2012年8月 3日 (金)

猛暑の中、近代美術館

7月28日(土)、暑かった日。
前橋の最高気温、37.6度だったようです。
生夫が仕事でいなかったので、どこ行こうかなー。
山に行こうか…でも、暑いしなー。
ということで、涼しいであろう、美術館に行くことにしました。
夏休みだから、子ども向けのもやってるだろうし。

群馬の森の中にある、群馬県立近代美術館。
駐車場から建物に入るまででも、焦げそう!!!
と言いつつ、写真を撮る。
Cimg0530
「森のうさぎと見るアート」開催中。

中学生以下は無料。
大人は300円でした。
2階の展示室に入る前に…森を作るワークショップ。
Cimg0533
葉っぱや虫を作り、それをトイレットペーパーの芯につけます。
みんなの木の枝がつながって…。
Cimg0540
ステキな森ができました~。
Cimg0537
カブトムシとか、よくわからない虫?とか、
いろいろいて、見てると面白い。

展示の方は、茸夫はあんまりよくわからない感じだったけど、
魚の絵を見て、「さんま!」って言ったり、
薄いカーテンのようなものをめくって、どんどん進む部屋では、
怖くなって泣き出したり、その反応を見られて、
親の私が嬉しかった。茸夫はいい迷惑???

お昼は、美術館内のレストランで、
「古墳カレー」というものを食べました。
どんなもんだろうと思っていると…。
Cimg0541   
あー、そういうことっすか。

本来、全部古代米なので、全部黒いんですが、
お店の方が、茸夫のことを気にしてくれて、
半分普通の白米にしてくれました。
でも、結局「黒いご飯がいい!」と言って食べましたが。
普段だったら、食べなさそうだけど、
やはり、お出掛けは気分が変わるんだねー。

近代美術館には、ミュージアムショップがあり、
ここ、オシャレなものがたくさんあるんだよね~。
子どもたちが自由に絵本を読んでOKなコーナーもあって、
茸夫がもう少し大きくなったら、
また違う楽しみかたもできそうだ、と思った私でした。

群馬県立近代美術館HP

| | コメント (10)

2009年8月 6日 (木)

はにわー

群馬県立歴史博物館で開催中の
「国宝武人ハニワ、群馬へ帰る!
~これが最後、東と西の埴輪大集合~」

を見に行ってきました。
もー、タイトルが「行かなきゃ!」ってさせる感じ(笑)
0806
埴輪をこんなにたくさん見たのは初めてかも、
っていうくらい、いろんな埴輪がありましたよ~。
見るの疲れるくらい、埴輪だらけでした。
埴輪っていったら、西の方から始まったんだと思うけど、
群馬県は埴輪が出土している数が多いんだそうです。
しかも、国宝に指定されている唯一の埴輪が出土したのが
群馬県!!!群馬、すごい!!!

今回は、歴史博物館の展示室プラス、
お隣の近代美術館の展示室も使っての展示。
家の形をしたものや船の形の埴輪は、その大きさにびっくり。
関東地方の埴輪が展示されているコーナーでは、
ヨーロッパのサンタクロースの飾りみたいに見えるものとか、
能や狂言で出てきそうなものとか、
ラップを歌ってそうなポーズしてるのとか、
一つ一つ面白かったですよ~。
群馬の古墳から出た埴輪たちは、
やっぱり地名を知っているからか、身近に感じました。

近代美術館の展示室に展示されている埴輪は、
美術的な観点から見る埴輪たちでした。
埴輪としては唯一国宝の「挂甲武人」。
太田市の古墳から出土したそうですが、
いい顔だった~。優しくてちょっと微笑んでいるような…。
甲冑の細かいところも本当に丁寧に作られていました。
発掘しててこんなの出てきたら、大興奮ですよね~。
今回、初の里帰りだそうです。おかえり~!
他にも、「ニコー!」って何かのキャラクターみたいに
笑ってる埴輪もありました。
あ、それから、「群馬の馬揃え」ってコーナーがあって、
馬の埴輪が大きさ順に並んでいて、
これもかわいかったですよ~。馬具も細かくてね~。

当時の人たちの作り出す表情豊かな埴輪、すばらしかった!
見ごたえ有りです!!!
群馬県立歴史博物館HP

今日、太田市の新田小金井町辺りを通ったら、
発掘作業している現場がありました。
また、なんかすごいものが出土するかもしれませんね~!
群馬の歴史、岩宿遺跡もあるし、古い!

| | コメント (4)

2009年2月 6日 (金)

白衣観音の中に…

高崎の染料植物園で藍染をした後、みんなでお弁当を食べ、
その後、散策することに…。
先日の記事でbehindstoryさんがコメントくださったように、
福寿草も咲いていました~。
02024
黄色というより金色に近いねーってみんなで言ってました。
まだまだ、これからが見ごろだと思います。

染料植物園というだけあって、園内の木々には、
ネームプレートとともに、この植物で染めると、
どんな色になるのか、しかも媒染料を変えた場合の
色の違いも表示されています。
02055
面白いですよね~。全然違う色になるんですね。
そんな表示を見つつ、さらに歩いて、
つり橋を渡って…
白くて大きな、あの人を目指して歩いていきました。

白くて大きな…
そう、観音様です!!!
0205
高崎白衣観音
初めてしっかりお目にかかります~。
02051
この観音様は、なんと昭和11年に完成したんだそうです。
いろんな歴史を見ている観音様です。
高さは41.8m、重さは5,985t。
びっくりしたのは、この観音様の中に入れるということ!
胎内拝観は300円。入ってみました。
中は階段で、9階になっています。
02052
ちょっとどきどきします。
各階あわせて20体の仏像が安置されています。
それから、上の観音様の写真を見てもらうと、
肩とかお腹の辺りに穴があいてるけど、
あそこが窓になっている!!!
02053_2 
榛名山がきれいに見えました。
東京方面と書かれた窓からは、なんか高いビルが。
埼玉のあたりじゃないか?ということでした。
それにしても、観音様の中に入れるとは
思ってもみなかったので、驚きました。
下のお寺にお参りに来ている人も多かったです。

そして、帰りにおしるこを食べて~♪
02054
解散!となりました。

| | コメント (10)

2009年2月 3日 (火)

藍染体験

2月1日(日)に、ネイチャーゲームの仲間と、
高崎の染料植物園に、藍染体験に行ってきました。
二時間くらいの体験コース(1000円)です。

まずは藍染の説明。
藍は生の葉っぱをすりつぶして染める方法もあるけど、
今の季節は生葉はないので、葉を醗酵させて、
「蒅(すくも)」というものをカメに仕込んで、
温度調整、ph調整(灰汁を与える)、栄養を与え、
半月から一ヶ月、さらに醗酵させたもの(液体)で染色。
昔の人ってこういうことを発見したんだよねぇ。
ほんとすごいなぁ。

私たちは、バンダナを染めました。
真っ白の綿のバンダナに、絞りをします。
今回は輪ゴムでギューギュー縛ります。
02021
私の作品↑はどうなるでしょうか~?
絞ってると、どんどん正方形じゃなくなるので、
バランスがよくわからんくなるのです。

絞り終わったら、いよいよ染めます。
まずは、水にしっかり浸します。
そしていよいよ、藍染めです。
02026
今回、みんなで一斉に染めたので、
染めてるところの写真はありません~~~。
02025
これが、藍のカメ。
温度は20度くらいに保たれています。
醗酵しているので、微妙な臭いがします…。
この中で、布をさばきながら染めるんですが、
ゴム手袋をしながらなので、感覚がいまいちわからん。
もし、手を離してしまったら、布が沈んでしまう!
「怖いねぇ~!」と言いながら染めましたよ。

今回は、まず3分間このカメの中で染色。
その後、水に入れる。
水の中の酸素と結びつけて、酸化させる意味があるそうです。
最初は緑の変な(?)色だったのが、水につけているうちに、
きれいな青色に変わってきました。

続いて、また3分間染め→酸化。

ここで、水色に染めたいところの輪ゴムをはずします。
そして、最後の染めは1分間。
残った輪ゴムを全部はずして、水で洗います。

洗濯機で脱水して、干しましょう~!
02023
みんなの力作。きれいに藍と水色と白が出ました。
私のは、こんな感じになったよ~↓
02022
仲間の作った、クマさん↓かわいい!
0202
真っ白だったバンダナに、いろんな模様が、
こんな風にできちゃうなんて、面白い!
染料植物園では、その他いろんな染色教室が開かれています。
Tシャツの草木染なんかも面白そうです~!
高崎市染料植物園HP

| | コメント (10)

2008年2月 6日 (水)

日本画で国語・算数・理科・社会

高崎に行った話が、もう一つ。

高崎タワー美術館で開催中の、
「日本画で国語・算数・理科・社会」
という、面白いタイトルの企画展を見てきました。

高崎タワー美術館は、日本画を中心とした美術館。
名前の通り、ビルの4階に入り口があります。

美術なのに、なぜ、どこが、国語・算数・理科・社会???
と思いますよね。

国語は、日本画の題名やことばの不思議に迫ります。

算数は、描かれているものを数えたり、絵の形について考える。

理科は、作品を図鑑代わりに、花や動物を観察。

社会は、描かれた風景や建物などで、日本や世界を旅します。

いろんな角度から見られてよかったです。
画家の名前とか、難しいことは知らなくても、
絵を見る楽しみを教えてくれる、そんな感じでした。

でも、画家の名前を見てみると、有名どころがずらっと。
私は、タワー美術館のパンフレットの表紙になっている、
菱田春草の絵がとってもよかったです。
渋い色だけど、きれいだった。
お雛様や、桜、梅などの花もあり、
これからやってくる春が楽しみになってきました。

この展示会、人気投票をやっていて、
展示を見終わると、最後に全作品の名前が書かれた紙が、
ホワイトボードみたいのに貼ってあって、
自分の気に入った作品のところに、
シールを貼るということになっていました。
どこかの会社の営業成績表みたいになってましたが、
皆さんが、どの絵が気になったのかってのを
教えてもらったみたいで、これも面白かったです。
私が行ったときは、中島千波の夢殿の枝垂桜がダントツで、
他には東山魁夷がシールが多かったかな。
会期が終わる頃にはどうなっているかなぁ。気になる。

「日本画で国語・算数・理科・社会」は、
高崎タワー美術館で、3月16日(日)まで。
観覧料 一般200円、大高生160円、小中生100円。
私が行ったときも、お子さんが楽しそうに見てましたよ~♪

| | コメント (2)

2008年2月 5日 (火)

高崎で群馬発見

群馬展のため高崎に行って、
美術館に寄ったり、他の買い物したりと、
うろうろしてきました。

高崎と言えば、だるまが有名ですが、
駅前に、だるまさんがいました。
K080205
りりしいお顔ですが、
これ…
これって、夜の工事現場で光ってる、
ぼんぼりみたいなライトじゃない???
全体像はコチラ↓
K0802051
あ~、夜のあなたを見てみたいッ。
光ってるんだろーねー。

群馬といえば!!!
かかあ天下が全国にその名をとどろかせていますが、
某ハンバーガーショップにも、かかあ天下が。
K0802052
私は、ここのハンバーガーショップの、
ベーコンオムレツバーガーが好きです…
って言えば、わかるかなぁ?
あのショップ、こういうこと、しそうにないイメージだけど、
楽しくて、こういうの好き~!
でも、これだけの量、食べる自信はありません…。
このショップの一番大きいハンバーガーよりも、
ハンバーグが一枚多いみたい。
この、絵が最高にうまい。
フランチャイズだと、なかなか特色って出しにくいと思うけど、
こういう地域限定みたいのを各ショップでやったら、
旅行に行ったときにもおもしろいよね~。
ここは何かな?って。
これ、挑戦した人、いるのかな。
いるよね、「メガ」流行りだから。

群馬発見でした。

| | コメント (2)

2008年2月 4日 (月)

群馬展

土曜日に、高崎高島屋で行われている、
「群馬展」に行ってきました~!
またまた群馬の物産展です。
物産展ラッシュって感じですよね~。
前橋までは車で行くんですが、
高崎駅周辺に行くときは、電車です。

今回は、事前に群馬展に詳しいさとたけさんに、
おススメ情報を教えてもらっていたので、
迷うことなく、一直線で目的のお店へッ!!!

「これください!!!」

って、お金を払って商品を買ってから、

「試食もどうぞ…。」

って、後で試食したりして(笑)
とにかくすごい勢いだったわけ~。

牛や清のすき焼き丼
K0802043
電車だったので、一個だけ買いました。
生夫と半分こしたのですが、
この、手前の、肉厚のしいたけを食べられたー!
半分残してくれればいいのにーーー!
お肉やこんにゃくに、味がしっかりしみている。

Lianの苺タルト
K0802044
苺タルトは、1500円くらいしちゃうかなぁ、
でも、おススメだし食べたいし、買おう!!!
と心に決めていました。
でも、行ってみたら、「550円」
そんなに大きくはないけど、お値段もうれしい。
電車だけど、頑張って持って帰ってきました。

それから、今、世界遺産を目指している富岡製糸場
すぐ近くにある、信州屋の和風絹しゅうまいも買いました。

今回は抽選会には参加できなかったけど、
群馬の観光パンフレットや、
今度行われる、焼きまんじゅうサミットのチラシをもらって、
帰ってきました。マイバッグがいっぱいになったよ~。

群馬展は、明日、2月5日(火)まで、
高崎高島屋で開催。
明日は最終日なので、午後4時までとなります。

| | コメント (2)

2007年10月13日 (土)

アニマルズ+(プラス)

高崎に行って、哲学堂の「ウェグナーに座ろう」の後、
高崎市美術館に行きました。
哲学堂のすぐ隣なんだよね~。

こちらも、ずっと前からチラシを手にして、
これは絶対見に行きたい!と思っていました。

三沢厚彦「アニマルズ+(プラス)」
高崎市美術館HP

美術館の横を通ると、窓越しに、すでに作品が見える!
大きなペガサスのお尻!キリンもいるぞ!!!
ここからワクワク感が高まります。

チケットを買って中へ。
一階は、ゾウ、キリン、ペガサス、と大物ぞろい。
うわーと圧倒されながら、展示リストを見ると、
ん?①は小さいぞ。
しかも、部屋の隅にあるみたい…。
えー?なんだー?と思ってよくよく見ると、
壁の上のほうに小さなヤモリがくっついていました!!!
見逃すところだった!!!アブナイアブナイ。

「アニマルズ+」というタイトルどおり、
いろーーーんな動物がいました。
どれも、真剣な顔をしているんだけど、
でも、ちょっと愛嬌がある感じで楽しかったです。
彫る前に、それぞれの動物の絵をまず描くんだそうです。
体のラインを知るために描くんだそうです。
そのドローイングも展示されていたけど、
これもすごく印象的でした。

あ!それから!
この展示会に行く時は、カメラを持っていったほうがいいです。
美術館は、大抵、カメラ禁止ですが、
今回の「アニマルズ+」、受付の横に立っているシロクマくんは、
撮影OKなんです~~~!!!
K071013
携帯の待ち受け、このシロクマのアップにしました♪

三沢厚彦「アニマルズ+」
10月28日(日)まで
観覧料 一般:500円、大高生:300円、中小生:200円

小さな子と行くと楽しそうだな~!

| | コメント (4)

2007年10月10日 (水)

ウェグナーに座ろう

今日は、昼過ぎに思い立って、
電車で高崎に行ってきました。

高崎哲学堂で行われている、
「ウェグナーに座ろう」に行ってきました。
ウェグナーに座ろうHP

デンマークの家具デザイナー、ウェグナーの椅子に、
実際に座ることができるというのです。

K071010
哲学堂は、群馬音楽センターを設計した、
アントニン・レーモンドが設計したそうで、ステキでした。
その建物の中に、ウェグナーの椅子がたくさん置かれています。
自由に座っていいし、うたた寝もOKなんだって!
いろいろ座らせてもらいましたが、どれも座り心地が最高。
確かに、昼寝したくなるわ~って感じでした。
体のことを考えてデザインされているんですよね。
座ると、包み込まれるんです。

どのデザインも、曲線が優しい感じでした。
そして、びっくりしたのは、
和室にもなんだかしっくりくるということ。
畳の部屋に合うんです~。
値段のことは置いといて、「一脚、欲しい~!」と思いました。

この椅子たちは、全部かわからないけど、
個人所有のものもあるそうで、
なんと、北海道や、福島、静岡から借りてきたんだそう。
貸してくださるご主人様に感謝。

見てるだけじゃわからない、心地の良さ。
不思議な体験でした。
10月28日(日)までやってますよ~。

| | コメント (4)

2007年5月23日 (水)

生ゆうまちゃんに会った!

高崎市にある、観音山ファミリーパーク
ここは、県立の公園なんだけど、
管理はNPO法人がやっていて、
市民の人たちが、積極的に公園作りに参加しているんだそうです。

知り合いが、この公園作りに関わっていて、
「今度イベントがあるので、司会をやってくれないかなぁ。」
と、頼まれたので、行ってきやした~。

5月19日、20日と行われた、「県民参加フェスタ」ってイベント。
私は、20日だけ参加しました。
天気はとても良かったんだけど、風が強い。さすが群馬。
本当なら、熱気球が飛ぶ予定だったんだけど、
風が強かったので、気球の姿は現れませんでした。
飛ばなくてもいいから、形だけでも見たかったんだけど。
熱気球は、気候に左右されるんだそうです。残念。

ステージは、フォークソングあり、和太鼓あり、
歌手、聖ちゃんのライブあり、抽選会あり…。
盛りだくさんでした。

広い園内、他にもいろいろ面白そうなことがあったけど、
司会なので、あんまり遠くにも行けず、
見に行けなかったのが残念でした~。

でも!!!
これだけは絶対!!!と思っていた、
「生ゆうまちゃんと2ショット」の夢(大げさ?)は叶えましたよ~!!!
暑い日だったので、ゆうまちゃん(の中の人)は大変だっただろうなぁ。

ゆうまちゃんと、リボンの女の子はなんて名前なのかなぁ?
K070523 K0705231

さすが、子どもたちに大人気で、いつもみんなに囲まれていた!

そして、ゆうまちゃんジャンパーを着たおじさんも。
K0705232
こんなに愛される県のマスコットって、
なかなかいないんじゃないかな~?
これだけの人気者だから、
北京の遊園地にも、いたかもしれないよ~(笑)

広くて、気持ちのいい公園で、楽しい一日を過ごしました~。
K0705233

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧