« THE ALFEEのライブ | トップページ | 一店一作家(工場)特別展覧市 »

2008年5月 2日 (金)

覚満渕生夫、覚満渕を歩く。

先日、知り合いのご夫婦に誘っていただき、
私と生夫は、赤城山に行ってきました。
裾野のほうは新緑がきれいですが、登るにつれ様子が変わり、
上のほうは、ようやく雪が解けたってところでした。
日陰にはまだ雪が残っていました。

その昔、赤城山の桐生側のほうから、
ケーブルカーが引かれていたそう。
その跡を覗いてみました。
0805026
ひょぉぉ~!!!
階段がずーーーーっと続いている。
この下300メートルくらいのところには、ご神水があるそうで、
それを取りに行く人は、ここを下るみたいです。
上がってくるのが大変だよね~。

そのケーブルカーの駅だった建物にはレストランがあります。
ウインナーがおいしかった~!間のシシトウがポイント高し。
0805027_2

そして、覚満渕を歩きました。
0805028

「生夫、覚満渕だよ!!!」

「わしの生まれ故郷ですな。」

と他人が聞いたら訳わからん会話をしつつ、歩く。
(訳わからん方は→コチラ

木道も整備されているし、一周すぐにできる。
水辺は涼しい感じだけど、水から離れると暑く感じる。
自然ってすごいね~。
0805029
もう少しすると、いろんな花が咲いて、
緑もきれいになるでしょう。また行きたいです。

おまけ
08050210_2
「頭文字D」の舞台は赤城山なんだよね!
本物を見られるとは~(笑)

|

« THE ALFEEのライブ | トップページ | 一店一作家(工場)特別展覧市 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« THE ALFEEのライブ | トップページ | 一店一作家(工場)特別展覧市 »