« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月30日 (金)

ローランサンの小部屋

先日、前橋に行ってきました。
県庁向かいの群馬会館の地下にある、群馬食堂で、
念願のオムライスを食べました♪
バクバク食べちゃったので、写真はありませんm(_ _)m
おいしかった。丁寧に作られてる~って感じだった。
私だったら、具材を一気に入れて炒めて、
で、ご飯を入れてってやっちゃうけど、
入っていたチキン、これが香ばしくて、
それだけ、カリッと焼いてありますってのがわかりました。
店内もおしゃれで、今度はゆっくり行きたいです。
群馬食堂HP

で、その後、県庁の昭和庁舎で行われている、
「ローランサンの小部屋」という絵画展を見て来ました。
群馬県近代美術館が、改装中でずっと休館しています。
私が引っ越してきたときには、すでに入れなくて、
まだ入れない。つまり、私は一度も行ったことがない!!!
今年度末まで工事しているらしいです。
工事が終わったら、早速行ってみたいところです。
で、工事中で入れないので、昭和庁舎に出張して、
展示が行われています。
この、昭和庁舎の展示のうれしいところは、
100円というところ!点数は少ないんですけどね。
あんまり時間もかからないし、100円なら、ちょっと見ていくか!
って気になりますよね~。
実際この日も、たくさんの方がご覧になっていましたよ~。

今回は、長野県蓼科の
「マリー・ローランサン美術館」の協力で、
実現しているそうです。

マリー・ローランサンは、女性で、
絵はどんな感じかわかっていたけど、
本物をこれだけまとめて見たのは、初めてだと思います。
人物画が多かったけど、どの人間も生き生きと、
そして妖艶だった。
肌の色が白っぽくて、グレーが周りにあって、
そして、パステルカラーが加わる。
死ぬ数年前に描きあげたという絵が、70過ぎて、
こんな美しくロマンチックな絵が描けるなんて!!!
と、衝撃でした。
いつまでもかわいらしく少女みたいな人だったのかなぁ。
ウラヤマシイ。

絵の前で、動かない若い女性とか、
「この絵にはサインがないわね。」と、
細かいところまで見てる人とか、
たくさんの人がゆっくり鑑賞していました。
昭和庁舎は建物が古くてとても素敵なんだけど、
この、展示室が、壁は金色っぽい布で、
カーテンもついていて、なんか、貴族の住んでる部屋みたいな、
そんな感じなんです。
部屋の雰囲気と絵がとても合っていました。

12月16日まで開催中です。
詳しくはコチラ↓
http://www.mmag.gsn.ed.jp/kikaku.htmb

見終わったら、昭和庁舎の中にある喫茶店、
G faceでお茶すると、最高な雰囲気だと思うな~。
G face HP

| | コメント (6)

2007年11月29日 (木)

桐生の紅葉2007

昨日のなぞなぞの答えです。

答え  「豚ひき肉」


理由 ぶたひきにく
      ↓
    ぶたみんち
      ↓
    ぶたみんちぃ
      ↓
    びたみんちぃ



「ビタミンC!!!」




ついでにもう一個。これも生夫作。

「群馬で一番人気のあるガソリンスタンドはどこでしょう?」




答え

「JOMO」(上毛)



あれ?このなぞなぞに寒くなって、風邪引きそう?
ごめんなさいm(_ _)m


さて、今日は友達とランチを食べに行って、
帰ろうと思ったら、なんと山がキレイなこと~!!!
水道山とか、吾妻山とか、オレンジに染まっている。
そういえば、去年も、あの辺りの紅葉に感激したんだった。
桐生の紅葉2006

堤町一丁目の住宅街の辺りを走り、
桐生が岡動物園の駐車場に抜ける道、
本当にキレイなんですよね~~~。
K071129
おひさしぶり。寂しい季節ですね。

K0711294
動物園の第三駐車場の脇。
枝がトンネルみたいになっていて、そのトンネルの中で、
落ち葉を掃いている人がいました。
掃いても掃いても、キリがなさそう…。

で、広い道に出て、買い物にでも行こうと思ったら、
梅田方面の山が、これまたいい色になっている!!!
そのまま梅田方面へ…。ドライブ~♪
細い道に入り、犬に吠えられながら撮影。
K0711292
また違った雰囲気がありますね。

今年の紅葉も終わり。また来年♪

| | コメント (4)

上毛新聞のなぞなぞ

我が家は、上毛新聞を取っています。
群馬の情報がたくさんなので、楽しく読んでます。

今日、NHKの「きょうの料理」は、
こんにゃく芋の産地、群馬県昭和村を訪ね、
地元のこんにゃく料理をご紹介…だったようですが、
見忘れました(泣)
再放送で見ようと思います。

上毛新聞のテレビ欄を見ると…

「きょうの料理」
群馬昭和村のこんにゃく

ってそこだけ太い字体になってる~~~!!!
さすが、群馬の新聞~♪

上毛新聞はスポーツや芸能欄が別の新聞になっています。
そのスポーツの載った新聞の一面の左上に、
毎日なぞなぞが載っています。
これが、「なるほどね~。」だったり、
「はぁ~?何それ~???」だったりするのですが、
朝、このなぞなぞを生夫と一緒に考えるのが、
我が家の日課になっています。
毎日なぞなぞ、考えるほうも大変じゃないかなぁと、
思ったのかそうでないのかはわかりませんが、
この前、生夫が突然言いました。

「わしも、なぞなぞができた。」


「風邪に効くのは、
牛ひき肉、豚ひき肉、鶏ひき肉のうち、
どれでしょう?」

答えは、また明日♪
あ、先に言っておきますが、
答えを聞いても怒らないでくださいねッ!!!
上毛新聞に採用してもらえるかな(笑)

| | コメント (2)

2007年11月23日 (金)

桐生明治館の蓄音機

昨日、桐生明治館にぷらっと行ってきました。
桐生明治館について
現在、風呂敷展が開かれていて、
めでたい柄や美しい風呂敷、
風呂敷のさまざまな結び方などを見ることができました。

そして、一階の喫茶室でとても素敵なものを、
見せて&聞かせていただきました。

これ!

K071123
蓄音機です。ちょっと見づらいかな?

明治館の喫茶室には、もともと蓄音機が置いてあるのですが、
この蓄音機、最近、明治館に寄付されたそうです。
そのお話がまた素敵な話だったので、ご紹介します。

10月に、茨城県からあるご夫婦が
桐生にいらっしゃったそうです。
明治館にも立ち寄られ、元々喫茶室にあった蓄音機を聞いて、
ひと時を過ごされたとのこと。
ご夫婦は、桐生市内をいろいろ観光されたそうなんですが、
その時に、桐生の人々にとても丁寧にしてもらったということで、
「町の方々の人情と温かさに触れて、
 一日楽しく過ごすことができた」

と、この蓄音機と、レコード一枚を
明治館に送ってくださったそうなんです!

確かに、私も、群馬に引っ越してきたばかりのとき、
人がとっても温かいな~と感じました。
いろんな人が自然に話しかけてくれたり…。
知らない土地で、それって結構うれしかったりする。
そのご夫婦にも、いい思い出となって残って、
桐生人一年生の私ではありますが、うれしかったです。

で、レコードを聞かせていただきました。
手巻きのぜんまい式なので、途中で音が遅くなって、
また回したりしていました。
いい味ですよね~、そういうのも。
曲はシャンソンで、ザーザーいう音もしたけど、
なんとも言えず、いい感じでした。
昭和9年ごろ製造の蓄音機だそうです。
一体何人の人がこの蓄音機の音を楽しんだか…。
茨城のご夫婦がずっと所有されていたのでなければ、
きっと、いろんな出会いがあっただろうな~。
そして、今度は群馬の桐生にやってきて、
またいろんな人に音楽を聞かせることになった蓄音機。
明治館で、喫茶室を利用されれば、聞かせてくれるそうです。
自分のレコードを持参してすれば、かけてもいいんだって。

いい話といい音と、おいしいコーヒーをいただいて、
昨日はばたばたした一日だったけど、
いい気分で帰ってきました♪

お近くにいらっしゃったら、是非♪

| | コメント (4)

2007年11月22日 (木)

国立赤城青少年交流の家

先週、ネイチャーゲームリーダー養成講座のスタッフとして、
国立赤城青少年交流の家に泊まってきました。
国立赤城青少年交流の家HP

ここには、ネイチャーゲームをするために、何度か訪れています。
春、夏の森は知っていたけど、秋は初めて。
紅葉がとてもキレイでした~。
そして、寒かったです~。
さすが、赤城山。

交流の家に泊まったのは初めてだったんだけど、

ご飯がとてもおいしかった!!!

バイキング形式で、ご飯ものもあれば、
麺類もあるし、おかずも種類が豊富。
毎年スタッフとして来ている人たちが、
「ここに来ると太って帰るんだよなぁ。」
って言ってるのがよーくわかりました。
家に一人でいるお昼とかなんて、テキトーですもん、
これだけガッツリ食べればね…。

お風呂は新しい施設みたいで、広くてきれい。
部屋からは、前橋方面の美しい夜景が!!!
これで、宿泊料が超安いんだから!!!
もちろん、部屋の掃除とかトイレ掃除は自分たちだし、
シーツも自分たちでセットしたりしますが、
それもまた楽しかったです。
「朝のつどい」「夕べのつどい」というものもあり、
その日、施設を利用している人たちが集まって、
体操したり、代表者が挨拶したりします。
なんか、学生に戻った気分で、これも楽しかったですよ~。
私たちが宿泊したときは、大学の吹奏学部ご一行と、
小学生がたくさん来ていました。
あ、それから、「ムササビ見隊」というのが、
夕方行われているようで、ムササビを見に行くそうです。
これも、参加してみたいですよね~。
家族でも利用できるので、今度生夫を連れて、
ネイチャーゲームしに行こうかな?
K071120
ミクロハイクで、落ち葉の中を探検(*^-^*)

| | コメント (4)

2007年11月20日 (火)

えびす講

11月19日、20日は、えびす講でした。
今年も行ってきましたよ~。

19日、私が仕事で、いろいろやってて終わったのが9時。
私の職場も、生夫の職場も歩いていける距離だったので、
待ち合わせて一緒に行ってきました。
まず、腹ごしらえです。
去年もびっくりしたけど、屋台の数がすごい!!!
メイン通りの本町通りを車両通行止めにして
ズラズラーッと屋台が並ぶんですからね~。
見ていると、何を食べようか、迷ってしまいます。
たこ焼き、五平餅、シュウマイ、若鶏ステーキ、たい焼き…
と、食べていたら、なんか店じまいの雰囲気になってきました。
本町通りの通行止めが10時までなので、
その前にお店は終わってしまうんだそうです。
…なんか、食べたりないなぁ…。不完全燃焼。

屋台を通り抜けて、西宮神社に到着。
お参りをします。若い子もたくさんいます。
K0711191
大きな鈴が3つあって、それを鳴らして手を合わせる。
生夫は、その鈴を、「子どもかッ?!」ってくらい、
ガラガラガラガラガラガラ鳴らしていて、笑ってしまった。
お寺の鐘とかもすぐ撞きたがるしねぇ。
来年も群馬で楽しく生活できるよう、お祈りしました。

そして、去年のお飾りをお返しして、新しいものを買う。
去年は一番小さいのでした。
年々、大きいものにしていくといいと聞いたので、
今年はひとつ大きい2000円のにしました。
2500円が今なら2000円とか言ってたかな(笑)
お店の人が、
「最終的にはこれを目指してね。」
と言って指差したお飾りは、超巨大!
5万円から応相談だそうです…。
まあ、うちは、来年も2000円でいいや。

熊手もたくさんありました。
K071119
一番大きな熊手には、
桐生にあるパチンコメーカーの名前がついていました。
本当に大きいんだよ~~~!!!
あれ、いくらするんだろうなぁ~???

…こんなことばっかり言ってる私にも、

福よ、来い来い♪

| | コメント (0)

2007年11月16日 (金)

栗まんじゅう

以前こにタンさんから、コメント欄で依頼されました、
藤掛屋の栗まんじゅうを調査いたしました。

桐生市錦町の交差点の近くにあるお店。
いつも信号待ちをしながら、
「栗まんじゅうかぁ。食べてみたいなぁ。」
と思っていました。
先日、知り合いの家に行くときに、
向こうで一緒に食べようと思って、買いに行きました。

お店に入ると、値段表が。
栗まんじゅうは一個90円。
カステラまんじゅうというのもあり、こちらは95円。
物が出ていなかったので、大きさがよくわからなかったけど、
知り合いは一人暮らしだし、あんまりたくさんでもなと思い、
「栗まんじゅうを5個ください。」
すると、お店の人が、布の下にあった栗まんじゅうを
袋に入れてくれました。
ついに明かされる栗まんじゅうの姿…。

わたしゃ、それを見てびっくりしましたさ。
「一個が、あんなに大きいのっ???」
あの大きさじゃ、絶対5個は多い!
でも、時すでに遅しで、生夫へのお土産として、
栗まんじゅう2個、カステラまんじゅう2個も注文してた。
ずっしり重い栗まんじゅう。

栗まんじゅうって、和菓子の栗まんじゅうじゃなくて、
栗の形をした、大判焼きでした。
群馬では回転焼きっていうのかな?
でも、普通の大判焼きよりも、あんこの割合が多い。
そのあんこが、塩がきいていておいしい!
すごいボリュームがありますけどね~。

そして…。

栗は入っていない!

桐生の人に聞いたら、
「あの値段で、栗が入ってるわけないじゃん~。」
と笑われてしまいました。
そっか~。

K071109
手前左が栗まんじゅう。
右の二つはカステラまんじゅう。
我が家では、栗まんじゅうの方が
あんことマッチしててうまい、という話になりました。

この栗まんじゅう、どうやら、やみつきになる味のようで、
私の次に買いに来ていたお客さんは、

「栗まんじゅう、25個ください。」

だって~!!!

| | コメント (6)

2007年11月13日 (火)

苗字を考えました。

桐子と生夫、私たちも群馬に来て一年が経ちました。
先日、二人で話をしていて、
私たちの苗字を考えることになりました。

「渡良瀬がいい!渡良瀬桐子。演歌歌手みたい~!」

別に二人一緒の苗字じゃなくてもいいよねってことで、
生夫は、
「桐生川生夫にする。なんか高級な感じがする。」
「神田川俊郎って感じで、料理人みたいだね!」

ということで、苗字が決定したんだけど、
その翌日、生夫が言いました。

「わし、桐生川はやめる。」
「じゃあ、何にするの?」


「覚満渕生夫(かくまんぶちなまお)。」



「おおー。かっこいいーーー!!!」

K071113
11月9日の覚満渕

覚満渕について

こんな二人です。渡良瀬桐子と覚満渕生夫を、
今後ともよろしくお願いします。

| | コメント (6)

2007年11月12日 (月)

わたらせ森と木のまつり

朝からお天気が怪しかった日曜日。
新川公園で、わたらせ森と木のまつりが開かれました。
チラシには、
「森からの贈り物を皆様にお届けします」
と書かれています。素敵ですね、なんか。
私は、雨が落ち着いた昼過ぎに出掛けました。
ネイチャーゲーム仲間が会場にいたので、
アンケートに答えると粗品がもらえるとか、
寄せ植え教室に参加したら?とか、
いろいろ教えてもらって楽しんできました。

会場は、「森からの贈り物」がたくさんでした。
きのこの試食、小枝やどんぐりで、自由に工作するコーナー、
椅子を作る木工教室、リース作りは盛況でした。
畳の張替えの実演もあり、見たことない職人技を見られて、
なかなか面白かったです。

参加した寄せ植え教室(無料)は、山野草の寄せ植えでした。
指導してくれるおじさんが、土を入れてくれて、
あとは、自分で何種類かの植物を植えました。
寄せ植え盆栽というのは、
自然の風景を自分流に鉢の中に表現するんだそう。
バランスを見ながら、植物の位置を決めたり、
石も置いたりします。
でも、あんまりよくわからずに参加した私は、石を置く段階で、
「石は、適当に置けばいいですか?」
って、鉢の中にごろごろ石を置いちゃって、
「適当じゃダメだッ!!!」
と、結局おじさんが、いいバランスに置いてくれました。
K0711112
こんな感じにできました。

なんか、前方がちょっと広すぎるような気がしますが、
おじさんは、目の高さまで鉢を上げてじっくり見て、
「いいと思いますよ、ゆったりしていていい。」
と言ってくれました。
大きなお土産ができて、うれしく帰ってきた私です。

でも、よく考えたら、ここに植わっている植物、
どれも名前がわからないや…。

| | コメント (5)

2007年11月11日 (日)

今週まとめて

今週は、母が桐生に遊びに来ていました。
去年、10月初旬に来て、それ以来。
去年は、メインが引越しの手伝い。
ちょこっと近くに遊びに行ったけど、
なんせ、私も道はさっぱりわからないし、
どこに何があるのやら…状態だったので、
遠出はできませんでした。

今回は、私たちが一年かけて調査した、
群馬の研究結果を発表したわけです。
いろいろ行ってきました~!!!
富弘美術館に行って、その後前橋まで。
こにタンさんのブログ「グッドぐんま」で紹介されていた、
群馬県庁昭和庁舎のライトアップを見る。
K071110
児童虐待防止推進月間のシンボル、
オレンジリボンを普及啓発するキャンペーンなんだそう。
県庁の展望ホールで、資料をいくつかもらってきました。

大好きな赤城山にも案内。
K071111
シラカバやダケカンバの白い幹が素敵な風景や、
カラマツの紅葉など赤城山の雄大さに、
母は感激していました。

沼田にも行きました。
道中の山の紅葉が、オレンジ、茶、黄色でとてもきれいで、
またまた母は大感激してました。
ゴールデンウィークに生夫と遊びに行って面白かった、
吹割の滝と、天狗のお寺、迦葉山に。
K0711111
道の駅でりんごも買いました。
これがまた、おいしいのです♪

群馬のほんの一部だけど、知った母の感想は、
「どこも、想像以上に規模は大きいし、すばらしい。」
とのこと。
私も、まだ群馬に住んで一年なのに、
「群馬、すごいらぁ~!!!」(←方言です)
と、自慢しまくってしまいました(笑)

生夫両親にも、また来てもらいたいなぁ~。
うちの父も来てもらいたいし…。
どこに案内するか…。
まだまだ調査の日々は続くのだ~♪

| | コメント (2)

2007年11月 4日 (日)

クラシックカーフェスティバルin桐生

11月3日、クラシックカーフェスティバルin桐生という、
古い車が集合するイベントがあるというので、
生夫と一緒に行って来ました。

展示されている車は、昭和50年以前の国産車と輸入車。
群馬大学工学部が会場となり、
200台の車がキャンパスにいっぱーい並んでいました。

金曜日の夜に、多摩ナンバーの、
黄色くて平たいスポーツカーが(こんな表現でごめんなさい)
本町通りを走っているのを目撃しました。
私は車がよくわからないので、
「なんか、かっこいい車!」
としか思わなかったんですが(情けない)、
その車は多分これだと思う。
K071103
フェラーリ・ディノ

これは、どこに駐車するんだろうというような、
アメ車のでっかいのとか、
フランスの車とか、見たことない車とか、
本当にいろいろなクラシックカーを見せていただきました。
K0711031
フランスの車

K0711032_2
テントウムシ(スバル360)
愛嬌があって、かわいい!!!

K0711035
ホンダの車。こんなオープンカーでドライブしたい~!

K0711034
カローラ・レビン。なつかしい~。

出掛ける前は、生夫はあんまり乗り気じゃありませんでした。
「クラシックカー見に行こうよ~!」
「うーん、じゃあ、ぷらっと行ってみますかの。」
って感じで、しょうがないなぁって感じでした。
それがそれが…
会場に着いたら、生夫の目が輝いた!
「あー、懐かしいな~!」
「サーキットの狼で風吹裕矢が乗っていた車だ!」

大喜びでした。よかった、よかった。
オーナーさんも親切で、
「乗っていいよ。」
なんて、運転席に座らせてくれました。
古くて手がかかるけど、かわいくて仕方がないっていうのが
すごく伝わってきました。
いろいろお話できて、楽しかったです。
K0711033
座らせてもらって、生夫、大感激だった、
三菱ミニカ。実家で乗っていたらしい。
当時のままのハンドルカバーなど、こだわりが。
メーターとかも、なんかレトロでかわいい。

すごくたくさんの人たちが来ていました。
中でも、おじさんたちがとても楽しそうだった!
みんなでなつかしの車を囲んで話をしている姿。
いろんな思い出があるんだろうなぁ~。

今回のフェスティバルに参加している車は、
自走できる車が原則となっています。
フェスティバルが終わると、
珍しい車が走っていくことを知っているのか、
本町通りには、「何かを待っている」人たちが結構いました。
まだかな、まだ走ってこないかな~?って顔してた気がします。
確かに、停まっているのをじっくり見るのもいいけど、
走っている姿も見てみたいものだよね。
今回2回目だったこのイベント、また来年もあるといいな~。

| | コメント (10)

2007年11月 2日 (金)

三日月村

ちょっと前の話になっちゃうけど、
10月28日は、群馬県民の日でした。
この日は、いろんな施設が入場無料になったり、
見学ができたりと、
「もー、体が3つくらい欲しい!!!」
と思ってしまう日なのです。たくさん周りたいもんね~。
「どこに行く~?ココとココは行きたいなぁ~。」
と、家族会議が開かれ、
ワンマン社長の桐子さんの意見が
全面的に取り入れられました。
というか、生夫くんは、考えるのが面倒なだけ…(笑)

で、まず行ったのは、太田市薮塚にある「三日月村」。
江戸時代みたいな建物があるらしい。

入場料の600円が無料になるということで、
喜んで出掛けたのですが…。
「駐車料金、600円になります。」
えぇ~。有料なの~?
入場は無料なのに、入り口で列ができている。
三日月村の中では、現代のお金が使えないので、
皆さん、「文」に両替をしているところでした。
100円=1文の計算です。
どうやら、中のアトラクション(?)はお金がかかるらしい。
えぇ~。有料なの~?
使わなかったら換金できるということなので、3千円両替。
K071102
これが「文」。

からくり屋敷に入りました。1人5文。
K0711021
この障子の前でしばらく待っていると、
係りの人が案内してくれます。
たぶん、普段だったら、少人数で回れると思うけど、
この日は「県民の日」。
すごくたくさんの家族連れが来ていて、
からくりの部屋がいっぱいになるくらいの人数。
からくりは、代表1名が解くって感じになってしまいました。
私もからくりを解いてみたかったな~。
でも、「ええー、こんな風になってるんだ」とか、
「こんなところから階段が!!!」など驚いた。
元気な子どもたちがかわいかったです。

他にも、「不可思議土蔵」とか、「戯揶満館」とか、
「怪異現洞」とか、怪しいスポットもありました。
K0711022
怪異現洞の入り口。
この奥はどうなっているんだ~!!!
ここも入ればよかったなぁ。
なんせ、県民の日でいろんなところに行きたかったので、
焼きまんじゅう(2串4文)を食べて、三日月村をあとにしました。
県民の日じゃない場合は、
「セット券」があると書いてありました。
もしかしたら、そっちのほうがお得だったかも。
んー、でも、せっかく江戸時代なんだから、
「セット」と言わず、何か違う言い方を…
生夫と考えてみましたが、いい言葉が思いつきませんでした。
「お買い得券」という意見が出たんですが、イマイチですな。

三日月村HP

| | コメント (4)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »