2014年1月23日 (木)

イチゴとさのまる

先日、イチゴ狩りに行ってきたよ!栃木県佐野市。
前に行ってとても美味しかった農園に行くと、開店時間になっても人の姿なし。電話も出ない…。まだ始まってなかったのかな?
 
なので大きな観光農園へ。こちらは東京方面からのお客さんがどっさり!当日の列に並んで、どうにか入れることになりました。後ろのほうの人たちは、もしかしたらお断りするかもしれないと言われていた。危ないとこでした。毎年、次回は予約しようと思うけど、結局急に行くことになるからねー。
 
その後、道の駅どまんなかたぬまへ。ここが、ディズニーランドですか?って混みようで(我が家の基準で)。びっくりしました。
 
そーしーてー!
佐野といえば、先のゆるキャラグランプリ2013の第1位に輝いた「さのまる」。勢いがありました。
フワフワなんかできちゃってるし!腰に差してるのは芋フライ。ソースがいい味なんだよね〜。おいしい。
 
そして、お土産コーナーもさのまるだらけ〜!
わたくしめも、お菓子と子ども用箸を。
レジの人もさのまるのお面?みたいの頭につけてました。さのまる祭りだね。まだまだ盛り上がるのかな!
 
佐野ラーメンのお店、全然知らないんだけど、何軒か行列できてるお店もあり…。いつか並んでみたいわー。日本人だなぁ。

| | コメント (2)

2013年4月23日 (火)

旅行に行きました②

二日目~!

まず、naococoさんのブログで紹介されていた龍門の滝へ。
Cimg7040
下まで降りると、かなりの水しぶきが飛んでくる~。
夏はさらに気持ちよさそうな場所でした。
入り口に建っている、ふるさと民芸館に「ハイテクの龍が降臨」みたいなことが
書かれていたので、入ってみると…。
小さな劇場?みたいなイスが並んだ薄暗い部屋の奥に、
大きな龍がいるではないかー。
生夫が手を打つと、龍の目が光り、怖い声でしゃべり始めた!
茸夫は大泣きで、逃げてしまいましたー。
生夫が言うには、
「最後に怖い声で、『足元に気をつけてお帰りください。』って言っとった。
 なかなか親切な龍だ。」

続いての目的地は益子。
真岡鐵道を走るSLに乗ります。
下館と茂木間を走っているけど、多分茸夫が途中で飽きるので、
途中の益子から乗ることにしたのです。
SLに乗るには整理券が必要です。
当日買えないと困るので、前もってみどりの窓口で買って行きました。
でも、この日は当日買っている人も多かったです。
遠くから汽笛が聞こえ…ホームで待っている人がみんなワクワク。

こちらを走っているのは、C12。小さくてかわいい。
Cimg7053
きたきたー。

茂木駅までは、のんびりした風景が続き…。
時々、撮り鉄の皆さんが大勢カメラをかまえている場所があったり。
駅にはそういうカメラを持っている人はいなかったけど、
やはり、いいスポットがあるんだろうねー。
菜の花越しに撮影している人もいました。
手を振っちゃったりして、ちょっと優越感。

茂木駅では、転車台に機関車が乗せられて、180度回転します。
Cimg7064
かわいいメロディにのってね。
帰りは、普通の列車に乗って戻りました。

北関東自動車道がつながったから、益子や真岡も近い!
帰り、真岡インターから1時間くらいで自宅まで帰った気がします。
これなら、日帰りもできるねー。
益子の陶器市、4月27日からだったかな。行きたいなぁーーー!

以上、二日間の旅でした。

【茸夫語録】
保育園で覚えたらしく、かわいい歌を歌います。
手を、キツネさんみたいにして、歌います。

「こっちからピカチュウやってきてー、かわいく鳴きました、ピカチュウ♪
 こっちのピカチュウも出ておいでー、ランラランラランラランララーン♪」

あまりにもかわいいので、先生に聞いてみたら、
実習で来た若いお兄さんお姉さんが、お話を読む前にこれを歌って、
みんなを集中させてたみたいです。
何でもすぐ覚えるお年頃なんだなぁ。

| | コメント (2)

2013年4月18日 (木)

旅行に行きました①

6月に出産を控えて、おなかもだんだん大きくなってきました。
変わらず元気です。仕事もぎりぎりまでするつもり。
でも、そうそう遠出はできなくなるよね…産まれたらさらにね…
ってことで、栃木方面に旅行に行ってきました。

まず、佐野でイチゴ狩り…。
4年くらい前に行った農園がおいしかったんで、そこに行くと、
今日は予約の人しか受け付けない!と。
慌てて他に電話するも、やはり予約のみ…。
「まず、イチゴ狩りしようねー。食べ放題だよー。」
なんて盛り上げちゃってたもんだから、
断られた雰囲気を感じた茸夫は泣き出しちゃって…。
いわふねフルーツパークに電話したら、
「はいはい大丈夫ですよ、来てください~。」
無事、イチゴを食べました。ホッ。
いきなり出だしからこれですよ(笑)

次に、友達が「ここが好き!」といつも熱く語ってくれてた、
「なかがわ水遊園」へ。
高速降りてから、行くまでの道がのどかでー、駐車場もいっぱいあってー、
広いので、混み合ってる感じが全くなくてー、
生夫が大喜びでした。人混み嫌いな人だから。
Cimg6992
現在、こいのぼりならぬ、鮎のぼりが元気に泳いでいます。
淡水魚の水族館ということで、この施設の横を流れる那珂川の魚、
アマゾン川の魚もいる!!!
アマゾン川の魚たちは、さすがに人生で初めて見るようなそんな形や色で、
驚いたなぁ。黒に赤にさらにでっかいー。

直接触ることのできる魚もいて、面白かったー。
茸夫は慎重派なので、「ボクは触らない!」でしたが…。

そして、続いて「いわむらかずお絵本の丘美術館」へ。
我が家、車にナビがついていないので、迷いましたがどうにか到着!
14ひきシリーズ誕生30年記念展開催中でした。
茸夫が保育園で14ひきシリーズを借りてきて読みました。
それから、タンタンもこの作家の作品なんだねえ…。
うちに絵本があるけど、気づかなかった。
14ひきが住んでいそうな、そんな場所にある美術館でした。

どこも、とてものどかな感じで、「ふるさと」のイメージだった。
この辺り、ちょうど桜や桃?とにかく花が溢れている時期で、
きれいだったなぁ。これからの新緑の時期もいい雰囲気だろうな。
近いし、「またいつか来よう!」という意見で一致した我が家でした。


【茸夫語録】
あさりのお味噌汁を出しました。茸夫はあさりが大好き。

茸「あー!久しぶりに、パカッていうやつじゃんー!」

生「そうだね、なんていう名前だっけ?」

茸「……あり!

惜しい~~~~~(笑)

| | コメント (2)

2013年3月20日 (水)

森高千里の「渡良瀬橋」

すっっっかり春になってしまいましたね!
先週金曜日から、茸夫が流行の胃腸炎になりまして、
そんなときに限って生夫は出張でずっといない…。
茸夫と二人、4日間ほど家にこもっていました。

今日、久しぶりに、車を走らせて見ると!!!
あっちにも花、こっちにも花!
梅はもう前から咲いていたか、桃、コブシや、モクレンや、
毎年楽しみにしている近所の枝垂れ桜まで咲いている!!!

この4日間で世の中変わってしまった…。

さて、今日ではないんですが、少し前に栃木県足利市に行ってきました。
なんだか、県をまたいでお出掛けしたっぽく聞こえますが、
桐生のお隣です。だから、場所によっては5分も走れば足利!

森高千里の「渡良瀬橋」という歌の歌碑があるとのことで、
それを見に行ってきました~。
「渡良瀬橋」は1993年に発表されたそうで、もう20年も前???
カラオケで歌ったねぇ。遠い目…。

一応、行く前に調べてみると、結構よく通る道沿いにあるらしい。
うーん、何度も通ってるけど、あったっけ???

車は別の場所に停め、歩いて向かうことにしました。

Cimg2514
ありましたー!!!ここ、よく通るけど、やっぱり全然気づいてなかった!
ちなみに、向こうに見える鉄橋が「渡良瀬橋」。
歌のイメージと、鉄橋っていうのが、ちょっとギャップがあるかな?
ここで夕日を見て、しんみりしたいところですが、
目の前の道路は交通量がかなり多いです!
しかも現在河川敷を工事中で、ショベルカーが二台、ガンガンやってました。

Cimg2513
横には、押しボタン式の信号のようなボタンが…。
これを押すと、森高千里の「渡良瀬橋」が流れます~♪
いいですねぇ…。どんなところか全然知らずに、20年前は聞いてたけど、
そこにまさか住むとはねぇ…。

他にも足利市内には、この歌に出てくる風景があります。
Cimg2510
床屋の角にポツンとある 公衆電話

まだ電話ボックス、残ってました。ちゃんと電話もついている。
通7丁目信号角です。

Cimg2515
八雲神社にお参りすると…
の八雲神社なんですが、昨年12月に火災に遭い、
本殿と拝殿が全焼してしまったそうです…。
今、再建に向かってがんばっていらっしゃるそうです。
こちらは、足利公園の入り口にありました。
桜もきれいみたいなので、これからにぎやかになるかな。

でもって、でもって、
3月30日と31日、足利市民会館で森高千里のコンサートがあるんですね!
なんとー、足利でのコンサートは20年ぶりとか!!!
もちろん、この曲「渡良瀬橋」歌うんでしょうねぇ。

足利もとっても素敵な街なので、それを知って聞くと、
また違った感動があるだろうなぁ。
想像しただけで、涙出そう…。
ちょうど夕日のきれいな時間帯にコンサートだなぁ。晴れるといいなぁ。

| | コメント (2)

2010年6月 2日 (水)

ぺたんこ祭り

6月1日、足利のぺたんこ祭りに行ってきました。
毎年6月1日、曜日関係なくこの日なんだそうで、
今回は火曜日。
この一年の間に生まれた赤ちゃんがお参りするらしいけど、
もう歩いている子とか、走っている子とか、
保育園の制服を着ている子とか、子どもならOKって感じ。
森高千里の歌にある「渡良瀬橋」、
その橋のすぐ近くにある足利富士浅間神社が会場です。

会場です!とか、気軽に書いたけど、この会場が、
男の子と女の子は別々になっていて、
男の子の場合、上浅間神社まで行かなくてはなりません。
結構な山道をみんなでぞろぞろ登ります。
0601
緑が気持ちよかったですけどね。
生夫は仕事に行っちゃって、私が茸夫を背負い、
登りました。10分、15分くらいかなぁ。
そんなちょっと登っただけでなかなかの景色。
06013
そして、なかなかの人出。
06011
ぺたんこしてもらう前に、お祓いがあるんだけど、
「後ろが混んできたから、まとめてやります。」
という具合に混雑(笑)
その後、おでこにご朱印をいただきました。
06012
何?って感じで押されてたんで、泣きはしなかったよ。

いただいたパンフレットによると、このぺたんこ祭りは、
宝永二年(1705)には始まっていたらしい。
男の子は上の写真の桜の花の形で、
女の子は、四角のハンコになっています。
女子は、下浅間神社で押してくれるので、
階段50段ほど登るだけなんだって。
茸夫は足利で産まれたし、参加したかったお祭り、
天気にも恵まれてよかった!

みんなすくすく大きくなぁれ!!!

| | コメント (14)

2010年1月13日 (水)

しい散歩…足利アピタの赤ちゃんサロン

しい散歩です。
首も据わって、お出掛けしやすくなったので、
遠征してきました。

私は足利で出産したので、病院のママ友は、
足利、館林の子たち。そのママ友から情報が。
「足利のアピタで赤ちゃんサロンが開かれるらしい」
うちから、車で40分ほどかかっちゃうけど、
みんなに会いたいので参加してきました。

足利アピタには、妊婦検診のあと必ず寄って、
赤ちゃんの服見たり、パスタ食べたりしてたんです。
懐かしい…。久しぶりに行けるのもうれしかった♪

赤ちゃんサロンは「足利0123歳」というサークル主催で
行われているみたいです。
「足利0123歳」ブログ
足利市在住の8人のお母さんたちがメンバーだそう。

場所はコム広場という、中央広場って感じのところ。
そこにマットが敷かれていて、どんどん親子が集まってきました。
30組以上参加したんじゃないかなぁ。
すごい賑わいで、初参加の私はびっくりした〜。
0112
今回は、赤ちゃんと楽しむ英語あそびがテーマ。
英語の先生がいろいろ教えてくれるのが前半。
後半は○×クイズ(英語とは関係なし)などなど。
いろんな月齢の赤ちゃんの反応を見るのが面白かった。
茸夫は、いつもこういうところに行くと寝ちゃうんだけど、
今回は頑張って起きてたよ〜。
お友達に一生懸命話しかけてました。

で、赤ちゃんサロンのあとは、
ママ友4人で、ベビー服のセールを見たり、
ケンタッキーで食事したり…。
みんなの最近の様子を話しているだけで、
あっという間に時間が過ぎ。あー、楽しかった。
また集まろうねぇ〜!と約束して帰ってきました。
月一回くらい会えると、みんなの成長も見られていいなぁ。

足利アピタの中には、子ども図書館もあって、
買い物に行ったついでに本も借りられます。
ちょっと遠いけどアピタに行きたいから、
今度借りちゃおうかな(笑)

| | コメント (0)

2009年12月 2日 (水)

三船屋のたい焼き

9月に産まれた椎茸夫。
バリバリの群馬っ子になる予定だけど、実は…。
出生地は群馬じゃないという事実がぁ!!!
栃木県足利市なんです~。
足利の総合病院(といえばわかるか)で産まれました。
なので、茸夫の一ヶ月検診と、私の一ヶ月検診は足利まで。
生夫が張り切って仕事を休んでくれて(笑)、行きました。

足利と言えば、パス太さんに教えてもらってから、
カキ氷を食べに何回も通った三船屋さん。
カキ氷の記事 
特製うめが私達のお気に入りです。

私の一ヶ月検診は10月の終わり。
もう寒いし、茸夫も一緒にいるし、
カキ氷をお店で食べるのは無理。
でも、そういえば、たい焼きがあったよねぇ!!!
ってことで、帰りにちょっと寄り道してたい焼きを~。1017
あとで気づいたんだけど、普通、左に頭ですかね?

なんか、ちょっとほのぼのした感じの顔の鯛で、
あんこもたくさん、おいしかったです。
できれば、店先で一匹食べたかったなぁ~。

妊婦の頃の検診で何度も足利に通いました。
この前、産後の育児学級ってのにも参加して、
久しぶりに自分で運転して病院へ。
これでもう病院に行く用事はないので、
なんかちょっと寂しかったなぁ~。
今、新しい病院を建てているので、それが完成したら
ここは壊されちゃうんだろうな。
茸夫の産まれた建物がなくなっちゃう。寂しい~。

| | コメント (2)

2009年7月20日 (月)

ココ・ファーム・ワイナリー

3連休だったので、いろいろと行きたいところに
行ってきました~。

土曜日、足利市にある「ココ・ファーム・ワイナリー」に。
ココ・ファーム・ワイナリーHP
年に一度収穫祭ってのがあってすごい人出だよという話は、
いろんな人に聞いていて、収穫祭は無理でも、
レストランもあるようだし、一度行ってみたいと思っていました。
でも、生夫も私もお酒を飲む人なので、普段だと、
どちらかが我慢しなければならない…。
「いいよ、私が飲まないから…」って言っても、
なんか、そんな中1人だけ飲むのって飲みづらいよね~。
視線が痛いっていうか…。
ということで、結局一度も行っていませんでした。
が、今は「もれなく私が運転手になれる」ということで、
それを誘い文句に生夫と行ってきました!

途中、結構道が細いんですね~。
そこを走って突き当たったところにありました。
ここの原点は、1950年代に特殊学級の中学生たちによって
開墾された葡萄畑です。HPに詳しく書かれています。
少し前に、報道ステーションでも特集されていました。
すごい斜面に葡萄が植えられているので、
トラクターなどは使えません。
人の足で上り下りしているそうなんですが、
実際斜面を見ると、すごく大変だろうなーと思いますよ。
07203
もう、袋が被せてありました。
あの上の方まで行くの、どのくらいかかるんだろう。
そのお陰でおいしいワインがいただけるんですね~。

今回は、カフェでランチをしました。
07202
デッキプレート 1000円
野菜が楽しめるって感じ。

現在、「スパークリング・フェスタ」開催中とのことで、
生夫はスパークリングワイン「ぐらんのぼ」を。
私は、ノンアルコールのスパークリング・ロゼを。
0720
右が「ぐらんのぼ」 1000円
左が「スパークリング・ロゼ」 200円
色がきれい。
でも、このお値段の違い!
生夫、ちゃんと味わって飲んだかなぁ…???

昼からワインを飲む生夫を激写していたら、
お店のスタッフが、「お撮りしますよ。」と言ってくれて、
葡萄畑を背景に、2ショット写真を撮ってくれました。
よい記念写真になってうれしかったです。
暑かったけど、デッキでのランチは、
夏の一つの楽しみという感じがしたよー。
お客さんも多かった!

今度はいつ行けるかなぁ…。いつかはわからないけど、
今度は生夫に運転手になってもらって行こうっと。

| | コメント (8)

2009年6月19日 (金)

栃木市に行く

段々お腹も大きくなってきたので、
遠出もそのうち出来なくなるでしょう…ってことで、
友達が、「どこか行きたいところある~?」と、
連れて行ってくれることになりました。

で、私がリクエストしたのが、「栃木市」。
蔵の街ってことくらいしか知らなかったけど、
古い建物が残ってそうで、行ってみたい!
むちゃくちゃ遠いわけじゃないので、まだ行けるだろう!
ということで、連れて行ってもらいました。
0612_2
結構車どおりの激しい道路沿いに、
古い建物がいっぱい建ってました。
上の写真右は観光案内所ですが、左は履物屋さん。
古い建物の八百屋さんなどもよかったなぁ。

06121
とちぎ蔵の街美術館
浮世絵の展示がやってました。
築およそ200年という蔵の中で浮世絵とは、いいですね~。
でも、今後の企画展では、チェコの絵本展などもあり、
古いものだけ取り上げるってわけじゃなさそう。面白い。

06123
こちらは、麻問屋と銀行だった建物。
横山郷土館
06124
入るとこんな感じ。
蔵の中には、いろいろな展示が。
梁を見上げたら、建てた当時の棟梁や石工さんの名前が、
墨で書かれていました。こうして自分の仕事が残るっていいな。

06128
このかわいい建物は、大正時代に建てられたそう。
今はカフェになってますが、元々は産婦人科だったんだって。
Cafe15

そして、こちら。
06129
油伝(あぶでん)味噌
天明年間に油屋として創業。幕末に味噌の醸造を始めたそう。
奥のほうにずーーーっと蔵が続いていました。
栃木も桐生と同じく戦災に遭わなかったそうなので、
そのまま残っているそうです。
で、こちらで、味噌田楽がいただけます。
061210
豆腐、サトイモ、こんにゃく。
それぞれ違う味噌が塗ってあります。
味噌も買ってきました。

古い建物が、「現役」っていう雰囲気が漂う街でした。
そして、街の人が親切。
これって思い出がもう一個増える感じ。
桐生からなら、車で一時間半くらい。
また、いつか行きたい。
栃木市観光協会

| | コメント (8)

2009年2月16日 (月)

宇都宮餃子を食べる!

いちご狩り、益子の後は、宇都宮で餃子を食べることに。
最初からその予定で、前日からお店も調べていました。
餃子のお店、いろいろあるので、お店巡りしてもいいけど、
私たちは、一店舗の餃子をガッツリ食べることにしました。
行ったのは、
「餃子専門店 正嗣」
0216_2

広い通りから入った、こんな路地みたいなところに
お店はありました。
えー???ここー?と思いながら近づくと…。
お店の中は満員!!!
やっぱり、口コミとかにも載ってるお店だ!
上の写真では並んでる人はいませんが、
私たちが席についているうちに、
どんどんお客さんが並びましたよー。

メニューは、焼餃子と水餃子しかありません。
私たちは、焼餃子を注文しました。
一人前が6個。
行く前から、何人前食べるか?という話をしていて。
「私は2人前はいけるなぁ。」
「わしは4人前は軽いなッ。」
ということで、6人前注文しました。
02161
↑こちら、3人前です~。
36個の餃子をいただきま~~~っす。

うんうん、野菜がたっぷりな感じ。
だから、重くなくパクパクいけます。
もりもり食べていたら、あっという間に2人前を越え、
結局、2.5人前食べちゃいました~。
生夫は、途中からタレをつけず、そのままで食べてた。
相当この味が気に入ったみたいです。

私の隣のおじさんも、1人で3人前食べてました。
あと、2人で1人前注文してるカップルがいました。
たぶん、いろんなお店の食べ比べをしてるんだろうけど、
行列ができるお店で、2人で1人前は
お店に申し訳ないような…と、ちょっと思ってしまいました。
だって、1人前、210円なんですよーーー!安いもんねぇ。

とにかく、とってもおいしかったので、
また機会があったら、是非是非是非是非食べたいです。

| | コメント (12)