« 妙ちくりん | トップページ | 胎内潜り »

2007年5月 3日 (木)

迦葉山龍華院弥勒寺

ゴールデンウィーク!
どこ行く?どこ行く???と言っていた我が家。
話し合いの結果、

冬の間は、雪があって行けなかった所に行こう!

ということになりました。
5月3日の目的地は、沼田市に決定。
いつもそうだけど、細かい計画は私が立てます。
「桐子の行きたい所に行けばいいよ~。」
と、生夫が言ってくれるので。
(↑優しいんじゃなくて、面倒なだけ)

ということで、私がいろんなガイドブックを見比べて…
ネットの情報を引っ張り出して…
計画立てました~。

沼田市に行くまで、山の中を車で走る。
天気もいいし、新緑はきれいだし、
道も混んでないし、ドライブするには最高!!!

で、まず、行ったのが、今日のタイトル。

迦葉山龍華院弥勒寺
(かしょうざんりゅうげいんみろくじ)

ココには、日本一の天狗のお面があるのです~。
どのくらい大きいんだろう、とドキドキして入る。

K0705032
でっか~~~い!!!

水色のが人間の大きさ。
大きさにも驚くけど、天狗の顔が怖いので、
「すみません、失礼しまーす。」
って感じで中に入る。
ホント、大きいんだよ~。
沼田市のHPによると、
迦葉山の中峰堂には、昭和14年、
商工会有志により戦勝を祈願し作られた日本一の大天狗面
(顔の丈:6.5m、 鼻の高さ:2.8m)と、
昭和46年大天狗奉賛会により交通安全を祈願して作られた
「交通安全身代わり大天狗」
(顔の丈:5.5m、鼻の高さ:2.7m)が安置されています。

一つは、昭和14年に作られたなんて~!!!

さらに、天狗の小さなお面が山積みになっているところが。
K0705031_1
お返し面と書いてあります。
ここでは、お参りに来た最初の年に、
一番小さい天狗のお面を借りていって、
次の年に、そのお面プラス門前のお店で買った天狗のお面をお返しする。
で、今度は一回り大きい天狗のお面を借りていく…。
という慣わしになっているそうなんです。
この山積みのお返し面は、みなさんが持ってきたお面なんですね。

借りるお面もあったので、私たちも借りてきました~。
大きさもいろいろで、大きいものには、
ヒゲや髪の毛の生えたお面もあってかっこよかったけど、
私たちは、最初の年なので、一番小さいの。
K0705033
早速、玄関に飾りました。
また、来年も行かなくちゃいけないってことだね♪

GWのお出掛けについて、まだまだ続くよ~~~。

|

« 妙ちくりん | トップページ | 胎内潜り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168601/6315947

この記事へのトラックバック一覧です: 迦葉山龍華院弥勒寺:

« 妙ちくりん | トップページ | 胎内潜り »