« アサギマダラのマーキング(2012.9) | トップページ | 白鳥を見に行く »

2013年2月 2日 (土)

浜松市楽器博物館(2012.11)

二人目妊娠発覚して、これは年末年始、里帰りできないなと。
愛知はともかく、島根まで車はキツ過ぎる!

ということで、11月に生夫が出張で一週間いなくなる時に、
私の実家に里帰りして来ました~。ちゃっかり。
つわりが無いのでありがたいです。

初めて、茸夫と二人で新幹線で帰りました。
朝5時に起きて、タクシー、東武鉄道、JRと乗り継いで
東京駅へ…。そして新幹線に乗ったんです。
途中で絶対寝る!という計算だったのに、
うれしくて、うれしくて、寝てる場合じゃなく…。
大きな声で歌を歌いだしたりして、ヒヤヒヤしました…。

いつも、ハードに予定を入れまくってしまうけど、
今回はのんびり過ごすことに。
でも、ここは茸夫を連れて行きたいなと思っていたのが、
「浜松市楽器博物館」

「世界の楽器を偏りなく平等に展示して、
楽器を通して人間の知恵と感性を探る」

というのがコンセプト。
世界中の貴重な楽器が展示されています。
これは、どんな風に演奏するんだろう???
どんな音がするんだろう???
音は、ヘッドホンで聞くことができます。
中には、演奏している映像を見ることができるものも。

Cimg1927
どんな音がするかな?

Cimg1937
装飾が素晴らしいピアノ。

この日は、チェンバロの演奏実演がありました。
チェンバロとピアノの違いなどを目の前で見せてもらい、
「チェンバロは、爪があるんだよね!」
と、得意気に話している茸夫です。

Cimg1940
民族楽器もたくさんあります。
一番下に、バオバブの木が描かれているの、見えます?
その土地ならではの楽器が生まれるんですね。
どの地域でも、「音」が大切にされてきたことがわかる。

そして!お待ちかねの「体験コーナー」。
Cimg1952
竹のいい音がしました。

Cimg1971
ここからなかなか離れなかった茸夫。

私は、モンゴルの楽器「馬頭琴」を弾くことができ、感激!
弾くというより、「どうにか音が出た」ってレベルですけどね。

身の回りのもので作ってある楽器もあり、
私たちの生活にも、音楽は溢れている…と思いました。

茸夫もとても楽しかったようで、もう2ヶ月も前の話なのに、
「楽器博物館のお話ししよう。」と、よく言います。
遠いのでねぇ、そうそう行けませんが、
また里帰りしたときは連れて行きたい場所です。
いつになるやら…って話ですけど。


【茸夫語録】
茸夫の好きな食べ物

「ぴんぴらごぼう」

|

« アサギマダラのマーキング(2012.9) | トップページ | 白鳥を見に行く »

コメント

楽器大好きな茸夫くんにピッタリ♪の博物館ですね~(^^)
チェンバロって、爪があるの??
私、知らない…(笑)
茸夫くん、今度会ったら教えてね♪

電子ドラムは、お子ちゃんは離れないんだよね~。
我が姪も、茸夫くんの年…いや、幼稚園くらいまでは楽器屋さんで叩いてたなあ~☆

私も楽器好きだから、行ってみたい!
浜松ですね♪静岡に行った時は、ぜひ…(^^*)

投稿: つぶ | 2013年2月 2日 (土) 20時05分

うちのお父さんがいったら、楽しくてしょうがない場所ですね。
お父さんはホルンふきなんですよ。

そして、ぴんぴらごぼう。可愛い。
家の息子も色々おもしろいこといってたなあ。とんぼころし。とか(とうもろこし)
ちゃんとメモしておけば良かった。いいね。

投稿: える | 2013年2月 2日 (土) 20時51分

ここ、オススメだよー。じっくり見ると一日かかるかも。
和楽器もあるしね~。バリ島の大きな、ぎょろっとした目の顔のついた楽器も…茸夫が怖がってた(笑)
浜松駅から徒歩で行けるし、アクトシティ浜松という名前で、
周辺がなんかオシャレな雰囲気で好きです。

楽器屋さんに行ったら、離れないだろうねぇ。
あと、ゲームコーナーの太鼓の達人。
あれもすごくやりたそうだけど、まだやらせてません。
絶対帰れなくなっちゃうからさぁ…。

投稿: 桐子→つぶさん | 2013年2月 5日 (火) 10時24分

楽器やってた人は、興味津々だと思います。
ホルンも、ひとつじゃなくて、いくつか展示されてて。
きっと何かが違うんでしょうね!私にはよくわからない…。
中世の楽器などもあるので、形も面白いです。
おとうさん、浜松に出張ないかな?

こどもは真剣にちょっと違った言葉を言ってるからかわいいですよね。
とんぼころし…その方が言いづらいと思うけど、なぜか言ってるんですよね。
そしていつの間にか直ってて…ちょっとさびしいですね。
赤ちゃんのころは、りんごのことを「ごんご」、
豆のことを「めむ」って言ってたなぁ…。

投稿: 桐子→えるさん | 2013年2月 5日 (火) 10時29分

楽器博物館、近いのに実はまだ未体験(^^;
いつか、いつか…って思っててねぇ。中々…

あ~でも茸夫君、ここは超魅力的な場所でしょうね。

電子ドラム叩いてる姿がなんかカッコいいんですけどwink

それから茸夫君語録も…この時期しか聞けない不思議語録ですよね。
うちの姉も息子達の面白貴重語録を記録してましたよ(^^)

投稿: junjun | 2013年2月 5日 (火) 18時15分

近いと逆に行かなかったりするよねー。
でも、ここはきっといいもの降りてくると思うよー!是非!

桐生でお世話になっている人のお宅にドラムセットがあり、
いつも叩かせてもらってるんで、様になってるでしょ!
腕をクロスさせて叩いたりするよ(笑)

語録は母子手帳やノートに書いてるけど、
後で…って思ってるともう言わなかったり。
一瞬の貴重な時期なんだなー。

投稿: 桐子→junjunさん | 2013年2月 7日 (木) 09時24分

おっと~!
こ、これは、素質の開花か???

舞亭マウス(この感じでいいかな?)さんの影響か!

投稿: beibu2004 | 2013年2月10日 (日) 08時07分

「迷亭」じゃなかった〜?
そうそう、影響は大きいと思うよ〜。お腹の中にいるときからライブ参加してるし。

また3月に来るって!

投稿: 桐子→beibu2004さん | 2013年2月10日 (日) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アサギマダラのマーキング(2012.9) | トップページ | 白鳥を見に行く »