2010年4月 2日 (金)

お宮参りと双葉寿司

6ヶ月を過ぎた茸夫ですが、お宮参りがまだやってなくて。
お宮参りは、生夫の両親としたかったんで待ってました。
なんと言っても遠い。簡単には来られないのに加え、
生夫は、3人兄弟なんだけど、平成21年に、
3人ともそれぞれ子どもに恵まれて、お義母さん大忙し!
そんなわけで、我が家のお宮参りは今になってしまいました。
島根から11時間かけて、車で来てくれた。ありがとうー。

お宮参りは、桐生天満宮へ行きました。
この日は赤ちゃんいっぱいでした!!!
みんな1ヶ月くらいなので、小さくてかわいい~。
白くてひらひらした服を着ています。
茸夫はさすがにもう白くてひらひらしたのは似合わないので、
スーツ型のロンパースにしました。
蝶ネクタイでビシッと決めましたよ♪かわいかった。
6ヶ月のお宮参りも面白かったですよ。
神主さんがお祓いの時に振るもの、
大幣(おおぬさ)というらしいですが、それがパサーパサーと、
左右に揺れると、茸夫の首も左へー右へー。
鈴がシャンシャンと左右に揺れると、また左へー、右へー。
大きくなってからのお宮参りもいいもんだと思いました。

で、その後は、遠くからはるばる来てくれたので、
おいしいものを…と、友達に聞いて予約した双葉寿司へ。
初代が双葉山の大ファンでこの名前になったそう。
いろいろ出てきましたが、ほんの一部。
03281
サラダ。きれい。赤いドレッシングはイチゴの香りがした。
03282
お寿司は桶に入って出てくるもんだと思っていたら、
MINTONのお皿に乗って出てきた!
華やかです。

で、お寿司の説明をしていただいてると…
「白魚のお寿司は、島根県の白魚です。」

「え?島根???」

「はい、島根の宍道湖の白魚です。」

「今日、島根から来てもらってるんです~!!!」

という話しになり…。

「群馬で島根の白魚に出会うとはねぇ…。」

と、みんなで感激しました。
宍道湖の白魚は日本一おいしいそうです♪
大きいんですよね。トロッとしてました。
03283
おいしいあなたに出会えてよかった。

遠くからはるばる来てくれた
お義父さんとお義母さんをご招待したつもりが…

結局ご馳走になってしまいましたーーーーーー!
ありがとうーーーーーーーーー!!!!!

| | コメント (6)

2010年1月27日 (水)

しい散歩…桐生の裏通りの眼鏡店へ

しい散歩です。

今回は、ブログもリンクさせてもらってます、
桐生の裏通りの眼鏡店、眼鏡のSATOさんに
茸夫と一緒に行って来ました。
茸夫は、SATOさんの顔を見てニコニコ。
SATOさんもお子さんがいるから、さすがです。
SATOさんのお父さんがコーヒーを入れてくださり、
茸夫が喜ぶだろうと、天井についているファンっていうの?
羽根がぐるぐる回るのを回してくれました。
茸夫、釘付け(笑)

SATOさんのお店は、毎回行くたびに、
「わー。この眼鏡いいねー!!!」
って眼鏡が入荷されているんだよねぇ。
01261
色とか、細かいところのこだわりとか、
そーいう国産のオシャレな眼鏡がたくさん。
ちょっと個性的なものもある。
でも、かけてみると、案外なじんだりして。
面白いですよねー。

今回、眼鏡のツル(テンプルというそうです)が、
ぐらんぐらんに緩くなっちゃった眼鏡があり、
メンテナンスをお願いしました。
それから!SATOさんのブログを見ていて
「欲しいなぁ。」と思った眼鏡があったんで、それを。
01263
これです。
01262
ちっちゃい眼鏡~。
眼鏡のストラップなんです。
色もさまざま。よーくみると、形も違う!
0126
私はこの二つを選んだよ。
上の緑の眼鏡は、いつも茸夫のために、
ぬいぐるみを送ってくれる弟に。
こんなような眼鏡をかけているから、プレゼント。
いろんな眼鏡があって、選ぶの楽しいです。

今回も、いろいろお話しさせてもらって帰ってきました。
茸夫は、途中で寝ちゃいました。
おしゃべりな母ちゃんだなぁ…と思いながら寝てただろうね。
個人のお店ってちょっとドキドキするけど、
気軽に、SATOさんに会いにって感じで、
ぜひぜひ行ってみてください~。

| | コメント (6)

2009年8月28日 (金)

京甘味「祇園」

現在妊婦の私ですが…
友達が4ヶ月前に出産。
あと、4回限定の料理教室で一緒だった子も妊娠。
母親学級でバッタリ会って、「あれー!!!」
予定日10日違いでした。
というわけで、いろいろ教えてもらったり、
情報交換をしたり、家に遊びに行き来したりと、
ワイワイやっています。

先日、予定日10日違いの子が、
「赤ちゃんが産まれたら行けないお店なので」
と、誘ってくれたのが、京甘味「祇園」
中学生以下のお子様はご遠慮願いますってお店。
行って参りました。
08281
突然現れれるこんな雰囲気。
ここは本当に桐生ですか???
08282
のれんをくぐって店内へ…。
お店の中には、竹林に銀閣寺の向月台っていうのかな、
砂山みたいの。あんな感じのものが作られています。
とても上品な雰囲気です。
そこで、お腹の大きな妊婦2人で…

抹茶パフェを食べてしまいましたぁぁぁ。

じゃん。
0828
850円。

抹茶アイスが濃厚でした。
白玉がモチモチ、5個くらい入っていて、
下のほうには、抹茶カステラ?パウンドケーキ?に、
抹茶のゼリーが入っています。
おいしかった…。

二年前に生夫とこのお店にカキ氷を食べに来て、
それも記事にしたはずだけど…
今探したけど見当たらず…。書いてなかったかな~?
カキ氷も、まず見た目から美しくて~。
きな粉味とかあるんですよ~。
この日も、食べている人たちがいました。
他にもクリームあんみつとか、お抹茶のセットとか、
食べてみたいものいろいろ…。

ゆったりした時間が過ごせますよ~。
桐生の京都へ是非どうぞ。
京甘味「祇園」
<住所>桐生市新宿3-13-15
<電話>0277-43-2266

| | コメント (4)

2009年8月21日 (金)

激励会?!

毎週洋裁を習いに行っていましたが、
臨月になったので、お盆前で一段落となりました。
私は木曜日の午後にお邪魔してたんだけど、
先生を紹介してくれた友達と、その友達の友達と、
3人でお邪魔していました。
友達といってもお子さんは大学生とか、
先生も娘さんがこの前結婚されたとか、
主婦&子育ての大・大先輩達なので、
洋裁以外にもいろいろ教えてもらいました~!
しばらく行けないのが寂しい~!!!
(しばらくっていうのが一体どのくらいかもわからんし)

で、私がお休みになるので、
「激励会」という名称でランチに行ってきました。
ごちそうになってしまいました~~~ありがとうございます!
太田駅近くの「和菜 川畑」というとってもステキなお店。
場所は知らないとちょっとわかりづらい。
和食で、つき出しから始まり、少しずつ盛られた料理が
どれも丁寧に作られているランチでした。
今回はおしゃべりメインだったので、写真は数枚だけ…。
08211_2
籠みたいのに入ってきて…もう、それだけでワクワクです。
この籠の出てくる前に突き出しと、
もう一品すでに食べています。
08212
ほおずきが添えられて。どれから食べようか迷う…。
いろんな種類の料理が楽しめるので、大満足。
更に、デザートにも大満足です。
0821
グレープフルーツと葡萄のゼリー
スイカのシャーベット
抹茶生キャラメル
ココナッツケーキ
ラムレーズンシュークリーム
フルーツ

今回は個室で4人でワイワイといただきました。
「そろそろ行こうか。」と1人が言ったときに、
「えぇ~、もう行くの~?」と友達が言ったのが
なんかとってもかわいかった(笑)
でも、ゆっくり楽しみたい空間って感じなので、
その発言もわかる!!!
そんなわけで、お店は満席だったと思います。
予約は必須!でしょうね~~~。
あー、またいつか行きたいな!!!

一年以上教えてもらった洋裁。毎回楽しかった。
これからは時間を見つけて作っていきたい!
ってことで、家で私のTシャツをジョキジョキ切って、
モンキーパンツを作ってみました。
08213_2
アイロンを上手に使うってことを学びました。
完成度が違うんだよねぇ。

今回のお店↓
和菜 川畑
太田市飯田町977
0276-46-4561

| | コメント (6)

2009年8月 1日 (土)

タイ料理ThaiThai

暑い日が多くなってきましたねぇ~。
群馬県、全国一の最高気温を出すこともあって、
毎日のニュースが楽しみです…。
ここ数日は涼しいけど!

暑い季節においしいのが辛い料理!ですよね~。
ちょっと前になりますが、桐生郵便局すぐ近くの、
タイ料理のThaiThai(タイタイ)に行ってきました。
こちらは、3月にオープンしたばかりです。
笑顔のステキなタイ人のマスターなんだ~。
さすが微笑みの国の人~。

ランチがA~Fまであるんです。6種類。
タイ風の焼きそばチャーハン、カレーなど。
サラダに、ミニスープ、ドリンクがついています。
焼そば、チャーハンは辛くないメニュー。
生夫は、辛いのが得意ではないんですよね~。
見た目、辛いラーメンとかモリモリ食べてそうなのに、
辛いものもラーメンもあんまり得意じゃない…。
結婚してからその意外さに驚いた~。
と、そんな話はどうでもいいとして…、
なので、生夫は辛くないチャーハンを。
0731
お米が細長いです~。
私は、ちょっとは辛くても大丈夫なので、
ガパオガイランチってのを。
07311
鶏ひき肉と野菜が炒めてあるもの。
目玉焼きがかわいく乗っかっています。
これが…。
実は以前にもこのお店に行ったことがあり、
その時コレを食べた子が
「ピリ辛って感じ。」と言っていたんだけど、
なんか、私にとっては結構な辛さでした~。
でも、なんか、やめられないおいしさ!
ミニスープは、酸っぱくて辛いトムヤムクン。
あの色ってなんか元気出てくる感じですよね。

他にも、グリーンカレーとレッドカレーのセットとか、
他のランチも食べてみたい~。
夜は単品料理もいろいろあるようだから、
そっちも食べてみたい~。
ああ、食べたいものばかりだ…。
07312
水の器もすてき。

場所は桐生郵便局裏と言えばいいかな。
郵便局をぐるりと一回りすれば、わかるはず…。
こんな説明って…(汗)

| | コメント (8)

2009年7月20日 (月)

ココ・ファーム・ワイナリー

3連休だったので、いろいろと行きたいところに
行ってきました~。

土曜日、足利市にある「ココ・ファーム・ワイナリー」に。
ココ・ファーム・ワイナリーHP
年に一度収穫祭ってのがあってすごい人出だよという話は、
いろんな人に聞いていて、収穫祭は無理でも、
レストランもあるようだし、一度行ってみたいと思っていました。
でも、生夫も私もお酒を飲む人なので、普段だと、
どちらかが我慢しなければならない…。
「いいよ、私が飲まないから…」って言っても、
なんか、そんな中1人だけ飲むのって飲みづらいよね~。
視線が痛いっていうか…。
ということで、結局一度も行っていませんでした。
が、今は「もれなく私が運転手になれる」ということで、
それを誘い文句に生夫と行ってきました!

途中、結構道が細いんですね~。
そこを走って突き当たったところにありました。
ここの原点は、1950年代に特殊学級の中学生たちによって
開墾された葡萄畑です。HPに詳しく書かれています。
少し前に、報道ステーションでも特集されていました。
すごい斜面に葡萄が植えられているので、
トラクターなどは使えません。
人の足で上り下りしているそうなんですが、
実際斜面を見ると、すごく大変だろうなーと思いますよ。
07203
もう、袋が被せてありました。
あの上の方まで行くの、どのくらいかかるんだろう。
そのお陰でおいしいワインがいただけるんですね~。

今回は、カフェでランチをしました。
07202
デッキプレート 1000円
野菜が楽しめるって感じ。

現在、「スパークリング・フェスタ」開催中とのことで、
生夫はスパークリングワイン「ぐらんのぼ」を。
私は、ノンアルコールのスパークリング・ロゼを。
0720
右が「ぐらんのぼ」 1000円
左が「スパークリング・ロゼ」 200円
色がきれい。
でも、このお値段の違い!
生夫、ちゃんと味わって飲んだかなぁ…???

昼からワインを飲む生夫を激写していたら、
お店のスタッフが、「お撮りしますよ。」と言ってくれて、
葡萄畑を背景に、2ショット写真を撮ってくれました。
よい記念写真になってうれしかったです。
暑かったけど、デッキでのランチは、
夏の一つの楽しみという感じがしたよー。
お客さんも多かった!

今度はいつ行けるかなぁ…。いつかはわからないけど、
今度は生夫に運転手になってもらって行こうっと。

| | コメント (8)

2009年6月20日 (土)

のこぎり屋根のお菓子屋さん

のこぎり屋根の活用が広がる桐生に、
またまたのこぎり屋根のお店が誕生しました。

菓子匠青柳の東店が、すぐ近くののこぎり屋根に
引越しをしました。
その名も「のこぎり屋根店」。
06142
先日、こちらで工場祭りみたいのがあって、
覗きに行ってきました~。
店舗の隣は、のこぎり屋根の倉庫みたいになっていて、
祭りの日は、こちらで、どら焼きやあんみつ、
焼きたてカステラなどが安く販売されてました。
06141_2
にぎわってました。
電気もついてるけど、のこぎり屋根の光もいい感じ。
本当だったらバクバク食べたいところですが、
妊婦なので我慢…。生夫も一緒に我慢…。

でも、隣の店舗で、前にいただいておいしかった、
「桑の葉まんじゅう」を買いました。
桐生市の梅田にあるぐんま製茶さんの作っている、
桑の葉茶が皮に練りこんであるんですよ~。
深い緑色なんですが、写真撮るの忘れちゃいました…。
0614_3
店内はこんな感じ。こちらももちろんのこぎり。
どら焼きは「のこどら」という名前で販売されていて、
焼いてるところを見学できます。

のこぎり屋根のお店が増えてます!
青柳ののこぎり屋根についてのニュース

| | コメント (6)

2009年6月18日 (木)

異国調菜「芭蕉」

桐生の糸屋通りにある、「芭蕉」に行ってきました。
0618
小池魚心という人が、昭和12年に東京日本橋にあった
「芭蕉」を移転し、それ以来小池魚心の精神と創作により、
何回もその姿を変え、現在に至っている…(パンフレットより)。
自分の「美しいもの」を追求されたお店。

ガイドブックにも載っているので、引っ越してすぐ行きました。
迷路みたいなつくりの建物にビックリしたんですよね~。
馬小屋カリーとか、インドカリーが有名なのかな~。
注文する時、それぞれの席にある鳴りもの…
たとえば、鐘とか、鈴とか、そういうものを鳴らすんですよ~。
コレで聞こえるのか?と思うんだけど、ちゃんと来てくれます。
06184
奥にもたくさん部屋があって…
ここは「お見合いが絶対成功する部屋」だそうです。
(お店の人談)
あと、ちょうな削りという技術がテーブルとか柱とか、
いろんなところに見られて、
それも今ではなかなか出来ない技術らしいです。
木工作家の方が、このお店に来てびっくりしていました。
そこかしこに、こだわりと美が隠されているお店です。

去年秋、一つの大きな話題がありました。

昭和28年5月11日に、あの棟方志功が桐生にやってきて、
「芭蕉」の漆喰の壁に、彩色の伝馬と天女の絵を描きました。
が!小池魚心が、お店の雰囲気に合わないと、
なんと、半日もしないうちに棟方志功の絵の上から、
また漆喰を塗ってしまったそうなんです…。
当時の棟方志功って言ったら、相当な巨匠だったようで…
でも、それも関係ない、
自分の「美」を曲げない人だったんでしょう。
そういうのも、桐生らしい感じがするストーリーだと思うな~。

その幻の壁画が、去年の秋に発掘されました!!!
全国紙にも載って、私の母からも電話がかかってきたよ(笑)
06181
06182_2
クリックすると大きくなります。

大迫力!!!

下の絵を傷つけず、漆喰を剥がす作業も大変だったそうで、
その時の写真など見せてもらいました。
この日も市内をガイドする仕事をしている人が、
旅行者を連れて来ていました。新名所ですね。

志功の絵を見ながら、ランチを食べました♪
なんという贅沢!
06183
芭蕉関連の記事
http://www.kiryu-walker.net/contents/bashou.html
http://www.kiryutimes.co.jp/news/1031/0810314.html

| | コメント (4)

2009年5月26日 (火)

蕎麦 和太奈部

23、24日の土日で、旅行に行ってきました。
ちょこちょこUPしていこうと思います。

今回はあんまり無理せず、のんびりした計画を立てました。
その結果、うちを出たのが、午前11時…。
本当は10時に出る予定でしたが、案の定私の準備が遅くて。
で、まずはお昼ご飯ということで、
川場村の蕎麦の和太奈部さんへ。

東京から川場村に引っ越してきたご夫婦がやってるお店だそう。
だからかなぁ?調べて行かなくちゃ、なかなかわからない、
えー?本当にこんなところにあるのぉ?って場所なのに、
東京方面のナンバーの車が結構停まっていた!
05251
お蕎麦屋さんだけど、こんな看板があって、
ナチュラル系な感じでかわいい。
お店の入り口はコチラ↓
05252
店内も、フェアトレードの商品や、
手作りだと思われる陶器などもならんでました。

で、お蕎麦。私は、とろろのつゆの蕎麦(名前を忘れた)。
とろろの中に少し豆腐が入っています。
05253
生夫はそば三昧というセットを。
つゆが、ゴマだれ、大根おろし、とろろの3つついてきます。
こちらは蕎麦は多めって書いてありましたが、
どちらも、お上品な感じの量でした。
大食い夫婦は顔をちょっと見合わせてしまいました(笑)
でも、丁寧に作られているという感じがしましたよ。

あ、それから、これこれ。
この時期限定の、コシアブラの卵焼き。
05254_2
コシアブラっておいしいですよねぇ。
天ぷらくらいしか思いつかなかったけど、
この前、チャーハンにいれてもいいって教えてもらって。
卵焼きもいけるので、今度JAで買ってきて作ってみよ。
こんなふわふわには出来ないでしょうけどねぇ~。

ワンちゃん連れの場合のテラスもありました。
川がすぐ隣に流れているので、その音を聞きながら、
緑に囲まれて食べるお蕎麦、おいしかったです。
水がきれいですからねぇ。
蕎麦 和太奈部HP

| | コメント (6)

2009年5月20日 (水)

天然雑貨店ヒノデカニ商店

友達と、二日目はどこに行く~???
とネットであれこれ探しまくり、
太田にある、「天然雑貨店ヒノデカニ商店」に行くことに。
一度行ってみたかったんです。
「びっきっぱ」のえるさんも前、ブログに書いてましたよね~。
えるさんの日記(えるさん、リンクさせてもらいました!)
なにか素敵なものに出会える気がする!

0520
場所はなかなかわかりづらそうなところだったけど、
迷わず到着♪
黒板に本日のメッセージが書いてあるのがいい♪
05201
お店はそんなに広くないけど、昔ながらのいい物がいっぱい。
懐かしい~って感じの物も。
それから「まずはお箸から」のkatokyoさんがよく紹介されてる、
松山油脂の製品がいーーーっぱいありました。
ネットじゃなくて、現物が見られるってうれしい。
柚子の浸透水を買う。

お店の方もとっても自然に話してくださって、
愛知から来たんだーとかしゃべりまくる私達(笑)

カフェも同じ店内にあります。私はミルクを注文。
ミルクも、熱さを選べるんですよ~。
ぬるめとか、熱々とか(笑)
05202_2
こうやって出てきて、かわいかったので、
売っていた、木のお皿を私も友達も買う。
うちで、こんな風にしてみました↓
05204

あと、なつかしの「亀の子束子」を買いました。
昔、私の祖父が雑貨屋をやってたんです。
それこそ、バケツから、鳥の餌、ノート、お茶碗、刺繍糸…。
何でも屋さんみたいな雑貨屋さん。
そのお店で、このたわしがブラブラと下げられて売ってた。
もう、おじいちゃんはいないけど…懐かしい。
05205
愛知から来た友達は、
「地元にこんな素敵なお店があったら、毎週来ちゃう!」
と言ってました。私は近いから、また行こうっと♪♪♪

天然雑貨ヒノデカニ商店HP

| | コメント (8)

より以前の記事一覧