« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月25日 (土)

ターシャ・テューダー展

先週の日曜日、高崎のヤマダ電機に行くことになり…。
「じゃあさぁ、これも行こうよぉ~!」
ということで、高崎市美術館の
ターシャ・テューダー展に行ってきました!!!
あんまり何にも考えずに行ったんだけど、初日でした。

駅のほうから歩いていくと…。
0725
途中にこんな旗(?)まであり、
「ターシャ・テューダー展こちら」なんて看板もあり、
上毛新聞に一面の広告が何度も出てたけど、
力入ってる~~~!

07252
ターシャ・テューダーのことは、NHKの番組で知りました。
物を大切に、手作りの生活をしながら創作活動をしている、
何度か特集されていましたよね。
昨年、亡くなった後に放送された番組も見ました。
孫夫婦や友達のインタビューからのターシャの姿が
印象的でした。

07251
入り口入ってすぐのターシャの庭。

今回は、ターシャの大切に使っていた品々や、
コーギー犬が活躍する絵本の原画なども見られます。
細かく描きこまれている原画は、夢が広がる感じで、
90を超えても若々しいなぁって思いましたよ。
高崎市美術館には、久しぶりに行ったので、
展示室が増えていたり、元哲学堂の井上房一郎邸に、
直接行けるようになっているのにびっくりしました。
本当にすぐお隣だったんですね~。

初日ということもあったと思いますが、
開館時間が10時で、私達は11時前に行ったんだけど、
すでにすごい人たちでにぎわっていました。
ターシャ関係の書籍、グッズ…(ハーブティとかもあった)、
お土産も充実している様子。
男性が結構来ていることもちょっと意外でした。
うちのように、奥さんと一緒にという方ももちろん、
男性お1人で来てる方も…。

生夫は仕事で、現代の活動を続けつつも、
こういう手作りとか、昔の生活を大切にするというような、
そういうことを考えているので(そればっかりじゃないけど)、
展示を見た後、人の多さに感心しながら、
「みんな、こういう生活がしたいってことなのかなぁ。」
「そう思いたい…でも、こういう生活って大変よ…。」

と、1人でブツブツ言っていました。
確かに、実践するとなると、いろいろ大変なこともあるよね。
この日も、帰りに赤ちゃんの服を見に行って、
「なんか、ちょうどいいのがない。」と私が言ったら、
「洋裁ならっとるだで、作ればいいじゃん。」
「でも、赤ちゃんの服ってすぐ着れんくなっちゃうもん~。」
「あんな展示を見た後にそんなこと言っちゃいかん!」
「…確かに…。」
私ってダメダメだ~!

この展示、8月30日まで開催中です。
夏休みだし、遠くから来る人もいそうだね~。
高崎市美術館HP「ターシャ・テューダー展」

| | コメント (4)

2009年7月20日 (月)

ココ・ファーム・ワイナリー

3連休だったので、いろいろと行きたいところに
行ってきました~。

土曜日、足利市にある「ココ・ファーム・ワイナリー」に。
ココ・ファーム・ワイナリーHP
年に一度収穫祭ってのがあってすごい人出だよという話は、
いろんな人に聞いていて、収穫祭は無理でも、
レストランもあるようだし、一度行ってみたいと思っていました。
でも、生夫も私もお酒を飲む人なので、普段だと、
どちらかが我慢しなければならない…。
「いいよ、私が飲まないから…」って言っても、
なんか、そんな中1人だけ飲むのって飲みづらいよね~。
視線が痛いっていうか…。
ということで、結局一度も行っていませんでした。
が、今は「もれなく私が運転手になれる」ということで、
それを誘い文句に生夫と行ってきました!

途中、結構道が細いんですね~。
そこを走って突き当たったところにありました。
ここの原点は、1950年代に特殊学級の中学生たちによって
開墾された葡萄畑です。HPに詳しく書かれています。
少し前に、報道ステーションでも特集されていました。
すごい斜面に葡萄が植えられているので、
トラクターなどは使えません。
人の足で上り下りしているそうなんですが、
実際斜面を見ると、すごく大変だろうなーと思いますよ。
07203
もう、袋が被せてありました。
あの上の方まで行くの、どのくらいかかるんだろう。
そのお陰でおいしいワインがいただけるんですね~。

今回は、カフェでランチをしました。
07202
デッキプレート 1000円
野菜が楽しめるって感じ。

現在、「スパークリング・フェスタ」開催中とのことで、
生夫はスパークリングワイン「ぐらんのぼ」を。
私は、ノンアルコールのスパークリング・ロゼを。
0720
右が「ぐらんのぼ」 1000円
左が「スパークリング・ロゼ」 200円
色がきれい。
でも、このお値段の違い!
生夫、ちゃんと味わって飲んだかなぁ…???

昼からワインを飲む生夫を激写していたら、
お店のスタッフが、「お撮りしますよ。」と言ってくれて、
葡萄畑を背景に、2ショット写真を撮ってくれました。
よい記念写真になってうれしかったです。
暑かったけど、デッキでのランチは、
夏の一つの楽しみという感じがしたよー。
お客さんも多かった!

今度はいつ行けるかなぁ…。いつかはわからないけど、
今度は生夫に運転手になってもらって行こうっと。

| | コメント (8)

2009年7月17日 (金)

エコ&アート展

出産までいよいよ2ヶ月ほどとなり、
「今のうちにやっておかねば~!!!」
ということを書き出している私です。
やっておかねばっていうことって、
出産準備じゃなくて(それはそれでやるけど)、
行きたいところ、見たいもの、食べたいものなど(笑)
仕事は6月末で一段落となったけど、
そんなわけで忙しい~!

今日は群馬県立館林美術館に行ってきました。
0717
携帯カメラで撮ったので、ちょっと見づらいですが。
エコ&アート~アートを通して地球環境を考える~
「近くから遠くへ」
が開催中。

館林といえば、先日も全国最高気温37.7度を
たたき出しましたよね~。ビックリしました。
そういう場所で地球環境を考える展示…
今日も暑かった…。

現代美術っぽい感じの作品が並んでましたが、
「これはどういうことを伝えたいのかな」って、
自分なりに考えながら見ていきました。

雪の結晶の写真3000枚を使った作品とか、
月が楽譜になってるものとか、
世界各地で録音した音が聞こえる作品とか…
動物の死骸を撮影した写真、囲いの中で生きる木…。
「次は何だろう~???」って進んでいきましたよ。

そうそう、一番最初の展示室は、日比野克彦の作品…
というのだろうか、みんなで作る作品になっていて、
展示室に入ると、緑、黄、茶などの色の紙と糊が。
それを床一面に敷かれたダンボールに、
好きなように貼り付けてください!というもの。
館林の自然などをイメージして…という注文はついているけど。
私も30枚くらいかなー、貼ってきた!

同じように、以前、長良川をイメージして作品を作ったらしく、
それが展示室の壁一面に展示されていました。
こちらは川なんで青系の色紙で、
貼り絵のように川の流れが描かれていて、
何人の人が参加したかわからないけど、大迫力でしたよ。
館林で完成したものも、こういう風にどこかで飾られるそうです。
展示は7月4日から始まったばかりなので、
まだまだダンボール色が多かったけど、
9月23日までの期間中、きっとたくさんの人が参加して、
ダンボール色が、緑で埋まるんだろうなぁ~。
その完成したものも、見てみたいものです。

9月23日(水・祝)まで。
観覧料 一般500円 大・高校生250円 中学生以下無料

もう夏休みなんですよね~。
ステキな美術館で、これいかがでしょ?
07171

| | コメント (6)

2009年7月14日 (火)

今日のNHKで

今日、午後11時30分からNHK教育テレビで放送される
「あしたをつかめ~平成若者仕事図鑑」に、
桐生の織物会社に勤める24歳の女性が取り上げられます。

桐生の老舗「泉織物」さんにお勤めになってる方です!
以前、泉織物さんにお邪魔してお話しを聞いた時に、
「そういう若い子が仕事をしている」ということは聞きました。
彼女には会わなかったんですけど。
なんでも、最初はお断りをしたそうです。
それにもめげず、「どうしてもやりたい!」と、
断られてもやってきたそうです。

泉織物さんは、織った反物をさらに絞り染めする技術で
ぐんまの一社一技術、群馬県ふるさと伝統工芸品に認定。
絞り染めの着物を見せていただいた時、
「これは、元はどんな色だったんですか?」
「どういう順番に絞ってあるんですか???」

と、いろいろ質問してしまいました。
ぱっと見ただけではわからない、複雑な工程があるんだろうな。
出来上がった反物は大きな形になってるけど、
一本の糸からできてるんですもんね~。
どうやって織物が作られていくのか、
24歳の女性の仕事を通して、楽しみに見たいと思います。
番宣を見ると、若い子ならではのデザインも…。
是非皆さんも♪

ぐんま一社一技術
あしたをつかめ~平成若者仕事図鑑

| | コメント (4)

2009年7月10日 (金)

街の織物工場見学

更新が空いてしまいましたが、元気です!

今日は、友達の家にニュージーランドからお客様が来ていて、
なぜか、桐生歴約3年の私が桐生を案内することになり(笑)
一緒に歩いてきました!
英語は全然できないので、電子辞書を持って行きました(汗)

その前に、彼女の家で手作りピザでランチ。
0710
彼女は天然酵母のパンやケーキ作りを仕事にしています。
そりゃおいしいに決まってますわ~。
私は週に1回洋裁を習っているんだけど、
その教室も彼女に紹介してもらいました。
今日は洋裁の先生もランチに来ていて、楽しい時間でした。

今回来ていたお客様は、なんと、
友達が30年前に新婚旅行に行った時に
ホームステイをさせてもらったご夫婦だそうで、
30年前の写真も見せてもらったりして~。
みんな若い!けど、今のほうがいい顔になっているとか、
そんな話をしながら…。ステキなご夫婦でした。

桐生の街の案内ですが、いろいろ行った中から…
以前仕事でお世話になった、街の織物工場にお邪魔しました。
前もってお願いしたら、快く見学させてくださるということで。
散歩とかしてて、機の音は聞こえてきても、
何を作っているのか知らないものです。
実際の現場を見せていただけるのはうれしいですよね。
岩崎織物さん、ありがとうございます。
07102
じきじきに説明してくださいました。
07103
岩崎織物さんでは、全国各地のお守りの袋の生地を織っている。
キレイですね~。これは布の裏面が見えています。
07104
糸はキラキラしています。
これがいろいろな模様をつくりだすんですね~。
07105
紋紙も現役選手です。
07106
所狭しと織機がおいてあり、それぞれの柄を織り出す。
自動なので、どんどん織れます。
もし、糸がなくなったり、なにかトラブルがあると
ちゃんと止まるようになってるんだって。
07101_2
お土産も売っています。桐生の織物。
私達も何枚か買ってきました。
ここでこういうものが買えるということ…
「どんどん宣伝してください」と言うことなので、
ブログに載っけちゃいまーす。
ありがとうございました♪

英語、ペラペラ話せるようになりたいなぁ…
と思った一日でした!

| | コメント (8)

2009年7月 1日 (水)

全国各地にありますが…

桐生だけってわけじゃないんだけど…

最近、郵便局に行くと、
郵便局だけで買える、レターセットや封筒などがある。
「POSTA COLLECT BASIC」と「POSTA COLLECT」
詳しくはコチラ→http://www.postacollect.com/

レターセットは、なかなかシックな色合いで、
おお、いいじゃん~と思って手に取って…
でも買わなかったけどー。また買いたいと思います。

そんな私の目が釘付けになったのが、コチラ!
0701
ポストの形のハガキで、郵便局名がプリントされている!
桐生郵便局のハガキです。
これはこれは、面白いじゃーん。
1枚180円で、しかも送るのには120円の切手が必要。
でも買ってしまいました。そしてもう送ってしまいました(笑)

それが!
こういうのって、大きな郵便局限定だと思って、
桐生市だと、桐生郵便局が本局なので、
そこにあるもんだと思っていたんだけど…。
この前、「新桐生駅前郵便局」に行ったら、
なんと、「新桐生駅前郵便局」のハガキもあるではないか!
小さな郵便局のもあるんだー。
全国全部の局があるってこと?すごい数だよね。
どうせなら、こっちのほうがマニアックで面白かったかも…。

なんか、他の局のも見てみたくなりました。
実家の近くの郵便局とか…。
きっと皆さんの家の近くの郵便局にもあるはずですよ~!

| | コメント (6)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »