手、聖ちゃんのライブあり、抽選会あり…。
盛りだくさんでした。

広い園内、他にもいろいろ面白そうなことがあったけど、
司会なので、あんまり遠くにも行けず、
見に行けなかったのが残念でした~。

でも!!!
これだけは絶対!!!と思っていた、
「生ゆうまちゃんと2ショット」の夢(大げさ?)は叶えましたよ~!!!
暑い日だったので、ゆうまちゃん(の中の人)は大変だっただろうなぁ。

ゆうまちゃんと、リボンの女の子はなんて名前なのかなぁ?
K070523 K0705231

さすが、子どもたちに大人気で、いつもみんなに囲まれていた!

そして、ゆうまちゃんジャンパーを着たおじさんも。
K0705232
こんなに愛される県のマスコットって、
なかなかいないんじゃないかな~?
これだけの人気者だから、
北京の遊園地にも、いたかもしれないよ~(笑)

広くて、気持ちのいい公園で、楽しい一日を過ごしました~。
K0705233

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

足利学校

巨石群を満喫した私達、
「じゃあ、そろそろ足利学校に行こう!」
と、足利の街に向かいました。

午後3時過ぎてたと思うけど、駐車場がいっぱい!
時間をずらしてきたのに、これだけの人…。
さすが、ゴールデン・ウィーク…。
(あ、今更ですが、GWの話を書いています~。)

でも、その時間だったから、出る車も多いわけで、
ちょっと待ったくらいでしたけどね。
無料の観光駐車場があるってのは、良い!
その駐車場から、歩道橋を渡って足利学校に向かうんだけど、
歩道橋の上から、足利学校の建物がデデーンと見えて、
「わぁ~!」と、期待が高まります。

足利学校の創建は、説がいろいろありますが、
一番古い説が奈良時代…。
都が奈良だった時代に、なぜ関東に大きな学校が?
とも思うけど、全国的に国分寺とか建てられてまとめられたってことかなぁ。
後に、フランシスコ・ザビエルが、「日本のでっかい大学!」と、
世界にも紹介してくれました~!
教科書で、「足利学校」って名前は見たことあるような…。
まさか、その近くに住むことになるとは思ってもみなかったわねぇ。

門をくぐって入る。足利学校、いい雰囲気です。
現在の建物は、平成二年に甦ったものだそうです。
K070521
二月に友達と来た時は、寒かったし、平日だったしで、
人がほとんどいませんでした。
ところが、この日は、ゴールデン・ウィーク。
しかも、とても暑い日だったので、
縁側で風に吹かれる人、多数!!!
ズラズラズラ~と、人がサルみたいに(失礼!)
並んで座っていて笑ってしまった。
でも、結局私たちも、縁側に座り、庭を眺め、風に吹かれ…。
「こりゃー、座りたくなる気持ち、わかるわ!」
座るだけじゃなくて、畳の上でゴロゴロしたくなる。
たくさんの資料も展示されています。
(↑あまり覚えてないので、この一行で済ませていいでしょうか)

足利学校の近くには、鑁阿寺(ばんなじ)っていうお寺もあり、
ここが、なんか京都のお寺みたいなんだよね~。
K0705211
周辺にも古い建物がたくさん残っていて、
プラプラ歩くととっても楽しいです~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

巨石群

今更だけど、ゴールデンウィークに出掛けた話。
栃木県足利市に行ってきました。
といっても、桐生と足利はお隣なので、
県は違うけど、1時間もかからずに行けます。

前に、友達が遊びに来た時に、
足利学校に行って、とてもよかったので、
今回、生夫とも行こうということになりました。
ただ、その日は、お祭りをやってるようで、
お昼時に行くと、多分混む。駐車場がいっぱいで待つ。
それは避けたい!時間をずらそう。

いろいろ調べて、
「名草の巨石群」
というところに最初に行くことにしました。
巨石とか巨木とか巨乳とか、気になるじゃん。
さらに、山道をドライブするのが大好きな生夫に
もってこいの山から抜けていくドライブコースを選ぶ。
K070519
緑が本当に気持ちよかった~!

「巨石好きは、そうそういないんじゃない~?」

なんて話していた私達なんですが、
なんか、同じ方向に車がたくさん走っていく。
いよいよ巨石群に近づくと、交通整理の人まで出てきた!

「えぇぇ~?みんな巨石好きなの~~~???」

びっくりしたけど、実はここ、
名草弁天の名草厳島神社という神社があり、
足利の七福神めぐりの一つなんだって。
ちょうどここも、お祭りをやっていたみたい。
さらに、釣り堀やバーベキューのできる広場もある。
ということで、駐車場も結構いっぱいでした~。
ま、ゴールデン・ウィークですからね~。

緩やかな坂をずーっと登っていきます。
森の中って感じなので、とても涼しくて気持ちいい。森林浴だ。
厳島神社の社殿も、大きな岩の上に建っていました。
K0705191
よく、ここに建てようと思ったよねぇ。

この社殿から更に上に上ること10分くらいかな。巨石群があります。
昭和14年に国の天然記念物に指定されたそう。
K0705192
森の精霊が出てきそうな雰囲気でした。

巨石にはいろんな名前がついていて、
船がひっくりかえったような御船石(ひっくり返っちゃダメじゃんって気もするが)
きれいに真っ二つになった弁慶の割り石など、
なるほどね~ってものも。
大きな石がゴロゴロしているって、何か不思議な光景でした。
登りもそんなにきつくないし、面白いスポットだったな~。

んで!売店で売っていた、イモフライを食べました。
これって、栃木県佐野市の名物なんだよね?
1回食べてみたいと思ってたんだ~。
K0705194
ジャガイモがクシに刺さって、衣をつけて揚げてある…
それだけなのに、なんかうまい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

農産物直売所

土曜日、朝早くに、生夫を前橋まで送っていくことになりました。
8時半には送り届けて、ただ帰るだけじゃもったいない、
野菜を買っていこう!と、農産物直売所に寄ることにしました。

群馬県には、農産物直売所がいっぱいあります。
<農産物直売所のリスト>
もぉ~、どこにしようか、迷っちゃ~う!
ってほど、いっぱいあります。

地図を見て、今回は
「富士見村農産物直売所」
に行くことにしました。

ここは、土日しか営業してないんだって。
だから、山盛りになっている、新鮮な野菜たちは、
今朝運ばれてきたってことだよねぇ~。
K070513
オープンしてすぐに行ったので、
いっぱいある野菜。

K0705131
いっぱい買いたかったけど、
冷蔵庫に残っている野菜たちを考えつつ…。
みんなそんな感じなのかな。

私が今回、狙っていたのは、
「大根の抜き菜」
私は、これが、大好きなのです!!!
この時期、抜き菜が出る時期なので、
直売所なら絶対あるだろうと。
お店に入って、まずは、抜き菜を目指す!

あったあった!!!
一束、60円。
なんて嬉しいんだ~~~(涙)
二束カゴに入れる。達成感~(´▽`)b

他にも、トマト、玉ねぎ、アスパラなど買った。
他の人たちのカゴも、いっぱいだったよ~。
野菜だけじゃなくて、蕎麦、みそ、まんじゅう、巻き寿司、
魅力的なものがあるから、ついつい買いたくなっちゃう。
あぁ~、ここが、もう少し家から近ければなぁ…。
(うちの近くにも直売所はいくつかあるけどね)

今回の直売所は、赤城山に向かう途中に立っている、
大きな赤い鳥居の近くにあります。
だから、買い物袋が…
K0705133
かっちょえぇ~~~!
なんか、ありがたい感じだね!

直売所の入り口には、きれいな花も咲いて、
お目当ての抜き菜も買えて、天気も良くて、
満足満足なのであった。
K0705132
抜き菜、おいしかったよ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月12日 (土)

地ビール

群馬県は結構地ビールが多いんじゃないかな、と思う。
この前、出かけたときも、道の駅で「川場ビール」ってのを見たし、
太田市にも地ビールレストランがある。
赤城山にあるドイツ村にも地ビールがあるみたい。
1回飲みに行きたいなぁと思いつつも、
車はどうするんだ、あそこから代行で帰ってきたら、
いくらかかるんだ…。などなどで、まだ実現していません。

GW前になるけど、前橋にOPENした、けやきウォークという
複合商業施設に行ってきました。
その時に、「軽井沢高原ビール」が並んでいるお店を発見し、
「GWに飲もう!」と、買ってきた~。

…が、よくよく調べてみると、この地ビールは、
長野県の会社が作っていたんですが~(;^_^A
http://www.rakuten.co.jp/yonayona/

缶のデザインが、かわいい。
どれも買いたくなる。
けど、そうもいかないので、説明を読んで、
限定モノに弱い私は、2007年の限定の「シーズナル」というものと、
○○賞受賞というのに弱い私は、
なんだか、とにかく、たくさん賞を受賞している「よなよなエール」
を買ってきました。
K070503

GWに、飲んだよ~。どちらも、色が、オレンジ色っぽい。
そして、香りがいい~。
地ビールって、なんか味が濃い気がします。
私は、シーズナルの方が好みだったけど、
生夫はよなよなエールが気に入ったみたい。
こうなると、ほかの種類も飲んでみたくなるってもんだ。
ビールだけじゃなくて、軽井沢のジャムなども扱っているお店でした。
スタンプカードも作ってもらったし、また行っちゃおうかな♪

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年5月11日 (金)

ゆうまちゃんが来た

以前、紹介した、群馬県のマスコットゆうまちゃん
群馬では、大活躍です。
冬には風邪予防のポスターにも登場してたし、
蜂か、蝶かになってる姿も見たし、
がんばっているゆうまちゃんです。

先日、私は、県が募集していたあるものに応募しました。
その返事が、郵送で送られてきました。
そこに…!!!

K070511
ゆうまちゃんだ~~~!!!
かわいい~~~!!!


料金後納だから、
個人じゃなかなかこれを押してもらうことは出来ないけど、
風景印みたいな、ゆうまちゃんの消印とかあるのかなぁ???

ゆうまちゃんの気になる私、
近々、生ゆうまちゃんに会うことができそうな予定があります。
わーいッ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

吹割の滝

群馬県のガイドブックを見ていて、

「おぉ~、ここはすごそうだなぁ。」

と、最初に思ったのが、
吹割の滝

なんか、ナイアガラの滝みたいになってて、
観光客が、滝の近くまで行けるみたい。
今回、行った沼田市にこの滝がある。
沼田市に行くと計画を立てたときに、
「時間があればいけるかな。」と思っていた。
見事、時間があったので、行ってきました。

今回初めて沼田市に行って、
とてものんびりした風景に感動しました。
こいのぼりが、街と違って、気持ち良さそうに泳いでいる。
街のこいのぼりと比べたら、サイズも大きいんだけどね~。
望郷ラインっていう道があって、
まさに、そんな感じ。懐かしい気分。

が!この吹割の滝周辺は違った!
まさに「観光地」でした。
街道沿いにお土産屋さんが立ち並ぶ。
車の通りも急に激しくなった感じ。
もう夕方になりかかっていたけど、人も多かった。

そして、その滝は、すごかった!
とにかくすごかった!!!

川沿いに遊歩道があるんだけど、
白線が引いてあるだけで、柵はない。
すぐそこに、すごいスピードで流れる川や滝や渦があり、
もお、それを見ていると、なんか吸い込まれそう!
K0705010
↑の写真の右の方に、人がいるのが見えるよね。
この細い遊歩道を歩いていくのです~。
何回も言うけど、柵はない!

そして、吹割の滝
K0705101
写真じゃ伝わらないけど、大迫力!
水しぶきが飛んできて、冷たかった。
朝からあちらこちら出掛けて、お疲れモードになっていたのが、
全て吹っ飛ぶくらい、興奮した!
自然ってすごい!

帰りがけ、遊歩道のスピーカーから、
「転落事故も起こっているので、
 白線の中には絶対入らないでください。」

って内容の放送が…。
ここで転落したらどうなっちゃうのーーー!
柵無いしーーーーー!!!(←まだ言ってる)
と、ちょっと、ゾゾゾゾゾとしてしまいました。

この後は、日帰り温泉に入って帰ってきました。
「沼田、いいところだったねぇ~。」と言いながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

玉原湿原

まだまだ5月3日の続きです。

群馬県というと、尾瀬があります。

「ミズバショウの花が咲いてる~♪
        …はるかな尾瀬~♪」 

尾瀬も行ってみたいところですが、
この時期、まだ雪の中のようで…。
でも、「ミズバショウが見てみたい!」
と思い、玉原湿原(たんばらしつげん)
というところを目指すことにしました。
ここには、ミズバショウが2000株あるんだそう。

K070509
こんな板の上を歩いていきます。
なかなかミズバショウが出てこなかったけど、
一株現れたら、あっちにもこっちにも!って感じで、
結構たくさん咲いてる~。
K0705091
下に流れている水が、キレイなこと!
ミズバショウの花は、咲いたばかりのは白くてきれいだけど、
時間が経つとうっすら茶色っぽくなってしまうみたい。
周りは、まだ新緑とまではいかない感じだった。
でも、ミズバショウが咲いて、次々にいろんなものが咲くんだろうな。
高原ならではの花もあるだろうし。

この玉原湿原は、ぐるーっと回るルートもあるみたいです。
本格的に歩いている装備の人もいました。
私達は、ミズバショウだけ見て、
サッサと戻ってしまった、へタレ夫婦だけど(^o^;)
本格的な方用に、湿原入り口のお店では、
「命水」が売っていました~。
K0705092_1
いのちッ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

胎内潜り

大きな天狗のお面のある弥勒寺の看板を見ていたら、
岩の中を歩いていく、「胎内潜り」があると書いてありました。
「面白そうだね。」
と、胎内潜りのある和尚台を目指すことに…。

が!!!!!
めちゃめちゃ大変でした。
「和尚台まで600m、25分」と表示されていたから、
大変なのは想像できたけど。
でも、でも、道はあるんだけど、倒木をまたいで進む!
落ち葉がいっぱいで滑って転びそう!
こんなとこ、もう登れん!って感じの急な道。
K070506
しかも誰も登ってないし、下っても来なくて、
クマも出そうだし、だんだん怖くなってきた!!!
それでも、ずんずん進む生夫についていく。

「まだ~?道ないじゃん~。こんなところ登るの~?」
と、わめきながら、ようやく、和尚台が見えてきた時に、
なんと、私達の親ぐらいの世代のご夫婦が下ってきた!
お話しすると、その方たちは、さらに上まで行ったんだって。
「桐子さん、笑われますぞ。」
と、生夫に言われる。た…確かに…。


胎内潜りは、なんと、この大きな岩の割れ目を登っていくものでした。
K0705062
ちょうど木で割れ目が隠れちゃってるけど、
縦に大きく亀裂が入っています。
ここに、鎖が一本垂れていて、
それを命綱に、登っていくのです。
看板には、


「鎖場のため滑落注意」


∑(゚Д゚;)
無理無理~!!!私は無理~!!!
生夫は、「ちょっと行ってくる」と、
割れ目を登っていってしまいました…。
K0705061
そして、暗闇に消える生夫…。

誰もいない山に一人ぼっち。
風はさわやかだけど、妙に静か…。
な、なんか、怖い~~~。


しばらくして、生夫、無事生還!
開口一番、

「なんか、精子になった気分だった。」

とっても神妙な顔で言ってました~。
そりゃー、男としていい体験したねぇ~!
よかったよかった(笑)
岩の中に、お堂みたいのが作ってあるんだって。
最初にここを発見した人は勇気があるなぁ。
最初は鎖もないわけだし~。

下りは下りで、また怖くって、
またまた大騒ぎしながら山を下りた私です。
天狗のお寺は、とっても面白くて、
両親や地元の友達を案内したいなと思ったけど、
胎内潜りの案内は、生夫に任せることにしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

迦葉山龍華院弥勒寺

ゴールデンウィーク!
どこ行く?どこ行く???と言っていた我が家。
話し合いの結果、

冬の間は、雪があって行けなかった所に行こう!

ということになりました。
5月3日の目的地は、沼田市に決定。
いつもそうだけど、細かい計画は私が立てます。
「桐子の行きたい所に行けばいいよ~。」
と、生夫が言ってくれるので。
(↑優しいんじゃなくて、面倒なだけ)

ということで、私がいろんなガイドブックを見比べて…
ネットの情報を引っ張り出して…
計画立てました~。

沼田市に行くまで、山の中を車で走る。
天気もいいし、新緑はきれいだし、
道も混んでないし、ドライブするには最高!!!

で、まず、行ったのが、今日のタイトル。

迦葉山龍華院弥勒寺
(かしょうざんりゅうげいんみろくじ)

ココには、日本一の天狗のお面があるのです~。
どのくらい大きいんだろう、とドキドキして入る。

K0705032
でっか~~~い!!!

水色のが人間の大きさ。
大きさにも驚くけど、天狗の顔が怖いので、
「すみません、失礼しまーす。」
って感じで中に入る。
ホント、大きいんだよ~。
沼田市のHPによると、
迦葉山の中峰堂には、昭和14年、
商工会有志により戦勝を祈願し作られた日本一の大天狗面
(顔の丈:6.5m、 鼻の高さ:2.8m)と、
昭和46年大天狗奉賛会により交通安全を祈願して作られた
「交通安全身代わり大天狗」
(顔の丈:5.5m、鼻の高さ:2.7m)が安置されています。

一つは、昭和14年に作られたなんて~!!!

さらに、天狗の小さなお面が山積みになっているところが。
K0705031_1
お返し面と書いてあります。
ここでは、お参りに来た最初の年に、
一番小さい天狗のお面を借りていって、
次の年に、そのお面プラス門前のお店で買った天狗のお面をお返しする。
で、今度は一回り大きい天狗のお面を借りていく…。
という慣わしになっているそうなんです。
この山積みのお返し面は、みなさんが持ってきたお面なんですね。

借りるお面もあったので、私たちも借りてきました~。
大きさもいろいろで、大きいものには、
ヒゲや髪の毛の生えたお面もあってかっこよかったけど、
私たちは、最初の年なので、一番小さいの。
K0705033
早速、玄関に飾りました。
また、来年も行かなくちゃいけないってことだね♪

GWのお出掛けについて、まだまだ続くよ~~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

妙ちくりん

いせさきアーティストフェスタin路地裏に行った帰りに、
こにタンさんのブログ、「グッドぐんま」で教えてもらった、

妙ちくりん( (これまた面白い名前のお店!)

というお店に行ってきました。こにタンさんありがとうございます~!

お店に到着してビックリ~~~!!!

大混雑ッ!!!

すごーい。人気のお店なんだねぇ~。
お店の前に車が停められない。
店内も、もちろん大混雑。
レジの前に、うっすら列が出来ている。
そして、周りにもたくさんの人たちが立っている。
システムとしては、まずレジで注文して、
番号札をもらって待つということでした。

私は、こにタンさんのブログに載っていた、
チョコ生ロール狙いだったんだけど、
生クリーム大福って言うのが、種類が多くて、
なんか面白そう!
(どちらかというと、大福の方が有名なんですね。)
ロールケーキと、大福を二つずつ買うことにしました。

12種類ある大福の中から、二つって、迷うよね~。

「どれにする~?」

と生夫に聞くと、

「ショコラ大福と、ティラミス大福。」

「なんか、同じ感じじゃん!」

「わしは、『茶色いものはうまい』という固定観念がある!」

そういえば、前の日に、そんな話をしていたんだった。
子どもの頃から、プリンのカラメルも好きだったし、
カステラの茶色いところにいたっては、
チョコレートだと思って食べていたんだって~~~。
多分、紙にひっついてしまった茶色いところをはがして、
「ここが一番うまい。」とか言ってたんだろうなぁ。

ということで、生夫は、茶色い系。

私は、悩んだけど、
「玉露大福と、ダージリンミルクティー大福」のお茶系。
それと、チョコ生ロールの、ハーフサイズを買ってきました。

K070502
生クリーム大福です。

生夫は、「うまいうまい!!!」
と、一気に二個食べてしまいました。
これ、冷凍状態で買ってきたものを、
半解凍状態で食べるのがいいんですね!
私達は、半解凍をやや通り過ぎてしまった~。
けど、とってもおいしかったです!!!
生クリームがヒンヤリ~。大福というより、デザートですね。
他の種類も食べてみたくなりました。

そして、チョコ生ロールもおいしかった!
チョコのスポンジに、チョコのクリーム。
「茶色いものはうまい」ですから、最高です!
あちら方面に行ったときは、また寄りたいと思います~!

ところで、このお店って、
洋菓子屋さんなのかな?和菓子屋さんなのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »