« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

布の絵本展

桐生市役所1Fロビーで開催中の、
桐生市婦人団体連絡協議会(桐婦連)の皆さんの
「布の絵本展」を見てきました。

桐生では、2年に1度、
「布の絵本コンクール」
が開かれています。
これは、全国から応募があり、ちょうど昨年、
平成19年が第5回目でした。
桐婦連の皆さんは、第3回目から参加していて、
今回は、今までの応募作21点のうち、
18点を見ることができます。

桐生は織物の街なので、桐生の布を生かすということを
考えて作られているそうです。
織物工場から出た残布をもらって、
自宅にある布を使って…、
買ったりせずに作っているのがすごいと思った。
そういう布が手に入りやすいのも、さすが織物の街。

こちらは、第5回コンクールで、
織物のまち大賞を受賞された作品です。
K080131_3
「戦争の風景」
真ん中の出征する人は、背中にスナップがついていて、
取り外しができるようになっています。
K0801311_3
電車の速度が落ちるカーブで、
ヤミ米を投げる人たち。それを家族が待っていて拾う。
駅に着くと、取り上げられてしまうので。
こういうことが、桐生でも見られたそうです。
落ちたお米がばらばらになって、
泣きながら拾っている人もいたと。
このシーンでは、電車の窓のところにある荷物が、
紐を伝って、下に動くようになっているんですよ~。

K0801312
これは、桐生市役所の前に植えられている、
サルスベリの木のお話です。
市役所前の立派なサルスベリと、
キンモクセイは、桐生川のダムができるときに、
沈んでしまうものを移植したんだそうです。
そういう、地元の歴史が布の絵本で読めるって、
やさしくていいですよね~。
ちなみに、この幹に使われている布は、
「桐生お召し」なんだそうです。

布の絵本を作るときは、各婦人会で集まって作られるそうです。
緑は緑でも、濃い緑、明るい緑などたくさんなので、
そのシーンにしっくりくる布を選ぶのが本当に難しいそうです。
でも、ネクタイの柄をうまく山にみせていたり、
上手に使ってありました。
布のやさしさが伝わってきます。

市役所一階ロビーということで、
スーツ姿のおじさんとか、たまたま市役所に来た人も、
ちょっと見たら、全部見たくなっちゃうって感じで、
あれもこれも見てましたよ~。
大人も楽しくなっちゃう、布の絵本です。

この「布の絵本展」は、2月7日まで開催。
ただ、市役所ロビーなので、土日はお休み。
時間は、午前9時~午後5時までです。

| | コメント (4)

2008年1月30日 (水)

カモ、ホフク前進!

この前、生夫と一緒にカモを見に行きました。
といっても、寒いから、ちょこっと見るだけなので近場です。
桐生競艇場の横に、割と大きな池があって、
そこにカモが渡ってきています。
生夫は、「キンクロハジロ」が見たいらしいのですが、
いまだ出会えず…。
この日は、オナガガモとバンがいました。

生夫が、草をちぎって、えさを投げるまねをすると…。
K080126
来た来た~~~!!!
泳いでくるものもあれば、遠くからわざわざ飛んでくるものも。
で、結局エサは持っていないので、
「なんだよぉ。おっさん、エサないの~???」
って感じで、こっちを見ていました。ごめんね。

オナガガモなので、オシドリじゃないけど、
オシドリ夫婦なオナガガモがいました。
K0801262
仲間からは離れたところに、二羽でずっといました。
ラブラブ夫婦ですね。

笑ってしまったのが、これ。
K0801261
この格好で、くねくねしながら前進している!!!
たぶん、水面の何かを食べていると思うんだけど、
ホフク前進してるみたいで、おかしかった~!!!
動画で撮ればよかった。くねくね~くねくね~♪

この前は、氷が張った池の上に、カモがいました。
一緒に凍っちゃうことはないんですね。
エサはどうしてるのかなぁ。
少し前、すごい強風が吹き荒れている日があった。
そんな中、カモも耐えてるのかなぁ。
また、どこかに観察に行きたいと思います。

カモちゃんたち、まだ帰らないでね~~~!!!

| | コメント (6)

2008年1月29日 (火)

氷上ワカサギ釣り

今回、知り合いに手伝ってと言われ、
プログラムが送られてきたときに、
私の目が光りました。キラン☆

「ワカサギ釣り体験」

と書いてあったのです。
去年、生夫と、様子だけ見に来ましたが、
結局去年はチャレンジできず。
ついに、体験できるぞー!と張り切っていました。
手伝いということを忘れて…。

日曜日にワカサギ釣りをしたんだけど、
赤城山の山頂には雲がかかっている。
桐生の友達の話では、桐生からは赤城山が見えなかったと。
「どうしてるかなぁって思ってたんだよ~。」

もう、もう、猛吹雪でした~(T△T) 

それでも、大沼まで行きました。
で、竿などのレンタル屋さんに話を聞く。
エサの付け方、糸のたらし方、魚の誘い方など。
とりあえず、エサをつけることになったんですが、
エサはうじ虫
子どもたちは、「やだー!」と言って触らない。
でも、一つやってあげると、
「触ってみようかな。」
「案外平気!!!」

となりました。どうしてもヤダって子もいたけどね。

で、準備ができたところで、いよいよ外へ。
椅子を持って出て行きます。

大沼の上は、だだっ広いので、風を避けるものがない。
風が吹いていないときは、
こんな感じで向こうのテントも見えますが…
K0801291
すごい風と共に、視界が真っ白になります。
そうなったら、向こうも見えません。ヒュゴーーーー!
K080129
真ん中のテントが上の真ん中のと一緒。
いかに猛吹雪かわかりますか?
この前、映画「アース」を見たんだけど、そこに出てきた、
南極の吹雪の中を歩いているシロクマを思い出してしまった。

こんな過酷な状況の中、今回はなんと!!!

テント無しッ(T-T )

そんなに長時間じゃないから、仕方ありません。
でも、この吹雪の中、糸を穴に垂らすのは
容易なことじゃありません。
釣り糸が飛ぶ飛ぶ!
針が5本ついているんですが、針同士が絡まる!
それを解くには、手袋をはずさなければならない!
「手伝い」の私は、やらないわけにいかない!
大変でした…。
絡まったまま、釣り糸を垂らしちゃった子もいたし、
風で、糸が穴の周りの氷にくっついちゃって、
たとえ、下でワカサギがかかっていても、
わからないよね、これじゃ。
でも、寒い中、みんながんばりました。
K0801293
氷に開けた穴は、この寒さですぐに氷が張る!
私はそれを網ですくったり、絡まった針を解いたりしていたら、
あっという間に時間が経ってしまいました。
そして、子どもたちの釣果は…。

…0匹。

その後、食事は誰かが釣ってくれた(笑)
ワカサギフライを食べました。
あーんなに寒かったのに、
「もう一回釣りに行きたい!」
って子どもたちは言っていました。すごいなぁ。
時間がなくて、それはできなかったけど、
良い思い出…強烈な思い出(?)になったかな?
今度は晴れた日に挑戦したいね!

| | コメント (6)

2008年1月28日 (月)

「かんじき」体験

土日と、知り合いに頼まれて、
自然教育プログラムのお手伝いに行ってきました。
手伝いというより、子どもと一緒に遊んできたって感じですが。
赤城山の冬の自然が舞台でした。
ソリをしたり、かまくらを作ったり、雪遊びをしたり…。
私は、かんじき体験をしました~。
「スノーシューがやりたい、やりたい!!!」
って、以前から言っていたら、その機会が巡ってきました。
スノーシューじゃなくて、昔ながらの形ですが…。
K0801275
履くときに、紐の結び方がややこしく、
子どもたちは足が小さいので、脱げちゃったりして、
なかなか進めなかったんですが、
「そうか、ここにも紐を通すんだ!」
という発見もあり、面白かったです。
K080127
こんな感じで履けました。
雪が入らないように巻く、レッグウォーマーみたいな、
スパッツというらしいですが、これ、
今回初めて使ったけどすごく温かかった!
あるのと無いのじゃ大違い。

誰も歩いていない、真っ白な雪を進みます。
動物は歩いたかもしれないけどね。
K0801274_2
かんじきは、雪の上を軽々と歩けるものだと思っていましたが、
雪が深いところでは、結構ズボズボ埋まってしまいます。
やってみて、わかりました。
体力がいるということが…。
でも、子どもたちは元気でした。
平成10年生まれだもんね、そりゃ若いわ。

野うさぎとか見てみたかったけど、
元気にワーワー歩いていったので、
いたとしても先に逃げちゃいますね、きっと。
雪がどっさり積もった枝の近くを歩いたり、
雪の上に落ちている、小さな十字架みたいな、
白樺の種を教えてもらったり、発見もたくさん!
今度は、もう少し長い時間歩いてみたいな~。

もちろん、本日、バリッバリの筋肉痛でーす。

次回は、極寒のワカサギ釣りについてお届けします。

| | コメント (6)

2008年1月25日 (金)

お正月の遊び展

桐生市立郷土展示ホールで開催中の
「お正月の遊び」展を見に行ってきました~。
お正月の遊びって言ったら何ですか?
やっぱ、上毛かるた?!

今回、展示を見に行ったら、あまりにもキレイで、
何度も何度も見返してみたくなるような、
できれば、うちに持って帰りたいほどのものがありました。
でも、それは無理なので(当たり前)、ホールの人に、
「写真って撮ってもいいですか?」と聞いてみると…
「どうぞ、どうぞ。」
「それをブログに載せてもいいですか?」
「どうぞ、どうぞ、どんどん宣伝してください。」
と言っていただきました~ありがとうございます。
日にちがあんまりないけど(汗)、宣伝します。

今回の展示は、昔ながらのお正月の遊びでした。
羽子板、独楽、かるた、トランプ、双六…などなど。
羽子板は、室町時代に中国から伝わったそうで、
羽を突いて遊ぶ以外に、厄除けとか邪気除けとか、
時代によって意味がいろいろだったらしい。
立派なものもありました。
K0801254

めんこは、私はやった記憶が無いんだけど、
たくさん展示されているめんこの中には、
知ってるキャラクターのものもあって、
それを見つけるのが嬉しかったりして。
K0801253
ハクション大魔王とか、あしたのジョーのめんこもありました。
今って作られてるのかなぁ?カードになっちゃったかなぁ?

私が欲しくなってしまった双六が、コレ!
K080125
少女倶楽部という雑誌の新年号の付録だったそうですが、
なんと、なんと、大正13年のものなんだって!!!
色がすばらしくキレイで、絵がこれまたかわいい!!!

木の周りで踊っている花の精の女の子たちの衣装。
K0801251
バラちゃん、リンドウちゃん、サクラちゃんかな?

K0801252
アジサイちゃんとチョウちゃん。
アジサイだと思うけど、持ってる葉っぱがちょっと違うかなぁ?

当時の女の子たち、この双六を宝物にしただろうなぁ…。
大事に大事に遊んだに違いない。
私は、画像をトリミングして、携帯電話の待ち受けにした。
私もまだまだ「女の子」でーす♪うふ。

お正月の遊び展は、1月31日(木)まで、
桐生市本町5丁目の桐生市立郷土資料展示ホールにて。
クラシックカメラのコレクションは常設です。
入場無料。月曜日はお休みです。

| | コメント (4)

2008年1月21日 (月)

再び、大群馬展

前々から、親戚や知り合いに舞茸を送ろうと、
生夫と話し合っていました。
あんな大きな舞茸、見たことないので、
面白くていいんじゃないかということで。

日曜日、舞茸を買いに赤城山の麓に行こうと思っていました。
「でも、舞茸だけじゃ、なんだよね。」
「もう一つなんか、別のものを入れたいよね。」

そこで、私は思い出してしまったのです。
先日行った大群馬展に、「舞茸」が売っていたことを…。

大群馬展に行けば、舞茸も手に入るし、
他に群馬らしいものも選べる。

「よし!大群馬展に行こう!!!」

ということで、また行っちゃいました~。
たぶん、私が興奮して大群馬展について話していたので、
生夫も、ちょっと行ってみたくなってたんだと思います。

一回目の大群馬展は、あれもこれもと目移りしちゃって、
後でこにタンさんのブログを拝見し、
「あぁ~、私は何をやっていたんだッ…。」
と、一人、大反省会を開いていましたが、
二回目ともなると、冷静に品物を見ることができます。
まず、お昼ご飯を買って食べるつもりだったので、
舞茸弁当もちもちシュークリーム餅餃子
K080121
梅酒も買ってきました。
こにタンさんのブログに超影響受けてます(笑)

他に、群馬オリジナル品種のイチゴ
やよいひめ
K0801211
甘いだけじゃなくて、酸味もあって、
すごく、さわやかな味でした。

福嶋屋製菓舗(玉村町)の生ロール(珈琲)
K0801212
このお店は、大正元年創業。
この生ロール、
保存料、添加物は一切使用してないんだそう。
冷凍保存することもできるって書いてあるけど、
その前に食べちゃうよなぁ~。

あ、それから、この大群馬展、抽選会もあります。
なんと、生夫が、下から二番目の賞が当たりました!
今回出展しているお店の品物プレゼントということで、
うちは、ウインナーが当たりました。
すごーくうれしかったです。あー、楽しかったぁ~!
さとたけさんに、30日からの高崎の群馬展について
教えていただいたので、今度は、そっちにGO!!!
忙しい、忙しい(笑)

| | コメント (4)

2008年1月19日 (土)

特急りょうもう号

今日は東京に行ってきました。
群馬に暮らすまでは、
「群馬って、東京からまだまだ時間がかかる。」
と、思っていました。
でも、東武鉄道の新桐生駅から、
一時間半で一応東京には着くんだよね~。
都心に出るにはさらに時間がかかるから、
まあ、2時間と見ればいいでしょうか。近いもんです。

東京に行くときは、東京メトロパスを買います。
東武鉄道の往復乗車券(特急券は別)と、
東京メトロを何度乗り降りしても一定料金。
今日は、北千住で降りて、メトロ、JR中央線を使って、
国立へ行ってきました。
で、帰りに、表参道のギャラリーに寄って帰ってきました。
地下鉄乗り放題なので、一駅でも乗ったりして。
メトロパス、最高です。
で、また、特急りょうもう号に乗って帰ってきました。
りょうもう号は、全席指定席です。
K0801191
帰りは一号車だったので、降りてから撮影。
K080119
走り去る、りょうもう。かっこいいね~。

この電車に乗って、東京から約二時間です。
遊びにきてね~~~!!!

| | コメント (4)

2008年1月18日 (金)

大群馬展

今日は、前橋に行く用事がありました。
前橋まで行くと、桐生からでは見えない山も見えます。
K080118
榛名(はるな)山
この山も、ゴチゴチしていてなかなかかっこいい。

K0801181
初めて見たとき、富士山だと思った、浅間山
近くまでいつか行ってみたいな。

で、用事が終わった後に、
スズランというデパートでやっていた、

「第三回 大群馬展」

に行って来ました!
デパートの催事場って、北海道展とか、
九州物産展、宮崎フェア、駅弁大会など、
遠くてなかなか行けないところの物産展、
というイメージがあるんだけど、
自分の県の物産展をその土地のデパートでやるって、
群馬の人は群馬が好きなんだなぁ~。
平日で、物産展は5時までらしいんだけど、
5時近かったのにすごくにぎわってたしねぇ。
群馬県民の愛県心はすばらしいッ!!!
それだけおいしいものがたくさんあるんですね。

で、群馬の物産を見て回りましたが、
それが、もう、全部買いたいものばかりで!!!
困った、困った(笑)
こんにゃく、キムチ、たくあん、豆腐、ホルモン焼き、
を買ってきました。
まだ、群馬の物産について、勉強不足なので、
もしかしたら、
「あのお店の、あの品物が出ているッ!!!」
てのがあったのかもしれません。
私はイマイチわからないので、うろうろうろうろしまくって、
これだけ買ったわけです。

あと、食べ物じゃないけど、
私が前に、桐生で開催された伝統工芸品展で買った、
沼田の座敷箒のおじさんが、
実演販売をしていました。
思わず、
「私、おじさんの箒使ってますよ!
 とっても使いやすくて、活躍してますよ!」

と言ってしまいました~。
おじさんの芸術的な箒の写真の載った日記は→ココ

今日は生夫が飲み会だったので、私は一人寂しく(?)
豆腐だけ一つ食べました。
また明日以降いろいろ食べたいと思います。
K0801183
このこんにゃく、食感がとてもよかった。早く食べたいな~。

第三回 大群馬展は、1月22日(火)まで
前橋スズラン 8階催事場にて開催。

| | コメント (7)

2008年1月16日 (水)

甘味処「ガス灯」

最近、私と生夫の間でブームなのが、

ココア

特に、生夫は、「茶色いものはうまい」信者なので、
ココアは、「茶色の中の茶色!」
(男の中の男みたいな感じで↑)
「King of chairo!」なんだそうで。

桐生市本町5丁目の角に、桐生ガスプラザがあります。
元々は銀行だったそうですが、
今は、桐生ガスのガス機器の展示がされています。
1階に甘味処「ガス灯」もあります。
今日はそこでココアを飲んじゃいました。

本町通りを眺めながらお茶ができます。
K080116
右のバスは、「おりひめバス」です。名前がかわいい。

店内、結構混んでいました。
人が出れば、また人がくるって感じで。
で、ココアが運ばれてきました~♪
K0801162
これだけだとわかりづらいかもしれませんが、
カップが大きい!
カフェオレボウルみたいな!
写真を撮るのにもたもたしていたので、
浮かんでいた生クリームが解けてしまいました…。
これで、お値段300円!!!うれしいぃぃ~♪
温まる~、満足でした。
砂糖が立ってる入れ物も、木で、
ピノキオみたいな人形がついててかわいかったですよ。

このお店は、あんみつ類もおいしいんです。
また、食べたら忘れずに写真を撮りますね!

で、以前ここで、クリスマスカードを買った話を書きましたが、
今日、「赤ちゃんが産まれた!」
と友達から連絡が入ったので、
お祝いに、ドイツ製の木のおもちゃを買いました。
こにタンさんのブログに登場していた
黒田人形店のおもちゃみたいです。
ここ、行ってみたかったので、ちょっとうれしかった。
今度は前橋のお店にも行ってみたいです。

なんか、話があちこちしてしまいましたが(^_^;)
おいしいココアと、うれしい発見の一日でした!

| | コメント (10)

2008年1月15日 (火)

そういえば

以前、桐生の骨董市で買った羽織。
2007年9月1日の記事
K070901
これを解いて、洋服を作りました。
手前の白い羽織が、チュニックに。
去年すでに完成していたけど、UPするのを忘れていました~。
K080115
毎週一回、教えてもらい、完成しました。
300円の羽織ですよ、300円
羽織を解いたら、本当に丁寧な仕事がしてあって、
それに感激しました。解くのが申し訳ないくらい。
でも、こうして、別の形で生き返ったので
許してもらいましょう。

今は、モスグリーンの羽織で、スカート製作中。
この前、仮縫いして履いてみました。
お正月をはさんだからか、、
ウエストがきつくなっているような…。やばい。
もう一つのは、カフェエプロンにでもしようかな。
また、骨董市に、いいもの買いに行きたいなぁ~♪

| | コメント (5)

2008年1月14日 (月)

オシドリはどこに?

コノドント館で、いろんな資料を見ていたら、
高津戸渓谷に、オシドリがいるという記事がありました。
ここにも載っています→コラムのページ

私と生夫は、カモを見に行くのが好きです。
カモハンドブックという本を持って、
双眼鏡を持って、見に行きます。時々忘れるけど。
しかも、寒いときは行かないという、
それくらいのカモ好きなんですが…(笑)
オシドリは、いつか、本物を見てみたいと思う鳥です。
美しいですよね。でも、警戒心が強いんですよね。
それが、高津戸渓谷にいる???
コノドント館の帰りに、チラッと見ていくことにしました。
高津戸渓谷は、秋には紅葉が美しい場所です。
K0801132
行ってみると、長いレンズでカモを撮影している人が。
オシドリかと思いきや、その人は、マガモを撮影していた。
「オシドリがいるって聞いてきたんですけどー。」
と聞いてみると、もっと下流の方じゃないかなということ。
遊歩道を行けば、川が良く見えたのかもしれませんが、
昨日は、めちゃめちゃ寒かった!
しかも、だんだん日が暮れかかってくる時間。
とても寒くて歩く気になれず…。
とりあえず、駐車場の近くの橋から下をのぞいてみました。
鳥が浮かんでいます。
K0801133
ちっちゃッ!!!何の鳥なのかわかりませんね。
マガモたちでした。
K0801131
ズームアップして撮ったので、イマイチ。
見た感じ、オシドリはいなさそうでした。

帰ってから、ネットでいろいろ調べてみると、
やっぱり、オシドリは高津戸渓谷のダムの方にいるみたい。
これは、今度生夫と一緒に、双眼鏡持参で来なくては!
さて、いるかなぁ?見えるのかなぁ~???

今日は、カモの写真がブレブレで、イマイチだったので、
最近購入した、生夫のトランクスの柄を最後にお届けします。
人のパンツなんて見たくないって???
K0801135_3K0801134_2

カルガモパン        マガモパン

と、我が家では呼んでいます。
ユニクロで、二枚で990円だったかな。
二枚ともカモを買ってしまった私。
生夫も大喜びで履いています(笑)
他の種類のカモもあればいいのに、とか言って。
まだ、今ならこの柄あると思いますよ~。
カモパン履いて、カモの観察…いいねぇ!

| | コメント (4)

2008年1月13日 (日)

コノドント館

みどり市のコノドント館に行ってきました。
(コノドントについては、ココ
コノドント館HP
大正10年に建てられた、元々銀行だった建物です。
K080113
今は地元の自然について、民俗について、歴史について、
などの展示室になっていますが、
「ここって、たぶん、金庫だったところだよね~。」
というようなものも、そのまま残っています。
私が入館したら、ちょうど、
立体映像の上映が始まるということで、
私も、3D専用眼鏡をかけて見ました。
恐竜の物語だったんですが、
ティラノサウルスに、食べられるかと思った!
顔がぐわーーーっと飛び出してくるんですもんね~。
なかなか面白かったです。

で、私が今回コノドント館を訪れたのは、
昭和30年代の暮らしを振り返る、
「おもいでの玉手箱」という企画展を見に。
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」あたりから、
この時代がクローズアップされてますよね。
私はもう少し後に生まれてますが、
見たことあるものや、使ってたものも並んでいて、
なんだか、懐かしかったです。
蚊帳とか、黒電話とか、ちゃぶ台、羽子板など。
昔の買い物かごがかわいかった。
なんか、ナイロンで編んであるような…。ありましたよね。
今欲しいと思ってしまいました。
不二家フルーツドロップとかも懐かしい~。
この企画展は、2月11日(月)まで開催しています。

コノドント館は、入館料大人100円、子ども50円
このお値段で、盛りだくさんな内容。
楽しめますね~♪

| | コメント (2)

2008年1月12日 (土)

草木ダム

昨日、草木ダムの見学に行ってきました。
桐生市は、このダムの水を使っているそうで、
私もお世話になっているのです。
K080112
今は、ほぼ満水状態。
満水で、6,050万立方メートル、
東京ドーム49杯分貯まるそうです。

草木ダムは、渡良瀬川の水を貯めています。
渡良瀬川の上流には足尾があります。
足尾と言えば、足尾銅山
江戸時代、日本を代表する銅山でしたが、
足尾鉱毒事件は日本最初の公害となりました。
前に、足尾銅山観光に行きましたが、
今も禿山状態の山にショックを受けました。
草木ダムでは、現在でも、
ダムの水の重金属の検査を欠かさないそうです。
そういう検査のできる、水質分析室があるというのは、
全国のダムでも、珍しいそうです。
もし、何か混じっていたらすぐにわかるというのが、
安心につながりますよね。

ダムといえば、でっかいコンクリートの壁。
そこにはなんと、エレベーターがついているんです!
壁の一番上から、エレベーターで、降りていくと…。
真っ暗!!!しかも、ひんやりしている!
すぐ電気をつけてもらえましたが、
なんだか、ドキドキしますよね~。
あんなデッカイ壁の中にいるかと思うと…。
K0801121
通路は、天井が低くて狭い。
歩いていくと、一枚の扉が見えてきました。
そこを出ると!!!
K0801122
ドドーン!と、ダムがそびえていました。
でっかーい。
この中をエレベーターで降りてきたのかぁ~。

ダムの水は、すぐ隣にある発電所に引かれていて、
そのまま、なんと、水専用のトンネルで、
小平発電所まで流しているんだそうです。
その後、高津戸発電所で、また渡良瀬川に水が戻るそうです。
トンネルが掘ってあるなんて、なんか信じられないよね~。

でも、ダムの状態によっては、放流することもあるんだそうです。
K0801123
ダム、全体像。
上の青いところ、その下の二つの穴、
それから、もう一つ、横にも水を流すところがありました。
洪水が起きそうだとか、そういうときには、
職員の皆さんが判断して、放流するそうです。
自然相手なので、なかなか大変ですよね~。

話を聞いてびっくりしたのだけど、
このダムの水は、東京でも使われることになるそうで。
たくさんの人が利用している水なんですね。
当たり前に水道から出てくる水だけど、
いろいろな人が関わって私たちの元にやってきてるんだなあ。
大事に使わないといけませんね。

ダムの見学は、団体はもちろん、個人でもOK。
職員の方が、本当に詳しく説明してくださいますし、
説明ホールには、ダムの動きなど仕組みのわかるものも。
どうやって、水を流しているかとか、面白かったです。
見学は、事前に予約が必要です。
詳しくは独立行政法人水資源機構、草木ダム管理所まで。
HPはこちら→草木ダム

見学者がもらえる、ダムのトレーディングカード。
K0801124
裏面には、ダムのデータが載っています。
なんか、マニアっぽくていい!!!

| | コメント (6)

2008年1月 8日 (火)

ミルクランド東毛

この前、ジョイフル本田にまた行ってしまいました。
暇だと行っちゃうんですよね~。

で、ネットで調べてすぐ近くにあることがわかった、
ミルクランド東毛(とうもう)の本店に行くことにしました。
安いセルフのガソリンスタンドのすぐ横で、
あれまぁ、ここでしたかッ!!!って感じでした。
K080108

入ると正面に、喫茶コーナーがありました。
K0801083
これは、ネタにもなるし、何か飲もう!
私はあんまり冒険心が無い人なので、
普通だったら、カフェオレとか、ミルクティーとか、
その辺を注文してると思うんだけど、
それじゃあんまりネタにならないかなぁと思い、
これを飲むことにしました↓
K0801081
「チョ~おすすめ」だったし。
イチゴカクテルを注文しました。
ちゃんと、聞きましたよ。

「これって、お酒じゃないですよねぇ~?」

って。おじさんに笑われてしまいましたが!
「牛乳で割ってあるだけだよぉ~。」
で、出てきた「チョ~おすすめ」が、これです。
K0801082
もっと、どピンクの飲み物が出てくると想像していたので、
ちょっとびっくり。
味も、いわゆるイチゴミルクをイメージして飲むと、ちょっと違う。
「結構甘いでしょ。」と言われたので、
「そうですねぇ。」って返事しちゃいましたが、
そんなに甘くなかったです。おじさん、ごめんなさい。
多分、このお店は素材にこだわった商品を沢山扱っていたので、
そういうイチゴソースなんだと思います。
着色料も使ってないから、
ほんのりピンク色くらいなんじゃないかな。
砂糖をガンガン入れたっていうのとは違う味がしました。
イチゴの味よりも、一番私が感じたのは、

この牛乳、おいしい!!!

ってことです。今度は、牛乳だけ飲んでみたいと思います。

お店で扱っている商品も、いろいろ面白いものがありました。
牛肉や乳製品のほかに、お菓子や生活雑貨まで。
お菓子も、ちょっと値段は高いけど、健康を考えたものが
たくさん並んでいたと思います。
生活雑貨は、環境にやさしい洗剤とか、
エコの掲示板で目にしたことがあるような、
オリーブ油の石鹸とか、
普通のスーパーや薬局ではあんまりなさそうなものが。
中でも、私が一番びっくりしたのは、歯磨き粉のひとつで、

なすの黒焼き塩ハミガキ

っていうの!
塩ハミガキはわかるけど、なすの黒焼きって
何、何???
500円くらいだったけど、生夫は使いそうにないし、
私一人で使う勇気も無かったので、買いませんでした。
でも、すごく気になる~~~。
エコ、オーガニック、そんな商品がたくさんあったので、
すごく、いいお店を見つけたって感じでした。
乳製品しかないと思っていたので。
また、ちょくちょくのぞいてみようと思います。

| | コメント (5)

2008年1月 5日 (土)

帰ってきました~

群馬に帰ってきました~!!!
生夫の実家は大雪!
K080104
雪だるまも、ちょちょいのちょいでこの大きさになります。

初詣は、雪の中、歩いて5分くらいのお寺へ。
生夫の故郷は、過疎の町で人があまりいません。
しかも、大雪なので、お参りに来る人も少なく…。
毎年そうなんだけど、

除夜の鐘、撞き放題!

でも、静かな雪の中のお参りはなかなかよいです。

元旦は、ニューイヤー駅伝、見ました。
昨年は、まだ土地が良くわかってなかったので、
「これはどこだ?」って感じでしたが、
今年は、なんとなく「あそこかな?」ってわかる道もあり、
嬉しかったです~。
3歳の甥っ子に、まだわからないだろうなと思いつつ、
「この近くにおばちゃんのおうちがあるんだよ~~!」
と、無理矢理話してました!

それから、黒保根の干し芋が、甥っ子たちに大人気でした。
買って送ってあげようと思います♪
今から買いに行こうかなッ!

今年もよろしくお願いします!

| | コメント (10)

2008年1月 1日 (火)

おめでとうございます

あけまして おめでとうございます。
今年も、群馬を飛び回って更新したいです。
まだ行ってないところ、たくさんあるので、
新しい土地の探検もしていきたいな~。
今年もよろしくお願いします♪

Photo_2

| | コメント (6)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »