« 高崎で群馬発見 | トップページ | 洋らん展 »

2008年2月 6日 (水)

日本画で国語・算数・理科・社会

高崎に行った話が、もう一つ。

高崎タワー美術館で開催中の、
「日本画で国語・算数・理科・社会」
という、面白いタイトルの企画展を見てきました。

高崎タワー美術館は、日本画を中心とした美術館。
名前の通り、ビルの4階に入り口があります。

美術なのに、なぜ、どこが、国語・算数・理科・社会???
と思いますよね。

国語は、日本画の題名やことばの不思議に迫ります。

算数は、描かれているものを数えたり、絵の形について考える。

理科は、作品を図鑑代わりに、花や動物を観察。

社会は、描かれた風景や建物などで、日本や世界を旅します。

いろんな角度から見られてよかったです。
画家の名前とか、難しいことは知らなくても、
絵を見る楽しみを教えてくれる、そんな感じでした。

でも、画家の名前を見てみると、有名どころがずらっと。
私は、タワー美術館のパンフレットの表紙になっている、
菱田春草の絵がとってもよかったです。
渋い色だけど、きれいだった。
お雛様や、桜、梅などの花もあり、
これからやってくる春が楽しみになってきました。

この展示会、人気投票をやっていて、
展示を見終わると、最後に全作品の名前が書かれた紙が、
ホワイトボードみたいのに貼ってあって、
自分の気に入った作品のところに、
シールを貼るということになっていました。
どこかの会社の営業成績表みたいになってましたが、
皆さんが、どの絵が気になったのかってのを
教えてもらったみたいで、これも面白かったです。
私が行ったときは、中島千波の夢殿の枝垂桜がダントツで、
他には東山魁夷がシールが多かったかな。
会期が終わる頃にはどうなっているかなぁ。気になる。

「日本画で国語・算数・理科・社会」は、
高崎タワー美術館で、3月16日(日)まで。
観覧料 一般200円、大高生160円、小中生100円。
私が行ったときも、お子さんが楽しそうに見てましたよ~♪

|

« 高崎で群馬発見 | トップページ | 洋らん展 »

コメント

面白い! 良い企画だね!!

実は、私は「現代美術」が よく分からない・・、そんな時に自分の分かる物に置き換えて見てます・・・、黒い丸のようなものは「しいたけ」に見えたり、茶色の物体が「栗に見えたり・・・。 娘が小さい頃、そうやって解説したら うけちゃった!
私も楽しめたしね~~。自分なりの観方で良いのだぁ~~。

投稿: 猫式 | 2008年2月 7日 (木) 15時45分

あー、そうやって見たらいいかぁって感じの展示でした。
私も、美術館によく行くけど、何にもわかってないです~。
絵を専門に勉強した子と一緒に行くと、
そうやって描いているんだ~私は何にもわかってないなぁと
思ったりするけど、いいですよね!
自分の感じたように見れば!
「なんか好き」ってのもありですしね~!
私もいつか、猫式さん方式で解説したいな~。

投稿: 桐子→猫式さん | 2008年2月 7日 (木) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高崎で群馬発見 | トップページ | 洋らん展 »