« 白衣観音の中に… | トップページ | 益子で陶器を見る »

2009年2月 9日 (月)

いちご狩り

ここのところ別行動が多かったんですが、
久しぶりに生夫と出掛けました。
今回は栃木県をうろうろしてきました。

「益子に行くか~?」

から始まった今回の計画。
途中の佐野でいちご狩りをする話が出ました。
生夫は、いちご狩りをしたことがないらしい。
私は独身の頃、友達と狩りまくったし、
どんなところでどんな風に食べるかわかるし、
それより、むしろ早く益子に行きたい!
「パック買って、車で食べながら行けばいいじゃん。」
と、夢のないことを言ってたんだけど、
「いちご狩りがやりたい…。」
と生夫はどうしてもやりたいようなので、
いちご農園を調べて行って来ました~。

午前10時過ぎに農園に到着。
予約はしてなかったけど、時間が早かったので入れてもらえた。
制限時間30分で1200円でした。
02083
小ぶりなテントに案内されます。
02084
テントの中は、いちごのいい香りがしていました~。
暖かくて、春ですね~。
赤くて大きないちごがいっぱい!!!
0208
生夫が、一番最初に採ったいちごを持っているところを、
激写したところ、子どもみたいに超うれしそうな顔が撮れました。
親バカならぬ、完全妻バカですが、それがかわいい顔で!
「こんな夢みたいな場所があったのかぁ~。」
と言っている生夫を見て、
「パックでいいじゃん。」といった私を反省したのでした(笑)

同じハウスには、埼玉の大宮から来たという、
ご夫婦とそのご両親がいて、奥さんが言うには、
「よくいちご狩りに行くけど、ここは当たりだと思います。
 甘くて大きいいちごがいっぱい!」

ということだったので、ラッキーだったようです♪
結局制限時間30分経つころには、
ハウスの中にあるイスにみんな座って休憩してる状態で、
お腹いっぱい食べさせてもらいました。
おいしいいちごだったので、
両実家と、義妹の家にも送りましたよ~。

いちご狩りの後は、益子へ向かいました。
それはまた次回…。

|

« 白衣観音の中に… | トップページ | 益子で陶器を見る »

コメント

いちご狩り、結構面白いですよね♪
私は去年久しぶりにやりました。
場所は赤城のいちご園ですが…こちらもおいしそう!栃木はいちごの名産地ですものね~。

子どもみたいに嬉しそうだった生夫さん、ぜひ見てみたかったです~(^^)

投稿: つぶ | 2009年2月11日 (水) 22時06分

ここだけの話、前の奥さんの実家がいちご農家でして毎日のようにイチゴ狩りでした。
前屈みで、次々ともいではトロッコのカゴへ入れていきます。
三時間もやりますと腰が猛烈に痛くなります(+。+)

懐かしい思ひ出です。

behind-story

投稿: behindstory | 2009年2月12日 (木) 00時02分

こんばんは~SATOです

いちご狩り良いですね~
おそらく、うちの息子と嫁は
止まらないでしょう^_^;
嫁と息子はフルーツに眼がない
ですから…

投稿: SATO | 2009年2月12日 (木) 18時14分

私も、つぶさんと同じく赤城の方へ
イチゴ狩りへ行ったことがあります。
もぎたてのイチゴってすごく甘くて
いくらでも食べられちゃいます。

生夫さんも初イチゴ狩り楽しめて
よかったですね♪

投稿: くんくん♪ | 2009年2月13日 (金) 14時55分

私も結局ハウスに入ったらテンション上がったもんなぁ~。
いちご狩り、楽しいよね~!!!
赤城の辺りでもできるんだね。いちごは何でしたか?
群馬の「やよいひめ」だったかな???
栃木は、やっぱり、とちおとめでした。

投稿: 桐子→つぶさん | 2009年2月13日 (金) 19時28分

おー、それはまた普通のいちご狩りとは違う思い出があるんですね。
確かに、農家の方は腰が痛くなりそうですね…。
やっぱり、途中で一個二個食べるってことは
できないんでしょうか…しかられちゃうかな。

投稿: 桐子→behindstoryさん | 2009年2月13日 (金) 19時33分

それは、是非是非一緒に行ってください~。
ここ、場所は佐野のフルーツライン沿いにあるところ。
私も以前友達の子どもと一緒にいちご狩りに
行ったことあるけど、すごく楽しかったよー。
もりもり食べて(笑)
今度のお休みは、ここだー!!!

投稿: 桐子→SATOさん | 2009年2月13日 (金) 19時38分

ここの農園は、練乳なしなんです。
おばさん曰く「うちのは練乳なしでも最後まで食べられる。」
確かにそうでした~。ずっと甘くておいしかったです。
また行きたくなりますね~。

投稿: 桐子→くんくん♪さん | 2009年2月13日 (金) 19時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白衣観音の中に… | トップページ | 益子で陶器を見る »