« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月28日 (土)

NEWクモザル舎

昨日、桐生が岡動物園に行ってきました~。
いつも、平日に行くので、駐車場は一番近いところに
停め放題状態なのに、昨日は様子が違う!
いつもの駐車場は満車。道路にも車がいっぱい!
まだお花見には早いのに、なぜ…???
と思ったんですが、春休みに入ったんですよね~。
みんな楽しそうでした~。

さて、桐生が岡動物園といえば!
先日、開園55周年を迎えました~~~。
おめでとうございます~。
入園無料、年中無休の動物園!
元々は、個人のお庭だったんだってーーー。
個人の庭だけど、一般に公開していたそうで…。
お金持ってる人がいっぱいいた、桐生らしい。
そして、それを寄付しちゃうってのも、
太っ腹な歴史を持つ桐生らしい~と思います。
そんな経緯があるので、今も入園無料なんだそうです。

で!その55周年を記念して、クモザル舎が新しくなりました。
びっくりしました。
面白くって!!!
クモザル舎の前から動けなくなるくらい面白い!!!
03281_2 
クモザルはじっとしていることがなく、動き回っている。
03284
もしもし、何やってるんですかぁ???
手、足、尻尾、どれがどれなのか…。
0328_2 
クモザルは全部で6頭。
ユーコリンって名前の子もいました(笑)
03283_2
横にあるガラス張りの部屋からは、
本当に間近にクモザルを見ることができます。
よくよく観察すると、尻尾の内側というのか、
棒をつかんだりするところは、毛がなくて、
指みたいになってるのがわかるんです~。

飼育員さんのお話しでは、ガラスに手をつけると、
クモザルが向こうから手を合わせてくれることもあるとか。
やってみたい~~~。
体操座りして丸まってたり、膝をぽりぽりかいたり、
ごろごろ寝そべってこっちを見ていたり、
なんか、人間みたいな表情で愛嬌がありました。

以前はもっと狭い、金網の中にいたので、
網が邪魔でクモザルの様子がよく見えませんでした。
今回のクモザル舎は、下に水が張ってあります。
クモザルは水が嫌いなので、それで外に出ることはないそうで。
そういう生態をうまく生かした行動展示になり、
のびのびとしたクモザルを見ることができるようになりました。

何回も言っちゃうけど、ホント、面白くって、
隣にいる知らない人とも、
「面白いですね~!」「カメラ目線ですよね~!」
とか、いろいろお話ししちゃいました。

桐生が岡公園は、桜の名所でもあります。
桜は、4月4日、5日くらいが見頃になるかなー?
人も車も多くなるけど、また行きたいなー。

| | コメント (12)

2009年3月25日 (水)

群馬県立館林近代美術館で

昨日は館林のちょっと向こうまで行く用事がありました。
1時間ちょっとで行けるとは聞いていたけど、
迷ったりするかもーと思って、念のため早く出たら、
約束の時間の45分も早く着いてしまった…。
遠いと思ってても、結構近いものなんですよね。
もっといろいろ出掛けよう!!!
と、決意を新たにしました(大げさ?!)。

で、帰りは寄り道しながら帰ってきました。
群馬県立館林美術館。久しぶりに。
22日まで版画の企画展がやっていたけど、
間に合わなかったなぁ。
今回は、4月5日まで開催中の
特別展示「生誕140年 湯浅一郎展」
テーマ展示「フランソワ・ポンポン」
を見てきました。12月からやってるので、長い展示。
それとは別の展示室1の常設展?もよかった。
イサム・ノグチの「リス」って作品が、
鉄板の組み合わせみたいの(違う材質かもしれません)で、
リスになってて、かわいかった~。
昨日は、テレビの取材が入っていました。
展示室の様子とか、ポンポンの「シロクマ」、
ミュージアムショップまで撮影していたみたい。
何かに紹介されるのかな~?

ミュージアムショップで、私はこの子を手に入れました。
早速美術館の庭で撮影。
0324
ハリネズミ。
木で、ひとつひとつ手作りなんだそうです。
他にも、ゾウ、バク、ロバ、犬、アルマジロ、
リス、あとー、パンダもあったなぁ。

この美術館は建物がかっこいいので、
一気に別世界に行けるところが好きです。
「群馬県県有施設共通パスポート」の有効期限が
5月中旬なので、いろいろ行かなくちゃね~!急げ~!

| | コメント (0)

2009年3月23日 (月)

桐生と愛知の不思議な関係

愛知の友達が、きしめんを送ってくれました。
これが、ただのきしめんじゃなくて、
ちょっと気になってたきしめんなんです。
0322
SAMUROCKきしめん
詳しくはコチラ→http://www.mikawabushi.jp/

いろんな会社が参加してるようだけど、面白い!
パッケージも統一されていて、かっこいいよね~。
前から、この三河武士ブランドが気になっていて、
「そっちで、三河武士のサイダーとか売っとるー?」
なんて質問してたんだけど、
そしたら、この前友達が送ってくれたじゃんね~。
ありがとう~!!!

で、このHPのSAMUROCKきしめんのアニメーションにも
出てくるんだけど、
「三河芋川 ひもかわうどん発祥の地」って!
ひもかわ???

前に、テレビで愛知のきしめんを取り上げた番組を見ました。
「わー、愛知が出てる~。」って、故郷を思って見ていたら、
話がどんどん展開して…
「きしめんは発祥が芋川という地名から、
いもかわがひもかわに変化し、
ひもかわうどんとも呼ばれている。
関東地方では、群馬県桐生市で
ひもかわうどんが食べられている。」

なんて、桐生の名前がーーー!!!
生夫と一緒に、「桐生が出てきたーーー!!!」
と大騒ぎ(笑)いやーびっくりしたよー。

愛知と桐生なんて遠いし、
つながりなんてないと思っていたので、
不思議だけど、うれしかった~。
いろいろと面白いことってあるもんだ。
きしめんのお返しに「ひもかわ」を友達に送りました!
きっと同じなんだろうけど…(笑)

| | コメント (10)

2009年3月20日 (金)

ルンヒャン「わたらせ」

先日行った「桐生の歌復活演奏会」の中で、
私が大泣きした曲…。

それは、ルンヒャンというアーティストの歌う、
「わたらせ」という曲です。

この曲は、桐生市黒保根町で活動している、
NPO法人グループ28という団体があるんだけど、
その皆さんが、毎年「森と水の音楽会」という演奏会を
開催しています。数年前に、ルンヒャンがその演奏会に来て、
その時、わたらせ渓谷鐵道に乗って、
感じたことを歌にした曲が「わたらせ」です。
グループ28の皆さんが、ルンヒャンの協力でCD化。
わたらせ渓谷鐵道の応援につなげたいということで、
このCD(1000円)が一枚売れると、
線路の枕木をとめるための犬釘を一本寄付するんだそうです。
犬釘は一本100円くらいということ。

この曲については、以前から知っていて、
何度も聞いたことがありました。
キレイな曲で、タイトル通りこの辺りの風景を歌ってるんだけど、
でも、みんなが持ってる「ふるさと」を思わせてくれるような、
そんな曲だなーと思っていました。

今回の演奏会で生演奏があるっていうんで、
楽しみに出掛けました。
韓国の楽器「ソヘグム」という、
二胡に似た音の楽器を演奏する人と、
パーカッションの人と三人で登場。ルンヒャンはピアノ。
演奏が始まってしばらくしたら、涙が出てきて、
一曲ほとんど泣いて泣いて…って感じでした。

歌詞に出てくる、「少し離れた街で」とか、そういう言葉が、
自分のふるさとを思い出すんですよね~。
自分ちの近くの川とか山とかいろんな風景を思い出しました。
赤城山みたいには大きくない山だけど、ふるさとだよね~。

是非是非皆さんに聞いてもらいたい!
ルンヒャンのHPで一部聞けるんだけど、
ほんとに一部なんだよね~。32秒なんだよね~。
ここからなのにぃぃ~~~!って感じだけど、
是非是非聞いてみてください!
ルンヒャンHP→http://rung-hyang.jp/

演奏会が終わった後に、CDにサインしてもらいました。
「もーーー、大泣きしました~~~!!!」
って言いながら(笑)
0320
車でいつも聞いてます。

| | コメント (8)

2009年3月16日 (月)

第7回桐生の歌復活演奏会

ちょっとお久しぶりになってしまいました。
昨日は、いい天気だったので、歩いて桐生市市民文化会館へ。
「第7回 桐生の歌復活演奏会」に行ってきました。

桐生の歌?復活?何だろう???

って感じですよねぇ~。
桐生って、すごいなぁって思うんですが、
その土地にまつわるいろんな歌があるんだそうです。
桐生市歌は昭和25年にできています。
そのほか、織物の街としてにぎわっていたので、
「桐生機街詩の街」、「機織唄」、
織物関係の会社の「日本絹撚株式会社社歌」とか…。
「桐生音頭」「桐生小唄」「シャンソン桐生」などなど。

この演奏会が始まるきっかけになったのは、
昭和4年に、作詞/北原白秋 作曲/山田耕筰という
ビッグネームの2人が作った桐生音頭。
この楽譜が平成13年に発見されたことからだそうです。
それから毎年「桐生の歌復活演奏会」が行われています。
この人たちに曲を依頼できるってことは、
やらしい話ですが(笑)お金があったんだろうなぁ。
相当な栄えっぷりだったんだろうと思います。
昔は桐生の織物に、桐生音頭の歌詞だか楽譜がつけられて、
そして、流通していたんだそうです。
それなのに、行方不明になってしまっていたとは、
時代の流れみたいなものがあったんでしょうか…。

演奏会は、まず、桐生の歌の和ものっぽい曲と踊り。
唄の会や、婦人会の皆さんが踊りを見せてくれました。
唄の中に出てくる地名や、織物の街らしい言葉がよかった!
おかあさん達の楽しげに踊っている姿も…。
0316
後半は、「洋」っぽい(といってもすごく「洋」っぽくはない)曲。
音頭とか小唄とか、調子のいい曲が多いので、
とっても楽しかったです。

で、この演奏会は、チケットが500円。
桐生の歌復活演奏会のBEST SELECTIONのCD付チケットは、
1000円ってことなので、CD付を買いました。
03161
21曲が入っています。古い曲だと大正8年の曲とか!!!
歌詞を見てみると…
「桐生着道楽 男のおしゃれ…」
「糸を染めたか どう糸染めた…」
「恋のタテ縞 情けで染める…」
「市で逢いましょ 桐生の市で…」
などなど、歌詞を見ているだけでも面白い。
これからしっかり聞いて、歌えるくらいになりたいわ(笑)

私は、この演奏会で大泣きしてしまいました!!!
その曲については、次回書きまーす。

| | コメント (12)

2009年3月 6日 (金)

ひなまつり

桐生のひなまつりは、一ヶ月遅れの4月3日なんだって。
群馬では、上野村のほうも一ヶ月遅れだそうです。
ということで、我が家もひな人形を出しました。
03061
…私のひな人形、実家にあります。
結婚して東京に住んでいた時に、
お菓子とセットになっていたこのひな人形を買いました。
ここ数年はこれを飾っています。
ちなみに、お菓子のミニチュアは猫式さんに以前もらったもの。
右の貝は、これ口紅になっているんです。
生夫が独身の頃(私と付き合うずっと前)に買ったらしく、
誰かにあげるつもりだったのか?
自分で塗るつもりだったのか?…キレイなので飾っています。

ところで、先日伊勢崎の赤堀歴史民俗資料館で行われていた、
「ひなまつり展」を見に行ってきました。
伊勢崎には、「旧森村家住宅」という古い家があるそうで。
http://www.freebeesbank.jp/growing/back_number/2006_20/waga.html
いつか、ここも見学に行ってみたいんですが、
こちらに代々伝わるおひなさまのうち、
一番古い「享保雛」が展示されていました。
0306
大きくて、お顔がお公家さん風で穏やかでした。
で!ここで面白い話を聞きました。
おひなさまの並び方って、皆さんの家ではどうでしょう?
お内裏様が向かって左ではないでしょうか?
でも、この享保雛は逆です。向かって右がお内裏様。

これは、昔は左が上位という考え方があったからなんだそうで、
左に男性(天皇)そして、自分の右に女性を置く…と。
それが変わってきたのは、洋服を着るようになってから。
西洋の文化では、騎士(ナイト)は、右手に剣を持ち、
左に女性を抱えて戦いました。
だから、自分の左側に女性を配置するというように
変わってきたとか。面白いですね!

一ヶ月遅れのひなまつり。
3月3日には特にお菓子も食べなかったので、
これからひなまつりっぽいお菓子を食べたいと思います♪

| | コメント (6)

2009年3月 4日 (水)

「ぷっ」すま

「ぷっ」すま!いつも見てるんだけど、
今日は群馬の旅でした。

わーい、わーい!!!
下仁田ネギが出たり、
上毛かるたが出たり、
けやきウォークが出たり、
ぐーちょきパスポートが出たり…。
上毛かるたのところでは、
「桐生は日本の機どころ」も読み上げられた~!
来週も群馬の旅の続きだって!
来週も見なくては…!

| | コメント (6)

2009年3月 3日 (火)

先輩が来た!

先日、猫式さんが桐生に来てくれましたが、
続いて、東京に住んでいる高校時代の先輩が
桐生にやってきました。2時前に新桐生駅に到着。
遊びにではなく、手伝って欲しいことがあるということで、
それに協力していました。
私だけではなく、生夫も協力する場面があり!

今回は、もう1人仕事関係の人が東京から来ました。
2人とも、桐生に来るのは初めてだそうで。
観光はできなかったけど、せめてご飯でも行こう、
ということになり、ソースかつ丼を食べに行きました~。
0228
志多美屋さんのソースかつ丼レディースセット。
これに、デザートがつきます。

先輩は、ソースかつ丼の6個。
生夫と仕事関係の人は、ロースかつ丼(脂こてこて)。
東京組の2人は、
「ソースは?別にかけるの?」
と言ってたけど、これでもうソースの味ついてるんだよね~。
とろとろしたソースを想像してると、違うんだよね~。
私も久しぶりに食べたけど、おいしかった!!!
肉の厚みがいいんです!
東京組の2人も、「うまい!」って言ってました。
そして、値段の安さにもびっくりしてた。
大体1000円前後だったので。
東京だったら、このお値段じゃ食べれんか…。
今度は観光に来てもらいたいものです~。
地元の友達にたくさん会えた、楽しい一週間でした。

| | コメント (4)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »