« 寺泊で魚を食らう | トップページ | 異国調菜「芭蕉」 »

2009年6月14日 (日)

桐子モダンと出雲崎

新潟の旅・番外編

燕・三条で調理器具を見ていたら…

「これ、『桐子』って書いてある~~~!!!」

それは、まな板でした。桐のまな板。
何でも説明には、軽い、乾きが早い、減りにくい
黒ずみにくい、庖丁の刃が減りにくい、
抗菌力性に優れているなど、いいことがいっぱい。

「桐子なら、買うか~。」

と、桐子さんは桐子モダンを手に取ったのでした。
06143
確かに、軽くて、すぐ乾くのがいい!
まだ使い始めたばかりだから、この後どうなるか、
ですけどね。なかなかいいですよ!
株式会社イシモクHP

番外編その2
寺泊のお魚市場に行った後、帰る前に、
ガイドブックで見つけた「出雲崎」という地名…。
もしや、
「♪あなたを追って出雲崎~♪」の出雲崎?
私のガイドブックは、ジェロが出てくる前に買ったので、
そんな説明は書いてなかったけど、
まあまあ近い場所だったので行って見ました。
06116
やっぱりそうでした♪
06117
こんなグッズもありました。
でも、店内は普通の有線だったけどー。
コブクロとか流れてた。
ジェロは、いずもざき観光大使に任命されたようです。
http://www.town.izumozaki.niigata.jp/jero/jero.html

また、近くには妻入り家屋の並ぶ街道があるようで、
そこも見たかったけど、時間がなくて断念。
日本一の夕日といわれる出雲崎の夕日も、
この日は曇りで、見えず…。
でも、久々に海が見られてうれしかったです~。
しばらく里帰りもしないし、今度海に会えるのはいつかなぁ?
06118

|

« 寺泊で魚を食らう | トップページ | 異国調菜「芭蕉」 »

コメント

今回見つけたアイテムは、まるで
特注のまな板みたいで良いですね。
桐のイシモクさんのサイトを
拝見しましたが、地元桐生とも
交流が深められそうな感じがしますね。

ちなみに私は、太平洋側の海よりも
日本海側の方が、情緒があって好きです。

投稿: パス太 | 2009年6月15日 (月) 00時43分

こんばんは~SATOです

お~『桐子』まな板!!
出逢ってしまいましたね~(^O^)/
今後の使い心地がきになります

群馬は海なし県ですからね~(・_・;)

投稿: SATO | 2009年6月15日 (月) 22時02分

そうそう、パッと見たとき、「桐子さん」って書いてあるように見えて、
おおお!!って思ったんですよ。
他の桐製品もとても素敵ですよね~。
桐生は昔、桐がたくさん生えてたんですかね~?
私は太平洋側で育ったので、太平洋の海も好きですが、
日本海の海は、どこも演歌が似合うと思います~♪

投稿: 桐子→パス太さん | 2009年6月15日 (月) 22時06分

こんばんは!
出逢ってしまいましたよッ。
軽くてびっくりしますよ~。
梅雨時にすっきり乾いてくれるとうれしいです。
群馬は海はないけど、その分、山がすばらしい!
海の方から来た私はそれに感激します!

投稿: 桐子→SATOさん | 2009年6月15日 (月) 22時10分

いいですねー
家のまな板は、たぶん桐だと思う
すっかり黒ずんで年期がはいってます。
立てかけておく、下部分が黒ずんじゃうんですよね。

削ればいいんだろうけど、自分じゃできませーん

木のまな板を使ってると、プラの歯触りが苦手になって
木はいいねーって気持ちになりますよ。

投稿: える | 2009年6月17日 (水) 21時47分

えるさんちも桐ですか。軽いですよね。
やっぱり黒くはなるんですね~。
仕方ないかッ!
私は、生夫が1人暮らししてた時の道具を
使ってるものが多くて、まな板も買いませんでした。
今回初めて買って、ちょっとお嫁入りの気分(笑)
木はいいね~って言えるよう、頑張って料理します~♪

投稿: 桐子→えるさん | 2009年6月18日 (木) 09時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寺泊で魚を食らう | トップページ | 異国調菜「芭蕉」 »