« 微妙なニュアンス | トップページ | 貸し自転車 »

2007年6月25日 (月)

泉新のうなぎ

土用の丑には早い、早すぎるけど、
うなぎを食べに行くことにしました。

桐生には、古い建物がたくさん残っていますが、
うなぎの「泉新(いづしん)」の建物も、カッコいいんです!
K070624
「う」っていうのれんや、二階のすだれがいい感じ。

このお店の前を通るたびに、
「いつか、ここでうなぎを食べたいッ!」
と思っていました。
現在、六代目。そして、七代目の名札もかかっていました。
創業天保元年なんだそうです!老舗です。
お店の中は、改装されているきれいな部分と、
いかにも古そうなタンス(なのかなぁ?)に、
お狐さんが祭ってある神棚のある、雰囲気のある部屋、
それから二階もあります。

桐生の人と、このお店について話したことがあります。
「行ってみたいけど、高くないですか?」
老舗っていうとやっぱりお値段が気になります。
「2300円のうな重しかない。
 黙っていてもそれが出てくる。」

「えー?そうなんだー???」

実際、そうでした。メニューがなかった!
「うな重をお持ちすればいいですね。」
ってお茶を持ってきてくれた人に言われました。
うな重だけじゃなくて、いろいろセットになってました。
K0706241
うな重と、肝吸い、サラダ、お新香、デザート。

うなぎ、とってもおいしかったです。
タレは、創業時から受け継がれたタレなんだそうで、
あんまり甘くなかったです。
うなぎのこげ具合がとっても良くて、
わが夫婦、無言で食べちゃいました。
「無言だね。」
「夢中になっとりました。」
生夫は、
「これは本物だ!」とか言ってました。
お新香も肝吸いもおいしかったなぁ。

私達は、夜の開店時間5時に合わせて行きましたが、
その後、続々とお客さんが入ってきて、
私達がお店を出るときには、お店の横の駐車場は満車。
きっと、定期的に食べたくなる味なんでしょうね。
私達も、もう、食べてしまったからには、定期的に「泉新」。
やりくり上手にしなくちゃ。がんばります~!

|

« 微妙なニュアンス | トップページ | 貸し自転車 »

コメント

ああ。
もう2年も食べてないです。
銀婚式の記念に食べに行こうかな。

投稿: ほぼ失業お父さん | 2007年6月26日 (火) 01時16分

銀婚式なんですか!おめでとうございます~!
ぜひぜひ、記念に…。いいですね。
やっぱり、桐生の人は食べたくなる味なんですね~。
つくねとかもあるんですよね?
今度は、それも食べたいな~。

投稿: 桐子→ほぼ失業お父さん | 2007年6月26日 (火) 18時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 微妙なニュアンス | トップページ | 貸し自転車 »