« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月28日 (月)

桐生織(?)の命名録

赤ちゃんが産まれるといろいろな伝統行事がありますね。
まず最初はお七夜。
名前をプレゼントする日です。
赤ちゃんは男の子だと少し前にわかっていたので、
名前は考えてありました。
里帰りをしなかったので、私の母が手伝いに来てくれていて、
シルバーウィークの高速1000円を利用して、
父も来てくれたので、みんなに命名披露することに…。

生夫が、
「命名録を買ってこんといかん!」と言いました。
私が、
「地場産センターに桐生織の命名録があったよ!」
ということで買ってきましたよ~。
0919_2
2,625円
09191_2
こんな柄に織られています。

レジの人に「桐生織ですか?」って聞いたら、
「桐生の業者さんから預かっているからそうだと思います。」
って。あいまいだけど、桐生織物ってことにしておこう(笑)
緑とピンクがあり、店頭の見本は、
緑が晋三。…安倍元首相の頃に書いたのかなぁ。
ピンクは真央。浅田真央ちゃん?大地真央かな?
名入れは700円でやってもらえるんだって。
うちは生夫が「わしが書く!」と。
わしが書くってあなた、一発勝負だよ!
筆と墨で書くんだよ、ペンじゃないんだよ!
生夫の普段の字って~、カードのサインとか、読めんじゃん!
と思ったけど、ちょっと変になったって、
父が書いたっていう方がいいよな~と思い、
生夫に任せることに。

そしたら、なんと、意外なことに、
うまいじゃん~っていう仕上がり!!!ビックリ~!!
「久しぶりに真剣に字を書いた~!」
だそうです(笑)
部屋の目立つところにかけてあります。

これから桐生で楽しく過ごすんだもんね。
元気にすくすく大きくなぁれ!

| | コメント (8)

2009年9月22日 (火)

桐生市民の仲間入り

ご無沙汰になってしまいました~。
遅くなってしまいましたが…

9月13日(日)に、無事男の子を出産しました。

前に京甘味「祇園」に一緒に行った妊婦仲間、
私より10日遅い予定日だったのに、
なんと、9月の初めに出産!!!
元気な赤ちゃんが誕生しました。
そんな話を聞いていたら、私もいつ産まれるかわからん。
ドキドキ、そわそわして過ごしていました。

結局、予定日の9月12日に陣痛がやってきて、
日にちが変わってピークの痛さがやってきました。
でも、分娩台に乗ってからはあっという間に産まれて、
なんか、私が本当に産んだんだろか…?
って感じでした~(笑)
生夫は陣痛室からずっと一緒にいてくれて、
まあ、途中私を横に爆睡したりしてましたが(笑)助かりました。
へその緒を生夫が切ったんですよ~!!!
病院のおっぱい合宿を経て、我が家に帰ってきました。
チャイルドシートに乗った赤ちゃんの小ささを見たら、
涙が出てきましたよ。
毎日どんどん顔が丸くなっていきます。
もっとゆっくり大きくなって欲しいのになぁ…。

名前も決まったので、桐生市民の仲間入り!
また、一緒にいろいろ探検したいと思います。
あ…男の子だったので、ブログ上の名前どうしようかな~。
それはまだ決まってません~(笑)
09191
あくびした顔が生夫にそっくり~!
生後4日目でこのおっさん並の迫力(笑)
これからもよろしくお願いします。

| | コメント (10)

2009年9月 1日 (火)

考案店の湯乃花饅頭

夕方、友達からメールが来て、

「今日渋川に用事があったので、温泉に入って
 お饅頭を買ってきたから、届けるね。」

用事のついでに伊香保温泉に入れるなんて、
そして、日帰りで帰ってきちゃえるって、
群馬県民は幸せだなぁ~。

で、買ってきてくれたのがこちら~。
0901
石段の一番上の伊香保神社の下にある
勝月堂の湯乃花饅頭。
創業明治43年だそうです。
温泉の湯の花の色をつけ、
田舎の味を生かして作られた饅頭は
当店初代店主の考案に依るもので、
これを湯の花饅頭と名づけて明治43年製造販売し、
当温泉の名物土産品として、
御客様に大変喜ばれています

…と書かれています。
各温泉地に温泉まんじゅうってありますが、
その温泉まんじゅうの元祖なんだそうで!!!
09011
一つ一つ包まれているんじゃないんですね~。
開けてびっくり。
大きさが一つ一つ微妙に違います。
防腐剤なども一切使ってないそうです。
もっと濃い茶色を想像してたけど、優しい茶色。
09012
早速、一緒にお茶を飲みながらいただきました♪
皮がふわふわで、中の餡がとろけるようで、
とってもおいしかったです~!!!

ごちそうさま~♪

| | コメント (10)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »