2013年5月31日 (金)

岡直三郎商店

先日、母が来ていたとき、みどり市大間々方面に食事に行きました。
で、「しょうゆソフトクリームってのがあるから食べに行こう!」
ということで、行ってきましたー。一年前に店舗リニューアルされました。
やっと行くことが出来ました。

この日、デジカメを持っていくのを忘れてしまったので、
携帯(ガラケー)で写真を撮ってきましたがー、
カメラのレンズカバーに傷がついちゃったんだよねー。
なので、ちょっとキラッとなっちゃってます…。
スマホに替える時なのか…。

Dvc001871
天明七年創業。

私たちがお店に入ったとき、他に3名のお客様がいて、
「今から醤油蔵の見学に行きますが、一緒にいかがですか?」
と声をかけていただきました。
そりゃー、行くよね!

てことで、まずは醤油蔵見学。
私たちが見学したのは、大正時代に建てられた蔵。
中に入ると、大きな桶がずらずらーと、左右に8ケ。
桶はとても大きいので、建物を建ててから入れるのは無理。
多分、桶をまず作って、その後蔵を建てたのではないか、とのこと。
杉の桶ということだけど、大正からずっと使い続けられるんですね。
他の蔵では150年使っている桶もあるそう。
木の桶じゃないと作れない味なんだって。

階段があって、2階に登ると、桶の中が見られるようになっている。
Dvc001831
薄暗い中で、仕込まれているお醤油。
岡直三郎商店では、一年半かけてお醤油を作っているそうです。
もうすぐ出来上がるものは色が濃く、最近仕込んだものは薄い色。
二日に一回かき混ぜるそうだけど、それも大変な仕事ですよね。
しかも、全部で95の桶があるということなので!

100年間この蔵と桶に住み着いている酵母菌の香りがしました。

さてさて、お待ちかねのしょうゆソフトクリームです。
Dvc001861
こちらには、二段仕込みというお醤油が使われています。
普通の醤油は1年半で完成するけど、二段仕込みなので、
倍の3年かけて作られる濃いお醤油とのこと。
確かに、香りが贅沢でしたー。
しょうゆだけど、もちろん甘いし、キャラメルの濃いのって感じ?
おいしくいただきました。

醤油の買い物もしてきたけど、
「しょうが醤油」がとってもおいしい!!!
出産前に買いだめに行ったほうがいいかな。
元々しょうが好きなんだけど、お醤油もいいものだからですよねー。
調味料って大事だなぁと改めて思っているところです。

岡直三郎商店 http://www.nihonichi-shoyu.co.jp/

| | コメント (6)

2012年8月 2日 (木)

小平親水公園

みどり市の小平(おだいら)親水公園に行ってきました。
前から、「ここはいいよ~」と聞いていたけど、
本当に楽しい場所でした。

行った日は寒い日でしたが、
今年3歳の4人と、5歳児2人は水の中へ。
Cimg0505
茸夫も水の中を歩きます。
浅いので、安心。
ちょっと坂になっているような場所も、
滑らずに上手に歩くことができました。

下のほうに行くと、自然の川っぽいところも。
Cimg0517
今、茸夫は、ディズニーランドのジャングルクルーズの
船長さんが憧れの人なんです。
私の帽子を「船長さんの帽子!」と言って被り、
船長さんが、滝のところで言う、
「よ~けて~~~~!!!」
というのを、一人でずーっと叫びまくってました。
向こうに見える滝なんて、それっぽくて大喜び(笑)

一緒に行った5歳男児は、あの滝の下に、
ためらうことなく飛び込み…修行状態~!
この日は、最初に書いたみたいに、ほんと寒かったのに。
子どもは元気ですな…。

Cimg0523
おじいちゃん、台風の時は田んぼに行ってはいかん!スタイル。

この堤防の向こうは普通に川となっていて、
結構深いところもありました。
あちらの滝にも、大興奮な茸夫でした(笑)

友達の話では、真夏の暑い日は、駐車場に入れないくらい、
芝生広場がレジャーシートで埋まるくらいの人出とか!
無料で子どもを遊ばせることのできる涼しい場所、だもんね。
でも、またジャングルクルーズの船長さんを連れて、
遊びに行きたいもんです。
小平の里(ぐんまなび)

| | コメント (2)

2012年7月 4日 (水)

わたらせ渓谷鐵道 沢入駅のあじさい

わたらせ渓谷鐵道の沢入駅にあじさいを見に行きました。
本当はわ鐵に乗って行くべきだったけど、
その後いろいろあったので、車で行ってしまいました…。

「今日、沢入駅に行ったけど、遠かったー!」

と生夫に言ったら、

「そりゃ、遠いわ、もうちょっと行ったら県境だで!」

そうかー、県境まで一人でフラフラ行ってしまったかー。
Cimg0092
ちょうどわ鐵も来ました。
まあ、それを狙ってたんですけどね!
今度はトロッコ列車で来たいなぁ。

Cimg0097
向こうに見える木造待合所がなんとも…。

ここのあじさいは、地域の人が手入れをされていて、
2,200株もあるんだそうです。
この写真のは色がついてる方で、
他のものはまだまだこれからっていう感じでした。
14、15日には、この沢入駅であじさいまつりもあります。
その頃にはキレイだろうね!

わ鐵といえば、久しぶりにこの曲をかけたら、
初めて聞いたという人が、
「とってもいい曲!!!」と言っていました。
これ聞くと、なんか故郷を思い出し、涙出てくるんだよね。

| | コメント (0)

2009年1月28日 (水)

わたらせ渓谷鐵道・イルミネーションの旅

わたらせ渓谷鐵道で12月から、各駅イルミネーションという
イベントが行われています。
各駅が、そのご近所の皆さんのお力によりキレイに輝くんです。
今年で5回目のイベントです。

その各駅のイルミネーションを楽しむためのツアーがある!
お弁当もついているらしい!
ということで、友達と一緒に参加してきました。
桐生駅改札口に午後4時30分に集合します。
そして、電車に乗り込みます。
0119
これがわたらせ渓谷鐵道の電車です~!
私が参加した日は31人の参加者があり、車内はほぼ満席。
午後4時45分にしゅっぱーつ。
まだこの時間だと明るいです。この日は夕日がきれいだった。
大間々駅で、お弁当が積み込まれます。
お弁当は、神戸(ごうど)駅構内にある、
列車のレストラン「清流」のお弁当でした~。
01192
まい茸ご飯、おいしかったよーーー。ボリューム満点。
満腹になりつつ、イルミネーションを楽しみました~。
01282
水沼駅
01281
沢入(そうり)駅
0128
終点の間藤(まとう)駅

こんな感じで各駅がイルミネーションで輝いています。
次はどんなイルミネーションかなぁ♪って思いながら、
どんどん進んでいきます。
停車時間は駅によって違います。
15秒しか停まらない駅もあれば、4分間停まる駅もあり。
私たちの隣の席には、なんと東京からツアーに参加した
ご夫婦が座っていたんだけど、ご主人は4分の停車時間には
電車から飛び出して、ホームを走りまわって写真撮影!!!

往復3時間ほどの小旅行。楽しかったです。
こちらの電車は、イルミネーションが行われている、
2月15日までの、土・日・祝日に走っています。
詳しくは、わたらせ渓谷鐵道HPをご覧ください~。
列車の旅っていいよね~。
今度はトロッコ列車に乗ってみたいな!

| | コメント (4)

2008年5月25日 (日)

移動博物館がやってきた!

富岡市にある、県立自然史博物館では、
なかなか博物館にこられない、ちょっと遠い地域を対象に、
移動博物館を行っているそうです。
年に3ヶ所、申し込みがあったところから選んで
回っているということ。
今年度、みどり市の東公民館に移動博物館がやってきた。
23日(金)~25日(日)まででした。
080525
地球の誕生にかかわるものや、恐竜の化石、
群馬の自然の中の動物たちなどなど、
幅広い展示内容でおもしろかった!!!
しかも、「触ってもOK」ってのが、いい!!!
(あ、触っちゃいけないものもあります)
触るときに、大人でもドキドキするんだから、
子どもたちにとっては、印象に残るだろうな~。
0805251_2
ドキドキしながら手に乗せてみました、
ティランノサウルスの歯。
歯の縁にナイフみたいな
すごーく細かいギザギザがついている。
細かいところまで良くできてたんだなぁ~。
これで肉を噛みちぎっていたんだねぇ~ひょー。

0805252
アナグマ。
これも触っていいんですよ~。
群馬にも住んでいるということ。なんかかわいい。

0805253
オナモミとタンポポの綿毛を顕微鏡で見るコーナー。
「こんな風になってるんだ~!」
とみんな言うんじゃないだろうか。

およそ100点の展示物、解説してくれる方もいました。
大きな恐竜の頭の骨はスカスカで、それは重さを減らすため、
最新の車みたいなもんだなーんて話、面白かったな~。
恐竜の色も、よくわかってないんだよね~。
オオルリの剥製のきれいな青い羽根を見て、
「松田聖子の瑠璃色の地球って歌があったけど、
 まさにそんな感じでしょ。」
身近なところにつながると、なんかうれしい。

自然史博物館のミニチュア版という感じでした。

| | コメント (2)

2008年3月 2日 (日)

列車のレストラン

ここのところ週末は、生夫は仕事で忙しく、
私は遊びで忙しく、すれ違いの生活でした。芸能人かッ!
これはいかん!!!ということで、
今日は一緒にランチに行ってきました。
(そのあと生夫はまた仕事に行ってしまいましたが…)
今度時間が出来たら、行こうね♪
と、前々から話していたところです。

列車のレストラン「清流」

わたらせ渓谷鉄道の神戸(ごうど)駅の構内にあります。
本当は、わ鉄で行きたかったけど、
その後、生夫の仕事もあったので、今回は車で行きました。
それにしても、列車の中で食事ができるなんてね。
向かう車内で興奮気味の私たち。

「電車の中で食べるんだよ~!テーブルあるのかなぁ?」

「画板みたいのを持たされるかもしれん。」

「えー(笑)首にかける~?水がこぼれちゃうじゃん。」

「水は、穴があいていてコップがはまるようになっとる。」

などなど、勝手に盛り上がっていました~。

神戸駅に到着。
無人駅です。建物に味があります。
080302
私たちが行ったとき、観光客なのかなぁ?
私と同じように、駅舎の写真を撮っている人など、
なんか、たくさん人がいました。
0803022
わ鉄。1両です。

レストランは、駅舎と反対側のホームにあります。
0803023_2
あの、青い電車がレストランです!!!

お店に入って、食券を買います。
私たちは、「きのこカレー」800円を注文。
あと、コロッケ一つ。
心配していた、テーブルはありました。
でも、椅子はもちろん列車のもの、網棚もある。
面白い~~~!!!
0803026
今日は、1両の半分が開放されていたので、
8テーブルくらい使える状態だったと思います。
ちょうどお昼時ということもあって、
半分以上埋まっていました。
0803021_2
きのこカレーとコロッケ。
コロッケは手作り感満載でおいしい。
きのこカレーは、しめじ、舞茸が入っていました。

他のお客さんのをチラッと見たら、
舞茸ご飯定食っていうのが、とても豪華でした。
舞茸ご飯に、うどんに、天ぷらにサラダ…など。
(↑チラッと見ただけなのに、詳し過ぎる???)

食べ終わって外に出ると、とても静か。
電車もあんまり本数がないし、
国道からも離れているので静かなんでしょうね。
すごくのどかな雰囲気でよかったですよ~。
それから、この列車のレストランの周りには、
桜もたくさん植わっていました。

「また、桜の時期に来るか~!!!」

と言いながら帰ってきました。
お花見がてら、いかがですか?
今度は舞茸ご飯定食、食べよ♪

| | コメント (8)

2008年1月30日 (水)

カモ、ホフク前進!

この前、生夫と一緒にカモを見に行きました。
といっても、寒いから、ちょこっと見るだけなので近場です。
桐生競艇場の横に、割と大きな池があって、
そこにカモが渡ってきています。
生夫は、「キンクロハジロ」が見たいらしいのですが、
いまだ出会えず…。
この日は、オナガガモとバンがいました。

生夫が、草をちぎって、えさを投げるまねをすると…。
K080126
来た来た~~~!!!
泳いでくるものもあれば、遠くからわざわざ飛んでくるものも。
で、結局エサは持っていないので、
「なんだよぉ。おっさん、エサないの~???」
って感じで、こっちを見ていました。ごめんね。

オナガガモなので、オシドリじゃないけど、
オシドリ夫婦なオナガガモがいました。
K0801262
仲間からは離れたところに、二羽でずっといました。
ラブラブ夫婦ですね。

笑ってしまったのが、これ。
K0801261
この格好で、くねくねしながら前進している!!!
たぶん、水面の何かを食べていると思うんだけど、
ホフク前進してるみたいで、おかしかった~!!!
動画で撮ればよかった。くねくね~くねくね~♪

この前は、氷が張った池の上に、カモがいました。
一緒に凍っちゃうことはないんですね。
エサはどうしてるのかなぁ。
少し前、すごい強風が吹き荒れている日があった。
そんな中、カモも耐えてるのかなぁ。
また、どこかに観察に行きたいと思います。

カモちゃんたち、まだ帰らないでね~~~!!!

| | コメント (6)

2008年1月14日 (月)

オシドリはどこに?

コノドント館で、いろんな資料を見ていたら、
高津戸渓谷に、オシドリがいるという記事がありました。
ここにも載っています→コラムのページ

私と生夫は、カモを見に行くのが好きです。
カモハンドブックという本を持って、
双眼鏡を持って、見に行きます。時々忘れるけど。
しかも、寒いときは行かないという、
それくらいのカモ好きなんですが…(笑)
オシドリは、いつか、本物を見てみたいと思う鳥です。
美しいですよね。でも、警戒心が強いんですよね。
それが、高津戸渓谷にいる???
コノドント館の帰りに、チラッと見ていくことにしました。
高津戸渓谷は、秋には紅葉が美しい場所です。
K0801132
行ってみると、長いレンズでカモを撮影している人が。
オシドリかと思いきや、その人は、マガモを撮影していた。
「オシドリがいるって聞いてきたんですけどー。」
と聞いてみると、もっと下流の方じゃないかなということ。
遊歩道を行けば、川が良く見えたのかもしれませんが、
昨日は、めちゃめちゃ寒かった!
しかも、だんだん日が暮れかかってくる時間。
とても寒くて歩く気になれず…。
とりあえず、駐車場の近くの橋から下をのぞいてみました。
鳥が浮かんでいます。
K0801133
ちっちゃッ!!!何の鳥なのかわかりませんね。
マガモたちでした。
K0801131
ズームアップして撮ったので、イマイチ。
見た感じ、オシドリはいなさそうでした。

帰ってから、ネットでいろいろ調べてみると、
やっぱり、オシドリは高津戸渓谷のダムの方にいるみたい。
これは、今度生夫と一緒に、双眼鏡持参で来なくては!
さて、いるかなぁ?見えるのかなぁ~???

今日は、カモの写真がブレブレで、イマイチだったので、
最近購入した、生夫のトランクスの柄を最後にお届けします。
人のパンツなんて見たくないって???
K0801135_3K0801134_2

カルガモパン        マガモパン

と、我が家では呼んでいます。
ユニクロで、二枚で990円だったかな。
二枚ともカモを買ってしまった私。
生夫も大喜びで履いています(笑)
他の種類のカモもあればいいのに、とか言って。
まだ、今ならこの柄あると思いますよ~。
カモパン履いて、カモの観察…いいねぇ!

| | コメント (4)

2008年1月13日 (日)

コノドント館

みどり市のコノドント館に行ってきました。
(コノドントについては、ココ
コノドント館HP
大正10年に建てられた、元々銀行だった建物です。
K080113
今は地元の自然について、民俗について、歴史について、
などの展示室になっていますが、
「ここって、たぶん、金庫だったところだよね~。」
というようなものも、そのまま残っています。
私が入館したら、ちょうど、
立体映像の上映が始まるということで、
私も、3D専用眼鏡をかけて見ました。
恐竜の物語だったんですが、
ティラノサウルスに、食べられるかと思った!
顔がぐわーーーっと飛び出してくるんですもんね~。
なかなか面白かったです。

で、私が今回コノドント館を訪れたのは、
昭和30年代の暮らしを振り返る、
「おもいでの玉手箱」という企画展を見に。
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」あたりから、
この時代がクローズアップされてますよね。
私はもう少し後に生まれてますが、
見たことあるものや、使ってたものも並んでいて、
なんだか、懐かしかったです。
蚊帳とか、黒電話とか、ちゃぶ台、羽子板など。
昔の買い物かごがかわいかった。
なんか、ナイロンで編んであるような…。ありましたよね。
今欲しいと思ってしまいました。
不二家フルーツドロップとかも懐かしい~。
この企画展は、2月11日(月)まで開催しています。

コノドント館は、入館料大人100円、子ども50円
このお値段で、盛りだくさんな内容。
楽しめますね~♪

| | コメント (2)

2008年1月12日 (土)

草木ダム

昨日、草木ダムの見学に行ってきました。
桐生市は、このダムの水を使っているそうで、
私もお世話になっているのです。
K080112
今は、ほぼ満水状態。
満水で、6,050万立方メートル、
東京ドーム49杯分貯まるそうです。

草木ダムは、渡良瀬川の水を貯めています。
渡良瀬川の上流には足尾があります。
足尾と言えば、足尾銅山
江戸時代、日本を代表する銅山でしたが、
足尾鉱毒事件は日本最初の公害となりました。
前に、足尾銅山観光に行きましたが、
今も禿山状態の山にショックを受けました。
草木ダムでは、現在でも、
ダムの水の重金属の検査を欠かさないそうです。
そういう検査のできる、水質分析室があるというのは、
全国のダムでも、珍しいそうです。
もし、何か混じっていたらすぐにわかるというのが、
安心につながりますよね。

ダムといえば、でっかいコンクリートの壁。
そこにはなんと、エレベーターがついているんです!
壁の一番上から、エレベーターで、降りていくと…。
真っ暗!!!しかも、ひんやりしている!
すぐ電気をつけてもらえましたが、
なんだか、ドキドキしますよね~。
あんなデッカイ壁の中にいるかと思うと…。
K0801121
通路は、天井が低くて狭い。
歩いていくと、一枚の扉が見えてきました。
そこを出ると!!!
K0801122
ドドーン!と、ダムがそびえていました。
でっかーい。
この中をエレベーターで降りてきたのかぁ~。

ダムの水は、すぐ隣にある発電所に引かれていて、
そのまま、なんと、水専用のトンネルで、
小平発電所まで流しているんだそうです。
その後、高津戸発電所で、また渡良瀬川に水が戻るそうです。
トンネルが掘ってあるなんて、なんか信じられないよね~。

でも、ダムの状態によっては、放流することもあるんだそうです。
K0801123
ダム、全体像。
上の青いところ、その下の二つの穴、
それから、もう一つ、横にも水を流すところがありました。
洪水が起きそうだとか、そういうときには、
職員の皆さんが判断して、放流するそうです。
自然相手なので、なかなか大変ですよね~。

話を聞いてびっくりしたのだけど、
このダムの水は、東京でも使われることになるそうで。
たくさんの人が利用している水なんですね。
当たり前に水道から出てくる水だけど、
いろいろな人が関わって私たちの元にやってきてるんだなあ。
大事に使わないといけませんね。

ダムの見学は、団体はもちろん、個人でもOK。
職員の方が、本当に詳しく説明してくださいますし、
説明ホールには、ダムの動きなど仕組みのわかるものも。
どうやって、水を流しているかとか、面白かったです。
見学は、事前に予約が必要です。
詳しくは独立行政法人水資源機構、草木ダム管理所まで。
HPはこちら→草木ダム

見学者がもらえる、ダムのトレーディングカード。
K0801124
裏面には、ダムのデータが載っています。
なんか、マニアっぽくていい!!!

| | コメント (6)

より以前の記事一覧