« THE ALFEEのライブ(その2) | トップページ | MURINNALE2008 »

2008年11月15日 (土)

丑をつくる

少し前に初めて行った中之沢美術館。
10月18日の記事
中之沢美術館HP


こちらで「干支の木目込み人形に挑戦!」
というワークショップがあったので、
今日は朝からそれに出掛けていました。
埼玉の岩槻の人形店の方が講師。
岩槻は人形のまちなんだそうですね~。
081115_2
これがキットと道具です。
普通の牛もあったけど、私は変わりバージョンの
ダルマ型にしてみました~。
結構コツがいるんで、むずかしかったです。
布を溝にギュッギュッって押し込むんだけど、
切るのが下手だと、布が余りすぎて入らないとか、
逆に足りないとかなっちゃって。
でも、どうにかできました~。
0811154
牛(丑)に見えるでしょうか?キャラクターっぽいね。
後姿がまたかわいい↓
0811151
真ん中だけ、あえて布の裏側を出してみました。
私なんかは、結構力をかけて布を押し込んだけど、
先生は、力はほとんどかけずにやっちゃうんだって。
布が足りなかった!と思っても、先生に直してもらうと、
あら、不思議。布が大きくなったかと思うように、
ちょちょいのちょいって、直っちゃうんだよ~。
江戸木目込み人形の伝統工芸士ですからね。
今年の「子」からこのワークショップは始まったそうで。
前回も出たかったなぁーーー!

お昼は、手作りお弁当(500円)をいただく。
私は一人で参加したけど、他はグループなのか、
知り合い同士の方が多かったようで、
皆さん、あれこれ手作りのお惣菜や、
わざわざ取り寄せた青森のお菓子とか、
ワイワイと配り始めて…。
私もちゃっかりいただいちゃいました~!
その中で、私がびっくりしたのが、これ。
0811155
菊の酢漬けみたいなの。
食用の菊があるのは知っているけど、黄色のイメージが。
これは、花びらが長くって、とてもキレイでした。
更に、名前が「もってのほか」って言うんだって!
菊のあの独特な香りはほのかにするだけで、
サラダ感覚で食べやすかったですよ~。
山形の特産品らしいです。
エーコープ庄内の紹介ページ

朝から根をつめて人形を作ったので、
全然動いてないけど、どっと疲れたー。
眠ーい!もう寝る~!!!おやすみなさい。

|

« THE ALFEEのライブ(その2) | トップページ | MURINNALE2008 »

コメント

だるま型の牛、すっごくカワイイですね!
私も作って飾りたくなりました。
(手芸系はめちゃ苦手なのにcoldsweats01
あえて布の裏側を使ってみるのも、桐子さんらしいアイディアですね。さすがですshine

投稿: つぶ | 2008年11月17日 (月) 21時28分

では、来年一緒に参加しましょーよぉ~!
次は…寅・虎かぁ…難しそうですね。
でも、ダルマなら、基本の形は変わらないし!
50、60代かと思われるお父さんも参加されていたし、
案外できちゃうと思いますよ~。
12年通わないと、一式そろわないけどねぇ。先は長い!

投稿: 桐子→つぶさん | 2008年11月17日 (月) 22時17分

こんばんは~ SATOです

うちの父が趣味でやっている
真多呂という切り込み人形に
似ています^_^
桐子さん器用ですねさすが!!

投稿: SATO | 2008年11月17日 (月) 22時35分

おー。それでは今度お邪魔したら、
お父さんと人形談義といきますか!!!
さすが、細かい仕事をされているから、
お上手に作られるんだろうな~。
この前、超小さい時計の電池を交換してもらいましたが、
私がやったら、電池がどっか転がって行っちゃうよ~!

投稿: 桐子→SATOさん | 2008年11月17日 (月) 23時22分

丑可愛いよ〜
木目込み人形?って、布を切ってはっていくんだ!
しらなかった。

‘もってのほか’は山形名産の菊で、東北ではポピュラーなんですよ。群馬のスーパーでも売られていて、作る時は、花びらをはずして、お湯にさっと入れて(茹でない、お湯に沸騰したお湯につけるだけ)、水で冷やして水気をきって、甘酢に付けるんです。
黄色と紫と両方合わせると、美しくていいんだよ〜。
大根おろしにまぜるのが、我が家流です。

投稿: える | 2008年11月18日 (火) 09時23分

ありがとうございます~♪なかなか楽しかったですよ!

「もってのほか」名前もインパクト大ですよね。
群馬でも売ってる~~~???見たこと…あるのかなぁ?
見てても、飾る用の花だと思ってるのかなぁ?
大根おろしに入れるの、おいしそう~。
今度見かけたら、挑戦してみます!!!

投稿: 桐子→えるさん | 2008年11月21日 (金) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« THE ALFEEのライブ(その2) | トップページ | MURINNALE2008 »