« お正月の遊び展 | トップページ | 氷上ワカサギ釣り »

2008年1月28日 (月)

「かんじき」体験

土日と、知り合いに頼まれて、
自然教育プログラムのお手伝いに行ってきました。
手伝いというより、子どもと一緒に遊んできたって感じですが。
赤城山の冬の自然が舞台でした。
ソリをしたり、かまくらを作ったり、雪遊びをしたり…。
私は、かんじき体験をしました~。
「スノーシューがやりたい、やりたい!!!」
って、以前から言っていたら、その機会が巡ってきました。
スノーシューじゃなくて、昔ながらの形ですが…。
K0801275
履くときに、紐の結び方がややこしく、
子どもたちは足が小さいので、脱げちゃったりして、
なかなか進めなかったんですが、
「そうか、ここにも紐を通すんだ!」
という発見もあり、面白かったです。
K080127
こんな感じで履けました。
雪が入らないように巻く、レッグウォーマーみたいな、
スパッツというらしいですが、これ、
今回初めて使ったけどすごく温かかった!
あるのと無いのじゃ大違い。

誰も歩いていない、真っ白な雪を進みます。
動物は歩いたかもしれないけどね。
K0801274_2
かんじきは、雪の上を軽々と歩けるものだと思っていましたが、
雪が深いところでは、結構ズボズボ埋まってしまいます。
やってみて、わかりました。
体力がいるということが…。
でも、子どもたちは元気でした。
平成10年生まれだもんね、そりゃ若いわ。

野うさぎとか見てみたかったけど、
元気にワーワー歩いていったので、
いたとしても先に逃げちゃいますね、きっと。
雪がどっさり積もった枝の近くを歩いたり、
雪の上に落ちている、小さな十字架みたいな、
白樺の種を教えてもらったり、発見もたくさん!
今度は、もう少し長い時間歩いてみたいな~。

もちろん、本日、バリッバリの筋肉痛でーす。

次回は、極寒のワカサギ釣りについてお届けします。

|

« お正月の遊び展 | トップページ | 氷上ワカサギ釣り »

コメント

学生時代、もう2*年も以前のことですが、
日光でスキーを履いて
スノートレッキングをしたことがあります。
雪の中を歩くのって楽しいんですよね(^^)
ワカサギ釣りの記事も楽しみにしてま~す

投稿: こにタン | 2008年1月28日 (月) 23時49分

こんばんは~ SATOです

やっぱり難しいんですね~TVとかだと
簡単そうですけど・・・
でも 面白そう^_^
翌日に筋肉痛なんて 若いですね!!
SATOはおそらく2~3日後に痛みが…

投稿: SATO | 2008年1月29日 (火) 19時25分

すごい楽しい体験ですね。うちも子連れでまざりた〜〜い
私は雪国育ちなので雪はなれていますが、かんじきははいたことがありません。
東北ではスパイク長靴があるんですよ。
すべらないための長靴です。がちがちして歩きにくいですが、坂道では必需品です

投稿: える | 2008年1月29日 (火) 22時06分

日光もよさそうですね~!
動物は何か見られましたか~?
スキーだと、坂は滑っていけるのかな?
真っ白な静かな世界って、
なかなか体験できない世界でした。

投稿: 桐子→こにタンさん | 2008年1月30日 (水) 01時11分

こんばんは。
いや、普段は、二日後筋肉痛ですよ。
今回はそれを飛び越えるくらい、
体を使ったということじゃないかと…。
この筋肉痛が、いつまで続くかが問題です。
乗馬のときは、一週間続いたからなぁ…。

投稿: 桐子→SATOさん | 2008年1月30日 (水) 01時14分

楽しかったです~。
赤城のビジターセンター横のゲレンデで遊びました。
小さいお子さん連れなら急すぎず、
適度に遊べてとてもいいと思います~。
スプーンみたいな形のオシリだけ乗せるソリで遊びました。
スパイク長靴???頑丈そうですね~。
やっぱり、それ用のものは違いますよね。

投稿: 桐子→えるさん | 2008年1月30日 (水) 01時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お正月の遊び展 | トップページ | 氷上ワカサギ釣り »