« 桐生と愛知の不思議な関係 | トップページ | NEWクモザル舎 »

2009年3月25日 (水)

群馬県立館林近代美術館で

昨日は館林のちょっと向こうまで行く用事がありました。
1時間ちょっとで行けるとは聞いていたけど、
迷ったりするかもーと思って、念のため早く出たら、
約束の時間の45分も早く着いてしまった…。
遠いと思ってても、結構近いものなんですよね。
もっといろいろ出掛けよう!!!
と、決意を新たにしました(大げさ?!)。

で、帰りは寄り道しながら帰ってきました。
群馬県立館林美術館。久しぶりに。
22日まで版画の企画展がやっていたけど、
間に合わなかったなぁ。
今回は、4月5日まで開催中の
特別展示「生誕140年 湯浅一郎展」
テーマ展示「フランソワ・ポンポン」
を見てきました。12月からやってるので、長い展示。
それとは別の展示室1の常設展?もよかった。
イサム・ノグチの「リス」って作品が、
鉄板の組み合わせみたいの(違う材質かもしれません)で、
リスになってて、かわいかった~。
昨日は、テレビの取材が入っていました。
展示室の様子とか、ポンポンの「シロクマ」、
ミュージアムショップまで撮影していたみたい。
何かに紹介されるのかな~?

ミュージアムショップで、私はこの子を手に入れました。
早速美術館の庭で撮影。
0324
ハリネズミ。
木で、ひとつひとつ手作りなんだそうです。
他にも、ゾウ、バク、ロバ、犬、アルマジロ、
リス、あとー、パンダもあったなぁ。

この美術館は建物がかっこいいので、
一気に別世界に行けるところが好きです。
「群馬県県有施設共通パスポート」の有効期限が
5月中旬なので、いろいろ行かなくちゃね~!急げ~!

|

« 桐生と愛知の不思議な関係 | トップページ | NEWクモザル舎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桐生と愛知の不思議な関係 | トップページ | NEWクモザル舎 »