« 「20世紀の人間像」展 | トップページ | 厄払いじゃ~!!! »

2008年5月25日 (日)

移動博物館がやってきた!

富岡市にある、県立自然史博物館では、
なかなか博物館にこられない、ちょっと遠い地域を対象に、
移動博物館を行っているそうです。
年に3ヶ所、申し込みがあったところから選んで
回っているということ。
今年度、みどり市の東公民館に移動博物館がやってきた。
23日(金)~25日(日)まででした。
080525
地球の誕生にかかわるものや、恐竜の化石、
群馬の自然の中の動物たちなどなど、
幅広い展示内容でおもしろかった!!!
しかも、「触ってもOK」ってのが、いい!!!
(あ、触っちゃいけないものもあります)
触るときに、大人でもドキドキするんだから、
子どもたちにとっては、印象に残るだろうな~。
0805251_2
ドキドキしながら手に乗せてみました、
ティランノサウルスの歯。
歯の縁にナイフみたいな
すごーく細かいギザギザがついている。
細かいところまで良くできてたんだなぁ~。
これで肉を噛みちぎっていたんだねぇ~ひょー。

0805252
アナグマ。
これも触っていいんですよ~。
群馬にも住んでいるということ。なんかかわいい。

0805253
オナモミとタンポポの綿毛を顕微鏡で見るコーナー。
「こんな風になってるんだ~!」
とみんな言うんじゃないだろうか。

およそ100点の展示物、解説してくれる方もいました。
大きな恐竜の頭の骨はスカスカで、それは重さを減らすため、
最新の車みたいなもんだなーんて話、面白かったな~。
恐竜の色も、よくわかってないんだよね~。
オオルリの剥製のきれいな青い羽根を見て、
「松田聖子の瑠璃色の地球って歌があったけど、
 まさにそんな感じでしょ。」
身近なところにつながると、なんかうれしい。

自然史博物館のミニチュア版という感じでした。

|

« 「20世紀の人間像」展 | トップページ | 厄払いじゃ~!!! »

コメント

身近なところに繋げられる・・桐子さんが素敵!
私は「内藤ルネ展」を 刈谷市美術館に見に行って来ました~~。

投稿: 猫式 | 2008年5月29日 (木) 21時47分

いえいえ、繋げてくれたのは、学芸員さんです~!
子供たちにわかりやすく説明してくれるから、
いろんな話を持っていらっしゃるようで。
私の年齢を想像して、松田聖子の話になったのかな(笑)
内藤ルネ展、少女に戻れそうですね~。
あー、里帰りしたい…。

投稿: 桐子→猫式さん | 2008年5月30日 (金) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「20世紀の人間像」展 | トップページ | 厄払いじゃ~!!! »