« クリスマスグッズ | トップページ | ミルクランド東毛のソフトクリーム »

2007年12月10日 (月)

ショール展

日曜日で終わってしまったのですが、
桐生市市民文化会館の地下一階の展示室で、
「179枚のショール展」が開かれていました。

文化会館には、学習室やアトリエがあり、
そのアトリエで開催されている
Weaving Craft VEGAというグループの作品展です。
指導されている土田先生と、
先日お話しさせていただいたので、お邪魔してきました。
作品展のタイトルには、「179枚の…」とありますが、
実際には、200枚以上あるんだそうです。
それを、なんと、12人の生徒さんが織ったとのこと!!!
一体一人何枚織り上げられたのでしょうかッ!!!びっくり。

写真撮影と、ブログに載せることをお許しいただいたので、
素敵な作品をご覧ください。

K0712102
カラフルな作品もありましたし、
K0712103
白のショールたちも。
白は白でも、毛糸の種類とか、織りかたとかで、
どれも個性がありました。素敵です。
K0712101
こんな風に織ることもできます。

びっくりしたのは、これら、たくさんの作品が作られたのが、
とてもシンプルな織り機だということです。
綜絖(そうこう)が何枚もあって、パタパタ織るのかと思ったら…。
K071210
こんなシンプルなんです。手前をひざの上に乗せ、
上を机に引っ掛ける形で使うそうです。
出来上がるまでは大変でしょうが、
色あわせを考えたり、段々出来上がっていくのを見るのは
楽しいだろうなぁと思いました。
どうやって織るのかとか、いろいろ質問して帰ってきました。

このショールたちは、それぞれ、
クリスマスプレゼントになったりするそうです。素敵ですよね。

|

« クリスマスグッズ | トップページ | ミルクランド東毛のソフトクリーム »

コメント

白のグラデーションが綺麗ですね! 私も以前、白い和紙ばかりを集めたことがありました。本当に沢山の「白」がありました。ミルクホワイト・ベージュっぽい白・ブルーがかった白・赤みのある白・・・・、ステキでした。

投稿: 猫式 | 2007年12月11日 (火) 11時42分

白っていっても、本当にいろいろありますね~。
猫式さんは、お仕事でそういうのをたくさん見て、
使って…そして生まれるイメージが素敵です!!
紙も、素材がいろいろだから、面白そう~。

投稿: 桐子→猫式さん | 2007年12月12日 (水) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマスグッズ | トップページ | ミルクランド東毛のソフトクリーム »