« 桐生の紅葉2007 | トップページ | わ鉄の各駅イルミネーション »

2007年11月30日 (金)

ローランサンの小部屋

先日、前橋に行ってきました。
県庁向かいの群馬会館の地下にある、群馬食堂で、
念願のオムライスを食べました♪
バクバク食べちゃったので、写真はありませんm(_ _)m
おいしかった。丁寧に作られてる~って感じだった。
私だったら、具材を一気に入れて炒めて、
で、ご飯を入れてってやっちゃうけど、
入っていたチキン、これが香ばしくて、
それだけ、カリッと焼いてありますってのがわかりました。
店内もおしゃれで、今度はゆっくり行きたいです。
群馬食堂HP

で、その後、県庁の昭和庁舎で行われている、
「ローランサンの小部屋」という絵画展を見て来ました。
群馬県近代美術館が、改装中でずっと休館しています。
私が引っ越してきたときには、すでに入れなくて、
まだ入れない。つまり、私は一度も行ったことがない!!!
今年度末まで工事しているらしいです。
工事が終わったら、早速行ってみたいところです。
で、工事中で入れないので、昭和庁舎に出張して、
展示が行われています。
この、昭和庁舎の展示のうれしいところは、
100円というところ!点数は少ないんですけどね。
あんまり時間もかからないし、100円なら、ちょっと見ていくか!
って気になりますよね~。
実際この日も、たくさんの方がご覧になっていましたよ~。

今回は、長野県蓼科の
「マリー・ローランサン美術館」の協力で、
実現しているそうです。

マリー・ローランサンは、女性で、
絵はどんな感じかわかっていたけど、
本物をこれだけまとめて見たのは、初めてだと思います。
人物画が多かったけど、どの人間も生き生きと、
そして妖艶だった。
肌の色が白っぽくて、グレーが周りにあって、
そして、パステルカラーが加わる。
死ぬ数年前に描きあげたという絵が、70過ぎて、
こんな美しくロマンチックな絵が描けるなんて!!!
と、衝撃でした。
いつまでもかわいらしく少女みたいな人だったのかなぁ。
ウラヤマシイ。

絵の前で、動かない若い女性とか、
「この絵にはサインがないわね。」と、
細かいところまで見てる人とか、
たくさんの人がゆっくり鑑賞していました。
昭和庁舎は建物が古くてとても素敵なんだけど、
この、展示室が、壁は金色っぽい布で、
カーテンもついていて、なんか、貴族の住んでる部屋みたいな、
そんな感じなんです。
部屋の雰囲気と絵がとても合っていました。

12月16日まで開催中です。
詳しくはコチラ↓
http://www.mmag.gsn.ed.jp/kikaku.htmb

見終わったら、昭和庁舎の中にある喫茶店、
G faceでお茶すると、最高な雰囲気だと思うな~。
G face HP

|

« 桐生の紅葉2007 | トップページ | わ鉄の各駅イルミネーション »

コメント

おひさです~。
桐子さん、群馬はなんでこんなに見所満載な土地柄なんでしょう!(溜息…)いいなぁ~
アート、観光、食…あ、でもこれは桐子さんがアクティブに行動してくれているからかも…
どの記事を読んでも行きたくなるもの。早く行けるといいな(^^)

投稿: junjun | 2007年12月 1日 (土) 21時17分

どもども!!!群馬、なかなか素敵でしょ~♪
県庁にも行きましょうね~。展望ロビーがGOODなんです。
あとは?あとは?どこに行く~~~???
車で1時間ちょっとのところに、いろいろあるので面白いです。
今後は、縄張りを広げて、車で2時間範囲も探検したいです。

投稿: 桐子→junjunさん | 2007年12月 1日 (土) 22時25分

マリー・ローランサン、淡くて、美しくて。少女の絵が多いのかしら~?70歳過ぎてもあの感じの絵だったんだぁ、おお。
なんとなく、いわさきちひろを思わせるような。
本物見てみたいな~。。。妖艶かぁ(*^m^*)

投稿: naococo | 2007年12月 2日 (日) 01時35分

少女というよりは、もう少し大人な女性が多かったかな。
ローランサンの絵って、小物にもなってたりするけど、
本物はまたなんとも言えない雰囲気がありました。
東京の美術館なら、どこかで見られそうだよね~。
出会えるチャンスがあるといいですね~。

投稿: 桐子→naococoさん | 2007年12月 3日 (月) 00時16分

桐子さん、おはようございます。
ヴェグナーの展覧会の時から時々拝見させて頂いています。桐子さんは色々積極的に展覧会にいっていますね。100円で名画が楽しめるなんて、県庁も粋なはからいですね。
桐生は大川美術館があるのですよね。昨日NHKの日曜美術館をみていたらアートシーンで展覧会が紹介されていました。安藤哲夫という方の絵で雰囲気があってとても素敵でした。私は館長さんが監修した絵本が大好きで持っているのですが、まだ美術館は行った事がないのです。ぜひ1度行ってみたいです。

投稿: katokyo | 2007年12月 3日 (月) 06時57分

katokyoさん、こんばんは~!
私もちょくちょくお邪魔してます。実は…(笑)
ご主人となんともゆったり暮らされててうらやましいです。

大川美術館、またアートシーンに出たんですか???
見損ねた~~~。
安藤哲夫展、見てきましたが、すごく塗ってありました。
前に描いたのをまた出してきて塗ったりしていたそうで、
本当に絵の具の重なりがすごかった。
それが迫力になっていましたよ!
アットホームな感じの良い美術館です。是非今度♪
私は館長さん監修の絵本、知りませんでした。
今度行ったときに聞いてみます~!!!

投稿: 桐子→katokyoさん | 2007年12月 3日 (月) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桐生の紅葉2007 | トップページ | わ鉄の各駅イルミネーション »