« 大川美術館 | トップページ | 旧花輪小学校記念館 »

2007年7月17日 (火)

ノコギリ屋根探検

桐生市は、織物産業で栄えた街です。
昔は、織機の音が街のあちらこちらから聞こえていたようです。
今でも、散歩をしていると、

「カシャカシャカシャカシャ」

と、織機の音が聞こえてくる所があります。
どんな織機が動いているのか、ちょっと覗いてみたい私です。

そんな織物の街桐生には、織物工場だった、
ノコギリ屋根の建物がたくさん残っています。
ノコギリ屋根の北側に窓をつけることで、
天気や太陽の向きに関係なく、
いつも同じ明るさの光を工場内に取り込むことができます。
よく考えられてるよね~。

先日、桐生の中心部に残っているノコギリ屋根が
どこにあるのかが載っている地図を手に入れました。
車で走っている時に、チラチラ見ることはあるけど、
そのほかにも、いっぱいノコギリ屋根があるみたい。
1回、歩いてノコギリ屋根探検をしよう!ということで、
一部だけですが、街の中を歩いてきました。
40分くらい歩いただけで、こんなにたくさんのノコギリ屋根。
K0707061_1
K0707062_1
K0707063
K0707064
K0707065
K070706
K0707066
↑窓がずらーっとついているのがわかります。

建物の向こうで、撮影できないノコギリ屋根もありました。
結構細い路地にあったりするんだよね~。
レンガだったり、コンクリートだったり、木造だったり、
素材もいろいろ。
織機の音がしているところもあったけど、
今は別の用途で使われているような建物もありました。
駅の方には、美容院になってるノコギリ屋根もある。
中心部じゃなかったと思うけど、
黒くてすっごくオシャレなノコギリ屋根も見たことがあります。
桐生の歴史に、ノコギリ屋根は欠かせないんだろうな。

|

« 大川美術館 | トップページ | 旧花輪小学校記念館 »

コメント

「のこぎり屋根」の画像、すごく気に入りました。こんなにまとめて見られることってなかなかないでしょ。
噂では、聞いていた「のこぎり屋根」ですが、伝統を目で見たようで素敵でした。
ありがとうございますっ

投稿: ぴーちゃん | 2007年7月26日 (木) 05時46分

そう言っていただき、こちらこそありがとうございます!
よく考えられた建物ですよねぇ~。
桐生市内には「あ!ここにも!」って感じで、
のこぎり屋根が本当にたくさんあります。
歩いてみると、細い路地にも入れるので発見率高いです。
是非遊びにいらしてください♪

投稿: 桐子→ぴーちゃん | 2007年7月26日 (木) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大川美術館 | トップページ | 旧花輪小学校記念館 »