2012年8月27日 (月)

水沼駅温泉センター

駅に温泉がある!っていう面白い場所は、
わたらせ渓谷鐵道の水沼駅です。
水沼駅温泉センターに行ってきました。
Cimg0109
駅のホームに「ゆ」の暖簾。

こちらで、今一押しの「大和芋ステーキ丼」をいただく。
Cimg0104
丼の上には大和芋のステーキと、鶏肉も乗ってます。
大和芋のサラダ、大和芋の磯辺揚げ、大和芋のお漬物、
大和芋づくし。

ステーキはコショウが効いていて、ご飯が進む味。
こんな食べ方もあるんだな!

温泉にも入ってきました。
こちらは、そんなに熱くないお湯。
でも、出たあとポカポカしてくる、そんな温泉です。
お風呂でおしゃべりしたおばあちゃんは、桐生市内から。
ホームでおしゃべりしたおばあちゃんは、埼玉から電車で。
若めの男子3人組は、
「今度は福島の○○線に乗りに行こう!」と、
「鉄」なグループだったようです。
いろんな楽しみ方が出来る場所ですね!

| | コメント (4)

2010年8月 3日 (火)

草津温泉

お久しぶりです!

なかなかパソコンが開けない。携帯から更新!たくさん書きたいことはあるのですが!
草津温泉

もう、二ヶ月も前になっちゃったけど、草津温泉に行ってきました!茸夫は初めてのお泊り。赤ちゃんOKの宿を予約して。温泉はそのままでは熱いし強いんで、ベビーバスが準備されてました。水で薄めて茸夫も草津の湯を楽しみました。食事の時に同じ赤ちゃん連れの家族としゃべったり、楽しかったです♪
草津温泉
茸夫はいろんなものに興味津々で、真剣な顔で見てました。記念撮影したくても、湯畑のお湯の流れが気になっちゃって。
草津温泉
湯もみショー。一人すっごい水しぶき?お湯しぶきの人がいたー。

温泉饅頭配りまくりのお店にはびっくり。

鶴太郎美術館にも入る。

温泉博物館だったか、資料館が面白かった。五寸釘を草津のお湯につけておくと、一週間でかなりの細さになるとか、昔の絵図とか!

お湯がいいし、西の河原や湯畑など見所もあり、さすが温泉地の横綱って思いました。翌日は草津白根をドライブ。ここも見たことないような風景で。

あと、温泉街を歩いていて気になったのが、男同士何人かで歩いている人が多いこと。しかもやけに楽しそう。あんなに楽しそうなのは、会社の仲間じゃないような…。大きなお世話だけどいろいろ考え、バイクのツーリングの人たちだろうと。本当に気になるくらい楽しそうなんだもんね。いつまでも少年。

そんな草津の旅でした。

| | コメント (4)

2009年5月30日 (土)

谷川温泉

谷川温泉に宿泊しました。

今回は、コレを使ったんですよ~。
みなかみ町〈定額給付金〉温泉旅行
応援キャッシュバックキャンペーン

(リンクはもうすぐ切れちゃうかも)

金額にもよるけど、1人2000~1000円のキャッシュバックが!
私達は旅館たにがわに宿泊。
チェックインの時に現金4000円返ってきました。
それでお土産を買ったり、コーヒーを飲んだり楽しめる、
という仕組みになっているそうです。
谷川温泉は、宿の件数は多くはないと思うけど、
全体的に活気があるという感じでしたよー。
車もたくさん来ていたし、周りの宿も賑やかでした。

旅館たにがわからは、谷川岳がでっかく見え…。
仲居さんのお話しでは、あまりに近すぎて、
手前のところが大きく見えてるので、山頂は見えないと。
山の迫力を感じることができました。
とっても丁寧でキレイな旅館でした。
旅行の計画、予約等々は、いつも私の役目で、
勝手にここにしよーって決めちゃうんですが、
今回は2人でのんびり行ける最後の旅行なので、
よかった、素敵な宿で。

午後4時には到着したので、早速お風呂に入る。
お湯は無色透明。さっぱりした感じだったかな。

そして、ご飯でーす。
05291
夕食もあっさりしているものが多くてうれしかった。
とはいえ、お肉がおいしかった(笑)
肉は、牛、豚、鶏があったけど、全部群馬のお肉。
お刺身は、ギンヒカリ、コイが群馬の物だそうです。
山菜もやっぱり群馬ですよね。

ご飯の後、足湯コーナーに行っていろいろ話しました。
生夫は、その後9時には爆睡してたんじゃないかなー。
浴衣を着てパンツ丸出しで寝てる姿を激写したけど、
ここにUPするのは、控えさせていただきます(笑)
まー、とにかくゆっくりできました。
よい思い出になりました。

そして、翌日は新潟方面へ…。
まだまだ続く…。

| | コメント (4)

2008年9月16日 (火)

草津に伊香保に…

キャベチューに参加した後、
「どうやって帰る~???」
と、地図を広げてみました。
私は15日から仕事なので、泊まるわけにはいきません。
でも、せっかく来たんだから…と、草津温泉に行くことに。
日帰り温泉に入ると、一気に眠くなるから、
家から遠くの日帰り温泉は嫌なんだけど、
天下の草津ですからぁぁぁ~!!!
ここは、入っとかないと!

力入っちゃいましたが、私、初・草津なんですよ。

初・草津の私のために、愛妻家の(笑)生夫が、
湯畑のほうに回ってくれました。
…が、三連休の真ん中の日、観光客がすごい!
満車で、駐車場に停められない。
「また、いつか泊まりに来た時でいいよ。」
ということで、素通りでした~。硫黄臭がすごい。
温泉饅頭食べてプラプラしたかったなー。

温泉は「大滝乃湯」というところへ。
大滝乃湯HP
が、ここも、駐車場がいっぱい。停められない。
「まあ、いいや、また泊まりに来た時に入れば。」
と、帰る気分になったときに!目の前の車が出て行って、
無事駐車することができました~~~。よかった。

お風呂の中は写真撮れないので(笑)写真はありませんが、
お湯が、ちょっと白っぽくって、ヌルヌルしていて、
とてもいいお湯でしたーーー!!!
さすが、日本一といわれるお湯だ、と納得。
ランキングで一位になるわけだ、と納得。
いやー、よかった。
今度は!泊まりで!!!
いつになるかわからんけど、ゆっくり浸かりたいものです。

で、帰りは草津、六合村、中之条を通って、榛名湖に出て、
伊香保温泉の横を通ってきました。
草津温泉と、伊香保温泉に一日で行けちゃうって、
他県出身の風呂好き娘(娘?)としては、うれしいですね~。
群馬は本当に温泉が多い。
温泉を一つずつ巡るのもいいねぇと、
生夫と話しつつ帰ってきました。
生夫は、色白でつるつるぷくぷくしてるんですが、
温泉で美肌に磨きがかかったみたい。
ちょっとー、それ、私に分けて欲しいわー!!!

| | コメント (2)

2007年2月28日 (水)

伊香保温泉、再び

先週末に、私の友人がはるばる群馬まで遊びに来てくれました。
いろんなところに遊びに行ってきました!
調査済みのところでは、伊香保温泉!
日帰りで行ってきました。伊香保に日帰りで行けるなんて、幸せだなぁ~。

お昼に、水沢うどんを食べて、水沢観音をお参りして、
そして、伊香保温泉へ…。
一度行っているから、スムーズでした!
私の運転で、しかもノーマルタイヤなので、
雪があったら引き返すしかない!と思っていましたが、
雪…全く積もっていませんでした。
道の隅にもありませんでした。ホント暖かいんですね。
ちょっとだけ白いものが舞ったりはしたけど…。
あれが、風花なのかな~。

今回食べた水沢うどんは、「大澤屋」さん。
K070228
カゴに盛られているのが雰囲気いい~♪
大きな舞茸の天ぷらが二つもついて、お腹一杯でした。
大澤屋さんは、すごく大きなお店なのに、
お客さんが玄関で待っている!広い駐車場も満車に近い。すごいね。

水沢観音もにぎやかでした。
K0702281
この建物は、六角堂といいます。
中が回転するようになっていて、そこにお地蔵様がいます。
私達は、それを3回回転させるのです…。
ってわかりにくい説明だよね~。
詳しくは、HP↓で!
http://www.mizusawakannon.or.jp/home.htm

さあ、そして、伊香保温泉です!
前に行ったときに、伊香保温泉の源泉湧出口には行きました。
そのすぐ横に、湧き出たばかりの温泉に入れる、
伊香保温泉露天風呂があるんですが、
前回は泊まりだったので、旅館のお風呂でいっか、というのと、
混浴だったらちょっとな~と思って入りませんでした。
帰ってから調べてみたら、男女別のお風呂で、
茶色のお湯で…源泉かけ流しで…。

ああ~、入ればよかったぁぁぁ~(´□`)

と、すごくすごく後悔したので、今回はしっかり入ってきました!
K0702283
こんな感じ。大人は400円。
脱衣所は、屋根はついているけど窓は無いので、
外気温の中で、服を脱ぐ。寒い~~~~~(≧д≦)

もうすでに、何人もの女性が入っていましたが、
ここの温泉、

若い子率が高い!!!
私が若いかは別にして…。

皆さん、体が細い!!!
私が細いかは別にして…。

お湯は、ぬるめのお湯熱めのお湯がある。
最初は、慣らしでぬるめのお湯に入ります。
茶色に濁ったお湯は、においをかいでみると鉄臭い

外が寒いので、頭はひんやり、体はぽかぽか。
本当に気持ちがよかったです。
ぬるめのお湯に慣れてきたので、熱めのお湯に移動すると…。
これまた気持ちいい~!
キャッキャと話す若い娘を横に、私達も、アレコレ話す。

と!突然きました。

じんわり~。

体の中が熱くなったのがわかりました。
私、温泉やお風呂が大好きで、今までいろんな所に行ったけど、
この「じんわり体験」は、初めてかも。
鉄分の関係なのかなぁ~?

この温泉は、石鹸もない、本当に浸かるだけの温泉だけど、
相当いいです。
これからは、伊香保に来たら、ココ、欠かせないな!
いや、欠かしちゃダメだな!!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年12月11日 (月)

伊香保温泉

土日で、伊香保温泉に行ってきました。
桐子と生夫は、大抵いつもそうなんだけど、
お出掛けだから、朝早く出発!!!
ということは、ありません。
土曜日、雨だったってのもあるけど、
「まあ、昼くらいに出るか~。」
という意見で一致。それでも、二時間くらいで着いちゃった。
近い~!!!
0612112_1
伊香保温泉は石段が有名。
石段の上から撮影しました。いい雰囲気だったよ。
360段もあるんだって。石段の一番上には伊香保神社。
そして、脇をさらに登っていくと、
「源泉湧出口」が。
0612111_1
このドームを覗くと、源泉がこんこんと湧き出ている。
湧き出たばかりの温泉に入れる、露天風呂もありました。
が、ここでは、入らず。ちょっと残念。

それから、「伊香保温泉飲泉所」もありました。
源泉を飲める。なんか健康になれそうだよねぇ。
061211
この色を見てください!!!
どんな味がするんだろう…!
先に飲んだ生夫が、大きな声で叫びました。

「鉄だっ!!!」

続いて私も飲んで…。

「鉄だっ!!!」

ということで、鉄の味でした。
錆びた水道管の水の味がするとか、生夫は言ってた。
それよりはずいぶんありがたいものですけどね。
健康にいいかもとは思ったけど、一口しか飲めなかったなぁ。
がぶがぶは飲めない味でした。
温度は、源泉だし、隣に水も出てるから、
相当熱いのかと思いきや、ぬるかった。

この源泉までの道路の横に、小さい川みたいのがあり、
そこを流れているのも温泉なのか、湯気が出ていた。
石段の脇の辺りからも、湯気が昇っていて、
なんか、いかにも、温泉~で、雰囲気良かったよ!

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006年11月10日 (金)

水沼駅温泉センター

桐生市からみどり市を通って、栃木の足尾方面まで、
「わたらせ渓谷鐵道」という電車が走っています。
名前がステキですよねぇ。トロッコ列車も走るんですよ~。
普段は一両で走ってたりするので、かわいいです。
今回は、この電車を使わず、車で足尾まで行ってしまいました。
でも、いつか乗りたい電車です。
渓谷の美しい風景も見られるはず。

今回のドライブでも、何度か電車の姿を見かけました。
そのたびに、

「お、わてつだ、わてつだ!」

と、生夫が言う。
「わてつ」って何勝手に略しちゃってるの?
と思っていたら、HPに、そう書いてあるんだって。
そりゃー、失礼しました。
そのHPはコチラ→http://e-watarase.jp/

さて、今回の足尾方面のドライブの帰り、
この「わたらせ渓谷鐵道」の一つの駅に寄りました。
「水沼駅」です。
車で行ったのに、なぜここに…?

実は、この駅には、温泉があるんです。
建物の外はホーム、というか、
ホームに温泉施設がくっついているというか。
ちょっと見づらいですが、温泉の玄関出たところ。
061110
出た瞬間ホームで、線路が走ってます。
駅から電車が出発するのも、よーく見えましたよー。

んで、お風呂ですが、ちゃんと温泉なんです。
たくさんの人が入ってました。
一つ失敗したなーって思ったのが、
券を買って、すぐにあったのれんをくぐってお風呂に入ったんですが、
実は、長い廊下のその奥に、もう一つお風呂があったんです。
知ってれば、両方入ったのになー。
気づいたのが、もう一息ついちゃった後で…。
とりあえず、どんなお風呂かは覗いたけど、
露天風呂のみのなかなか雰囲気のあるお風呂でした。
あー、残念。

これからの季節、温泉最高!になりますね。
群馬県は温泉たくさんあるから、いろいろ行くぞー。

| | コメント (0) | トラックバック (2)