« 昭和的な音楽 | トップページ | 今年の庭 »

2013年5月19日 (日)

動楽市に行った

一年前に、茸夫と二人で電車に乗って行った、富岡市おかって市場の動楽市。
とっても楽しかった!!!
http://do-raku-1.jugem.jp/
茸夫が音楽に釘付けだったんだよねぇ。
おいしいものもいっぱいだったんだよねぇ。

今回は、車で行きました。
高速使えばあっという間。1時間で到着。
開始時間の10時には到着したけど、もう市役所の駐車場はいっぱい。
会場も人でごった返している!驚きました。みんな楽しみにしてるんですねぇ。
Cimg7323
天気予報では雨だったのがー。この快晴!暑かった!

去年は茸夫と二人だったので、行列の出来ているお店には
なかなか並べなかったけど、今年は生夫と、
ちょうど遊びに来ていた私の母も一緒に行ったので、
子守は任せて並べました。

食べてみたかった、長野から参加されているSun'Sバーガー。
Cimg7326
チーズバーガー♪

他にも和ゴンのワッフルや、Alberoのジェラート、
cafeMAKAPUのカフェオレ、マナペコのライオンクッキー、
おかって市場で、梅ジャム。などなど。

クラフト市でも買い物しました。
群馬の森クラフトフェアの時、買えばよかったなぁ…と、
家に帰ってから思っていたrippleのハンカチと、
しめうさ堂のブログを見て、いいなと思っていたビーズのついたストール。

満足満足。

私があちらこちらに並んだり、買い物している間、
茸夫は今年もまた音楽に釘付け状態で、
生夫がずーっと茸夫係りをしてくれましたー。
私が親鳥のように食料を運んでね。
Cimg7332
楽しい一日でした。

【茸夫語録】
跳び箱を跳んでいる子どもの姿をテレビで見て…

「あ、『てつばこ』じゃん!!!」

多分、鉄棒と跳び箱が混じったんだと思う(笑)

|

« 昭和的な音楽 | トップページ | 今年の庭 »

コメント

お疲れさまでした~♪
今回もお会いできて嬉しかったです(^^)
茸夫くんにバイバイしたのにまた会って、
「また会った~」
って言われちゃいましたよね(笑)
はい。一旦バイバイしても、寄り道していて、
全然立ち去らない「つぶおねえちゃん」です☆
本当に、大きくなりました(^^)

今度は第2子産まれた後…ですね♪
茸夫くんのお兄ちゃんぶりも合わせて、楽しみにしています!!
生夫さん&お母さんにもよろしく伝えてください。

投稿: つぶ | 2013年5月20日 (月) 21時32分

こんばんは!
出ました!
【茸夫語録】
>跳び箱を跳んでいる子どもの姿をテレビで見て…
>「あ、『てつばこ』じゃん!!!」
いいぞ、新しい日本語を造りましょう!
じゃんじゃんバリバリ~~~!

ところで、
金曜深夜なんですが!
00:12~テレビ愛知で、三河弁出しまくりドラマで
「みんな!エスパーだよ!」深夜にも拘らず、高視聴率だとか!!!テレビ東京系なのだが。。。関東でオンエアしてるか???
実話!
そのドラマのロケが、ず~~~っと、
我がじゃんだらりん市で行われています!
私も出演してる鴨。。。
「ときわ通り」と「駅の東西自由通路」でも、映ってる鴨。
ちなみに、
テレビ愛知HPから「みんな!エスパーだよ!」今週の予告を30秒ほど流してる!
え~と、今週末は水上ビル「大豊商店街」と、「前田橋のタワー」が、ちょい出しになってます!!
ドラマ設定では、架空の田舎な街になってますが。。。

投稿: beibu2004 | 2013年5月20日 (月) 23時10分

会えてうれしかったでーす。
食べ物についても、いろいろ教えてくれてありがとう!
「アイスつけるのがお勧め!」とか(笑)
茸夫は、おかって市場の敷地に入った途端、
「つぶお姉ちゃんは?」と言っていたよ。
でも、その後、ライブの音が聞こえてきて、
そちらにまっしぐらになってしまったけどー。
「また会ったー!」時、食べ物を手にしているつぶさん、
さすがだと思ったー。
富岡の町もまたゆっくり訪れたいです。
また、何かのイベントで会うのを楽しみにしているね。
まず、私はがんばって出産だ!!!

投稿: 桐子→つぶさん | 2013年5月22日 (水) 23時16分

見た見た、そのドラマ!こっちでもやってるんで録画して。
でも、内容についていけず(?)一回しか見てないけどー。
山の中の高校だけど、新城かねぇ?蒲郡かねぇ?と言いつつ。
水上ビルのあたりはよくわかりました。
ときわ通りとか、なつかしいな♪
録画予約は毎週しているので、風景だけでも楽しむかなぁー!

投稿: 桐子→beibu2004さん | 2013年5月22日 (水) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昭和的な音楽 | トップページ | 今年の庭 »